日本の現状

ワクチン製造会社は儲かってしょうがないでしょうね。今の日本は、政治家が無能なために省益命の官僚が支配しているのが現状です。国益など頭にも無い日本の政治家は、外国に気を使うばかりで、自国生産のワクチン開発も及び腰。NHKを筆頭としたマスゴミ上層部は、反日の在日帰化人で占められて、日本人の為の報道など考えてもいない。

政府が本当に日本人のためを思うなら、台湾のように、まず外国からの入国を完全にシャットアウトすれば良いのです。でも、大企業は、安い労働力確保のために外国人の流入を続ける政府与党に袖の下献金を。その挙句、日本の労働者の雇用が守れず自殺者が増えるという最悪の状態。

指定感染症2類扱いの武漢コロナを5類に下げて医療関係者の負担を軽減し、米のように200兆円規模の財政出動して、即刻、消費税をゼロにすれば、一年待たないうちにGDP2%成長どころか、完全に日本経済V字復活の道が開けるのに、日本経済を支配してる財務省は絶対にしない。日本の子供達の未来を本当に憂いています。

4月下旬には超法規的措置として、医師法第17条違反とも言われている「歯科医師のワクチン接種」を行うと発表しました。今現在ワクチン確保はほぼ出来たので、後はワクチンの打ち手を確保する事。そこで、ワクチン接種現場への派遣を渋っていた医師会や看護師協会に釘を刺したと考えて良いでしょうね。

接種手当は結構高額なので、本当は仕事が欲しいのですが、条件交渉で粘っていた処を「梯子を外された」という感じですね。アメリカでは特例として、薬剤師にも接種を許可しているほど筋肉注射って簡単らしいですから【笑】 あの何とかいう医師会会長も、自見議員の後援会会長だからと、コロナ禍の折りに資金パーティに出席して大バッシングを受けたようですから、意味不明な上から目線も少しは収まるかも。

歴史の真実

昨年の12月議会で、「はだしのゲン」について一般質問しましたが、全体時間が無くて、質問に組み込めなかった「子供の教育」の再質問原稿です。ここに掲載します。

約6年半、日本占領軍(GHQ)の総指揮をとったマッカーサーは戦後、アメリカ議会で「日本の戦争は自衛のための戦いだった」と明確に証言しています。

世界中から非難を浴びた真珠湾攻撃でも、アメリカは無線傍受で、日本軍の動きを最初から把握しており、12月8日当日の湾内には中古の軍艦だけ残し、全ての新型軍艦・空母をハワイ沖に避難させていました。しかもルーズベルトは、ハワイの住民や軍人には、日本の奇襲攻撃を全く知らせず、ハワイの国民を見殺しにしたのです。

これは、アメリカで公開された公文書から既に明らかになっています。

また、資源の無い日本は、開戦前1937年にABCD(米・英・中・蘭)包囲網で、石油を含む主要な輸入品を止められ、経済制裁を受けていましたが、それでも日本は、話し合いで解決の道を探ろうと努力していました。

「ハルノート」をご存知だと思いますが、何とか戦争を回避しようと努力を続けていた日本に対するアメリカの最後通牒でした。(私的要約:満州・台湾・朝鮮半島等、利権を含めて全て手放し、日本列島に閉じこもれ。欧米への抵抗は絶対に許さない)

「このようなものを出せば、モナコのような小国でも戦争を起こす」とまで言われた文章であり、日本はこの過酷な内容に唖然としました。日本が到底受諾出来ない内容と判りながら、アメリカは通告を出したのです。

又、このハルノートはアメリカ議会を通さず、国民にも知らせず、秘密裏に、日本に手渡された事実も明らかになっています。

ルーズベルトの天敵といわれた、共和党のハミルトン・フィッシュ議員は、アメリカがヨーロッパの戦いに参戦する事を、正面切って反対していました。当時の国民の90%以上も同意見でした。しかし、このハルノートの最後通告を知らないアメリカ議会も国民も、日本が宣戦布告もせず、いきなり真珠湾に攻め込んだと激怒し、国をあげて一挙に開戦に突き進んだのです。

当時、ドイツの侵攻でフランスは陥落(かんらく)し、アメリカの参戦が無くては、ヨーロッパは破滅の瀬戸際にありました。そこで、英のチャーチルの強い参戦の要請で、ルーズベルトは、国民世論が戦争もやむなしとなるよう、日本軍を戦争に引きずり込んだのです。ヨーロッパを助けたアメリカの英雄になる事を夢見て。

ハミルトン・フィッシュは戦後、「私は、ルーズベルトが日本に対し、ハルノートという恥ずべき最後通牒を送り、日本の指導者に開戦を強要した事を、恥ずかしく思う」と、演説しています。

これが、史実に基づく戦争の発端です。日本以外の国々は国益のために、どうすれば戦争を防ぐ事が出来るかを、日々研究しています。国は、国民の生命財産を守る事が最優先課題だからです。その為には子供の時からの教育が大事だとは思いませんか?

