プリンシプルの無い議会

>今回の【安芸高田市】の珍事件~角田さんの方は、どのような角度より、お考えを

市議会に在籍していた身として、これはホントに恥ずかしい事件です。昨年9月に市長が答弁中、TVを通しても鮮明に鳴り響いていたイビキを聞いた記憶があります。これは議事運営の責任者である議長の責任で対処する案件です。

議会を暫時休憩にして、寝ている当人に注意を促し、それでも駄目なら、議会の品位を保つため「体調不良」を理由に退席させるべきです。また、悪質であると議長が認識した場合は、議場での懲罰動議の可能性もあります。そうなると、議事録などで公表されますから、次の選挙に多大な影響があるでしょう。

その議会運営を怠った議長と、居眠り議員に「緊張感が足らない」とツイッターした市長。議会の原理原則が判っていない素人同士で、どっちもどっちですな。

そこから恥の上塗りの「非公開の協議会」:市長曰く{体育館裏来いや}事件に発展。その場で、市長は数人の議員から「我々を敵にまわすなら議案を反対する」と恫喝を受けたと。

本当にお互い馬鹿野郎ですね。山根議員の個人的な中傷には興味はありません。市長の居眠り議員へのツイッターも間違いですが、非公開のイジメ協議会に出る事も間違い。市長側は、「公開の協議会」を要求すれば良いだけです。

議案の成否は、各議員の是々非々の判断で決めるべき事であり、市長に「敵対するなら、議案は何でも反対してやる」という発言は、余りにも稚拙。安芸高田市議会は「議会の何たるかも判らない議員」が多いという証明ですね。まあ、今の廿日市市議会も、それ程変わりませんが【泣】

事の発端は、民間から副市長を公募で選ぶ人事案件。もう2度も否決されていますが、それなら,民間の副市長は不在でも構わないと思いますよ。廿日市市でも1人から2人副市長の案件を出された時には、「12万人の財政規模では、急ぐ案件ではない」と、発言をしたのですがね。

プリンシプルの無い議会” への1件のコメント

  1. 角田さんおはようございます。
    【プリンシプルの無い議会】~勉強になりました、今後の御参考にいたします。ありがとうございました。
    あと【本当にお互い馬鹿野郎ですね。】本当に…仰る通りです。

    今回の【安芸高田市】さんの事例。
    私見で恐れ入ります以前、鹿児島県の北西部に位置する約二万人の街で以前、話題になった元航空自衛官で、現・地元の市議会議員(※現在三期目)として『孤軍奮闘?』されておられる、元市長の事を思い浮かべました。
    市議会内における過半数を占める反市長派_【良識ある11名】の手によって再び市長を。変えないと、河井ご夫妻事件に続く恥【広島県】歴史の、一例。恥の上塗り事案、解決できなさそうですね?

    因みに我が街が誇れる、市長。そして3月に選ばれたばかりの【精鋭】が集われる現【市議会議員】の皆様方。
    近未来、我が街にも鹿児島県の北西部の街に出現された元航空自衛官で、元市長のような御方が、現れて一度、違った意味で【刺激】を与えてくれないかな~と思う、今日この頃です…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です