トランプ氏暗殺未遂

トランプ氏銃撃で負傷、容疑者と参加者が死亡 米東部、集会演説中に – サンスポ (sanspo.com) 2024‐7‐14

これは驚きました。右耳の上を貫通しただけで無事のようです。不幸中の幸いというのはこういう事でしょう。

数百メートル離れた建物の屋上からの狙撃と出ておりましたので、狙撃用ライフルだったのでしょう。数センチ左だったら即死でしたから、相当に運が良かったと思います。

この未遂事件は、大統領選挙に大きく影響するでしょう。

500mも離れた所から右耳を狙撃出来る者は居ないでしょうから、狙撃に成功したら誰が利益を得ていたかを検証すべきだと思います。

トランプ氏が暗殺されて、バイデンが有利になる事は考えられませんから、少なくとも大統領選レベルではなく、トランプが当選したら困る人達。

恐らくですが、米国内のDS’という「戦争屋」あたりでしょうね。トランプが再選されると、ウクライナやイスラエル紛争等は、強引に終結されてしまいますから。

ケネディー大統領暗殺についても、機密文書公開等からCIAの関与が濃厚のようですし、安倍元総理暗殺でも、あんな2㎜程度の散弾銃の弾一発で亡くなる訳がない。

最初に現場で安倍総理に接した医者は、背中に傷は無かったと証言していますし、弾の入射角からして、かなり高い所から狙撃したという証言も当時あった。

何より、解剖などの検証や保存が必要な遺体を、即刻、火葬にしたこと自体疑問だし、奈良県警や病院の対応に異議を唱えた人が居なかったのもおかしい。

青山繫晴さんが、奈良県警に疑義申し立てをした時、「命の保障が出来ない」と言われたとも聞いています。

さあ、アメリカはどういう結論を出すのか。しばらく待ちましょう。

保守の弱点

「岸田離れ」顕著、自民支持層の支持率急落 毎日新聞世論調査 (msn.com) 2024‐7‐13

内閣支持率17%+政党支持率18%で、青木幹雄氏の提唱する政権存続確率の合計35%。青木率50%以下で、その政権は倒れると言われているので、35%は危険水域を遥かに超えている。

この段階で、未だに小石河とか菅・茂木とかを挙げる愚かなマスゴミが多いが、最近、2位に積極財政派の高市早苗氏が上がっている。面白い動きではあるが、これは財務省が得意とする世論誘導ではないか。

9月20日と言われる総裁選の2か月以上前なら、「高市票⇒保守票⇒極右票」というレッテル張りを始め、緊縮財政派と言われる財務省のポチ達の、死に物狂いの高市氏のあら探しが功を奏する事もありうる。

2:6:2の法則からすれば、左翼も保守も両端の2割。中間層6割の獲得努力を比較すれば、明らかに保守派は負けている。その要因は危機感の違いにあると思われる。

左翼陣営は、嘘八百であろうと詐欺まがいだろうと、少々考えが違っても「薄ら左翼」に取り込む必死さがあるが、中途半端に知識のある保守は、自分と少しでも考えが違うと、徹底した排除や敵対が始まる。

これまで、大局が見えない多くの保守派の下らない足の引っ張り合いを見てきたが、本当に馬鹿々々しいし醜いし生産性が無い。この現状を踏まえても、保守中道を自認する我々の、これからの役割は益々大きくなる。

ご健闘をお祈り申し上げる

都知事選2位の石丸氏 広島政界は警戒「ここで通用するかは別問題」 (msn.com) 2024‐7‐8

この石丸という男は、市長時代から実行力・実現力もないのにテンポと小気味の良い話しぶりだけでアホな聴衆を引き付けていただけ。

今回の選挙でも、報道関係者等の質問には、まず全否定から入り、質問者を慌てさせておいて、素早く自分に有利な回答に切換えさせる巧さや狡さがあった。

昔の維新の橋下氏もよく似た論調で、こ狡く相手を自分のエリアに引き込んで、容赦なく叩き潰す事を得意としていた。

最初からその議論を注意深く聞いていたら、質問者の質疑内容を意図的に変えていく過程が見えてくるのに。

このような、中身がスカスカな男が広島1区で立候補するなら、双方のお手並みを拝見してみよう。

自民党広島県連を牛耳っている「憲法改正したくない左巻きの県議会重鎮」の方々。

「高市早苗、殴り込み」と、6月3日の各新聞にオドロオドロしい共同通信記事が載ったが、高市さんと門田さんを招致した首謀者は私です。

岸田擁護派の県議会の多くの暇な人達は、たちまち「国際会議場フェニックスホール」で、MAX1500人をかき集めて、「広島は岸田を守るぞ」という集会でもされたら如何でしょうか?

数は力です。ご健闘を心よりお祈り申し上げる。