シナの怖さ

中国、6年前からコロナウイルスなど生物武器で第3次世界大戦の準備か=米国務省の文書が暴露 5/9(日) 23:08配信

https://news.yahoo.co.jp/articles/e755c99df919851ec6db852835e9812634666640

集金pay

中国の科学者らがこの6年間、コロナウイルスを含む生物兵器で第3次世界大戦を準備してきたという事が、米国の調査機関が入手した文書を通じて明らかになった。

 英国のデイリーメール紙などが9日報じた内容によると、米国国務省の報告書にはこうした生物兵器が戦争で勝利するため重要になるという主張とともに、これを使用するための完璧な条件と、敵国の医療システムに及ぼす影響まで詳細に記録されている。中国が2015年からコロナウイルスの軍事的可能性を考慮したというこの最新報告では、新型コロナウイルス感染症の原因に関する新たな懸念を呼び起こし、一部の当局者は新型コロナが中国の研究所から流出した可能性があると疑っているという。

 また、オーストラリア紙「ジ・オーストラリアン」で報道された文書は中国人民解放軍の科学者と保健当局者が作成したもので、疾病を操作して兵器を作る方法を調査したものだ。文書の著者たちは、第1次世界大戦を「化学戦争」とし、第2次世界大戦を「核戦争」と記述し、それらと違って、第3次世界大戦は「生物戦争」になると主張している。【後略】

シナは、チベットを征服した時のような圧倒的な戦力差が無い限り、自ら戦争を始めることはありません。時間を山ほど掛け、策謀を駆使して、血を流さず他国を乗っ取るのが基本です。米がオバマ政権末期の6年前に、生物兵器の戦争に着手していたんですね。クリントン敗北を誰よりも分かっていたのでしょうか?

武漢では、その実験中のウイルスが漏れ出たと推測されます。武漢市と言っても、日本人の感覚では広さが判りませんが、広島県とほぼ同じ面積で東京の人口規模。しかも、広島県のように居住面積が15%程度ではなく、大陸中央部で平野の多い交通網の要所。そこに研究所を設けた時点で、シナの戦略が概ね理解できます。

イギリスが反目してきた途端にイギリス変異株がでてきて、アメリカ・日本・インド・オーストラリアのダイヤモンド構想が目障りになってきたら、インドの変異株。今更ながら、なるほどな~。目的のためなら手段を選ばない、本当に怖い国ですね。

下劣な犯罪行為

>自らの影響力を行使してきているので目を付けられるのは仕方がないと思います。

開催の是非は別にして、絶望の淵から蘇った彼女を、1人の選手として温かく見守りたいと願うのは、人として当たり前ではないかと思います。それと、「自らの正義を押し付ける集団イジメ」は別の話です。これは以前、女子プロレスの子が、心無いSNSで自殺した事件に匹敵する犯罪行為だと思います。

オリンピックに人生を賭けて挑もうとする人に、「辞退宣言をしろ!メダルをあきらめろ!」などとは、何たる下劣な人達なんでしょうか。

その下劣な行為を、広告塔の役割を行使したのだから仕方がないと、容認する精神構造には到底同意できません。

しかも、オリンピック開催の決定権はIOCにありますから、JOCや日本政府は、その意向に沿って発言しているだけです。当然、彼女もIOCの決定を待つ選手の1人。

「開催を公に反対する多くの声」には、政治的な意図が見え見えです。東京五輪開催を失敗させて、ワクチンの遅延を武器に、立件共産党に政権交代。12年前以上の悪夢です。国民は、それほど馬鹿ではないと思いたいですがね。

自分の正義は絶対なのか?

池江璃花子選手(20才)は、2019年2月に白血病を公表。苦しい闘病生活を経て20年8月に実戦復帰。今年4月の日本選手権では4冠を達成し、16年リオデジャネイロ五輪に続く2大会連続の五輪切符を手にした。五輪本番では、女子400メートルリレーと女子400メートルメドレーリレーに出場予定で、女子100メートル自由形など個人種目に出場する可能性もある。

昨日、五輪出場に命を懸けている池江選手に対して、卑劣にも「出場辞退・五輪反対表明」をするよう要求する多くのSNSがあったと聞きました。現在の状況下で、五輪開催に否定的な見方をする人がいるのは仕方ないと思いますが、何の罪もない二十歳の女の子に、このような下劣な文章を送るとは。お前らは本当に日本人か?と言いたい。

SNSの内容を要約すると、「あなたが一番影響力があるアスリートだ。発言は無いのか?」「辞退宣言をしろ。あなたは国民の命より個人の名誉を選ぶのか?メダルはあきらめろ」「あなたの辞退が日本を救う。他の選手も続くだろう。ちゃんと意見表明しろ。沈黙は同罪だ。」「池江さんのツイートをみた。亡くなられた方にお悔やみも言えないのか?」等々、残念ですが、日本人が如何に劣化しているかが理解できる内容です。

私は、これ以上、日本がコロナで萎縮して、経済破綻への坂道を転がり落ちるのを見たくありません。東京五輪は、無観客であろうと開催すべきです。昨日のニュースで、ニューヨークはコロナも収まり、感染者は1日1000人程度になってきたと報道されていました。東京都とほぼ同じ規模の都市ですが、東京都の感染者数は何人ですか?1000人程度ですよね?

以下は、日本のデーターを載せておきます。ご判断は、皆さんご自身で【笑】

シナの足跡

>日本も,日本人ももう,受け身は十分でしょう.これからの世界に能動的にかかわっていく必要があります

その通りです。人の良い日本人は、虚偽そのものである色々な戦後教育の負の遺産を、純粋な日本人の感性で、「私が悪かったと言えば、普通に清算出来る」と思って謝まった。しかし日本以外の国は、「誤れば認めた事」ですから、そこから多大な補償が始まります。

戦後の日本人は、大人になれない国民だと欧米から侮辱されましたが、そうではなく、他国民には理解できない程、純粋培養された人種なのです。だから、未曽有の大震災の中で、自らの生活が崩壊していても、他人の事を自らのこととして、思いやりが尽くせる。

他国には理解できない事、日本人だけに通用する「腹芸」があります。これを欧米やシナの外交で使ったから、意見を言わない意志の弱い人種と見なされて好き放題やられてきました。

一方の日本人は、「我々は耐えるだけ耐えたが、そこまでやるなら・・と抜刀した事が、大人しい日本人が、いきなり切れた!」となった。これが大東亜の戦端となったと、私は思っています。

国は、自国の武力を盾とした「国益」というエゴで成り立っています。受け身で通用する訳はありません。自立する国は、世界のリーダーを目指す自覚が必要です。とても悔しいですが、「国益」だけを考えると、シナの足跡は正しいのです。

眼前の危機

こどもの日まで孫が居たので、疲労困憊でしたが、そろそろ動き始めます。

>【河井克行氏より現金受領】も含め疑いを持たれた方々に向け【離党勧告】や【除名】といった厳しい対応を。マスゴミを通じ、しなかった事が今回『大敗北』の原因だったのでしょうか???

疑惑の本家本元である広島県議会が、離党勧告や除名など出来るわけがありません。ましてや、国の自民党本部は、河井杏里誕生の「モロ仕掛け人」なんですから、検事側に「非買収者を厳しく処分すべきだ」なんて注文付けたら、立件共産党やマスゴミを喜ばせるだけ。

この度の参議院選挙で西田さんを落選させたことは、保守系全体にとっても、菅政権にとっても、大変大きな痛手です。しかし、今の台湾・尖閣の情勢を見ると、それを悲しんでいる余裕はありません。コロナ危機をこれほど煽る暇があれば、日本を取り巻く危機的な国際情勢を、分かり易く多くの国民に周知する方が、優先順位がはるかに高いと思いますよ。

河井氏について

>角田さんに伺いたいのですが、河井夫妻、特に奥さんは、知名度以外に何があったのですか?また、旦那さんは、奥さんをどのようにしたかったのでしょうか?

河井さんの経歴を見ると、28才で県議会議員になり、1993年の30才で衆議院議員に立候補しています。その時に、岸田氏(当時36才)と共に自民党に公認されましたが岸田氏はトップ当選、河井氏は落選。その後、中国比例の時に、何度もお会いしてお話をしています。

私は30代の頃、岸田氏のお父さんである岸田文武さん(1992年死去)の後援会(ソフィア会)の下っ端でした。その地元後援会の会合へ、数回、東京から文雄さんご家族が来られ、奥様やお子さんと共に、微笑ましいご挨拶をされたのを思い出します。その後は、議員として上京の度にお会いさせて頂いておりました。

宮澤さんは私と同年代で、衆議院議員を2000年から3期務められましたが、2009年に落選。2010年に参議院議員で当選され現在に至ります。その落選時に色んな会合で、お会いする機会があり、今でも親しくさせて頂いております。

このお二人と河井氏を見ましたら、サラブレッドにアラブ馬が対抗しようとしたという一般的な世論ではなく、幸い、3人を同じように見比べることが可能だった普通の人間の視点として、やはり、人間性の問題ではなかったかと思います。

分かり易く言えば河井氏は、広島県で同じ様なスタートをしながら、「血筋が良いというだけで、何でこいつ等が!」という思いで、女房と共に「河井克之」を、世にぶち上げたかっただけなのではないかと思います。

河井杏里さん自身は、普通の人以上に上昇志向があっただけだと思います(政治の世界では、普通に大勢いらっしゃいますけど)。杏里さんは、どうか考えても、悲劇のヒロインにはなれないでしょ。政治の素人が確かな階段(上昇気流)も無いのに、いきなり県議会から県知事へ、また、国会議員へと駆け上がれるわけはありません。ある意味、似たもの夫婦なんでしょうね。

こんな人を選ぶ方が悪い

>そんなガチの人をわざわざパートナーに選ぶセンスが分かりません.

野田聖子氏を詳しく知っている訳ではありませんが、二階に近い左派で、夫婦別姓論者。公に「シナの南シナ海の侵略行為は、日本には直接関係無い」という迷言等も多くあり、外交・防衛・経済についても、全くの素人以下。2015年と2018年の2度の総裁選出馬でも、たかだか国会議員20人の支援も集まらない器ですから、この程度の人間が女性総理候補と、持ち上げられる事自体がおかしいと思います。旦那の事は、「類は友を呼ぶ」と言いますから、センス以前の問題でしょう【笑】

>国会議員や地方議員、首長の配偶者が外国の方(その場合には日本国籍を取得することになるのだろうが)の場合は、最低限の規制は必要では?自衛隊は昔、(今もかな?)外国の方や共産党系の方が〇等身内の方と婚姻された場合には、出世をあきらめる勧告があったと思います。

最近では、蓮舫議員の2重国籍疑惑がありましたが、配偶者については、明確な縛りは無いと思います。奥さんは日本人でも、シナでハニートラップに合って、以来チュン太郎になった橋本龍太郎さんや、北朝鮮まで行って、わざわざ美女を要求した石破さんなんかも有名です。「英雄色を好む」などと、馬鹿な事を言って海外で羽目を外すと、対シナ問題でも明確な発言は出来ませんから、そこで政治生命は終わりです。

今では存在価値が全く無い2大巨頭

自衛隊の場合は、基地や駐屯地近くの飲み屋には、必ずシナのハニーさんが蜘蛛の糸を張っていますので、昔から、つり合いの取れない美人と結婚したら国籍を疑えと言っていたようです。確かに、そういう隊員は今では出世できないようですね。

これは朝鮮ハニーさんです

ご返信

>これから国と広島県の間で、どのような軋轢?等が生じてしまうのでしょうか??…

私には判りませんが、広島県では確実に、公明党と自民党に修復不可能な亀裂が入りました。地元自民党の平口さんは、色々と大変だと思います。しかし公明党は、緊迫した政局を作るために、今回も立憲と自民の票を2等分するはずですから、選挙情勢はかなり厳しいと思います。まあ、このままでは、広島3区も立憲に取られるとのではと予測してますから、ある意味、ザマ~ですけど【笑】

河井杏里の無理やり出馬と、公明党の強引な3区公認を決めたのは、岸田降ろしを画策した2階と菅さんですが、自民党県連会長が岸田さんでは、正面切っての喧嘩は無いでしょうし、自民党県連幹部の県議達も、保身に走るばかりで、自ら矢面に立つ者など居るわけもなく、打つ手はないという処ですね。

保守王国広島の看板は、朽ちて倒れる瀬戸際です。

>「歴史は噂話を蒸留したもの」との言葉もあります。今現在、果たしてどれだけ真相にたどり着く事が出来ているのでしょうか。

歴史の検証には、色々な資料が必要です。自らが体験して、何らかの物証があれば最も重要な1次資料となります。それには、戦時資料が有効(シナ朝鮮のように、後から都合よく改ざんする国の資料は番外:「いわゆる従軍慰安婦」や「南京虐殺」などは、3次資料にもならないゴミクズです)であり、欧米では、軍事機密資料なども一定の年月を経れば原則公開しています。

この資料の公開により、例えば、日本による真珠湾攻撃は、日本の開戦を心待ちしていた英国のチャーチルと、その意を受けた米国のフランクリン・ルーズベルトの罠であったと、今では史実として判明しています。【でも、皆さんは意外とご存知ありませんよね。この件については、後日、詳細な史実を書こうと思っています】

「歴史は噂話を蒸留したもの」という言葉は、古代や中世であればある程度理解できますが、近代史では、各国の大学での戦争学(日本では防衛大学校のみ科目があります)の授業の為、常に検証され続け、自国に不利な内容でも公開が原則となっていますから、噂話程度では、歯牙にもかけないでしょう。

戦争学っていうのは、戦争の原因を検証し究明して、戦争を如何に防ぐかを学ぶものですから、本当は日本に最も必要なんですがね。