ああ、これが真実なら彼は完全アウトですね

舛添都知事に“政党交付金400万円”ネコババ疑惑が発覚!(週刊文春 2016年5月26日号掲載) 2016年5月18日(水)配信

舛添要一都知事(67)に、また新たな疑惑が浮上した。舛添氏がかつて党代表を務めていた新党改革関係者が“告発”する。

201605150643594ac

「2014年の都知事選の期間中、舛添氏は新党改革から約400万円の政党交付金を“ネコババ”しています。新党改革を離党し、無所属で出馬したにもかかわらず、新党改革支部から自身の資金管理団体に政党交付金を移動させているのです」

この証言をもとに小誌特別取材班が取材を進めると、政治資金収支報告書の記載により、告発内容が事実であることが裏付けられた。

まず、立候補直前の2014年1月3日と22日の2日に分けて、「新党改革」から舛添氏が代表を務める政治団体「新党改革比例区第四支部」に計600万円が寄附されている。

そして告示後の1月28日、31日には、同支部から舛添氏自身の資金管理団体である「グローバルネットワーク研究会」(以下、グ研)に2日に分けて、約526万円が寄附として移動している。

このうち429万円が政党交付金、つまり血税であることが、「政党交付金使途等報告書」により明らかになった(その後、「グ研」が14年7月に解散すると、「グ研」の資金約5000万円は舛添氏の現在の資金管理団体「泰山会」へと引き継がれている)。

この不可解なカネの流れについて、上脇博之・神戸学院大学教授が疑問を呈する。

「政党助成法によれば、政党本部、支部が解散した場合、余った政党交付金は国庫に返還するように定められています。

ところが舛添氏は自らの資金管理団体に持ち逃げしており、返還逃れであると同時に公金の私物化です。政治資金規正法の趣旨に反します」

この疑惑について、舛添氏は事務所を通じて「事実関係を調査したいと思います」と回答したが、都知事選期間中の疑惑だけに都知事としての「正当性」が問われる事態となりつつある。

「週刊文春」5月19日発売号では、他にも舛添氏の様々な金銭疑惑について報じている。

文/「週刊文春」編集部

 

ああ、これが真実なら彼は完全アウトですね” への1件のコメント

  1. ご無沙汰しております.

    ま,この人ですが,典型的な,「テレビマスゴミ御用達の,政治家芸人」ってところでしょう.

    個人的には,先の都知事選の時から,何でこんな人に票が集まるのだろうとあきれていました.これまたいつものことですが,テレビマスゴミの国民愚民化能力の高さに,ある意味感心させられ続けています.

    ただし,このような類のスキャンダルで,桝添に失脚の兆しが来るとは,全く予想していませんでしたね.どちらかというと,結婚離婚を繰り返して,DVで暴れて,婚外子がゴロゴロいて・・・,とかいう第一級の素行の悪さの方で引っ掛かって,足がつくのだろうと予想していたのですが.

    しかし,このオヤジのけちくささ,セコさは,一体何事なのでしょうかねぇ.もはや兵庫の野々村を超えたとの意見もあります.私も正直そう思いますね.とにかくやりたい放題の公私混同,

    「お前(東京都)のものはオレのもの・・・」,
    「政党のものはオレのもの・・・」.

    なんでしょうね,この人にとっては.

    彼と同類のテレビ芸人的政治家として,橋下氏がいました.この人も,ある種の独裁的,独断的な言動が繰り返した人ですが,少なくとも橋下氏の場合は,「政治的決断に対して」の独断でした.平たく言うと,「橋下氏なりに,大阪の事を考えた上での発言」であることは,常に明確でした.ただ,「やや拙速な手法でワガママを言った」わけです.

    が,桝添のオッサンは,完全なる公私混同.しかも,セコたらしい「個人的な刹那の快楽」のために,こっそり,あるいは堂々と浪費をしているだけ.こんなもの,もうどうしようもありません.

    話が前後しますが,私は案外政治家の金銭スキャンダルに寛容です.あの手の仕事をしていれば多少の手垢は付くのが現実です.全くのクリーンな政治家など,

    「法定速度以上のスピードを絶対に出したことのないタクシー運転手」だとか,「相手選手に指一本触れたことのないサッカー選手が」みたいなものです.理想と現実の間には,ある種のゴムがつながっていて,ビョーン,ビョーンと伸び縮しているものです.要するに,結局は度合いの問題です.

    猪瀬氏の時も,何であの程度で失脚したのか,マスゴミのアレルギー反応的大騒ぎ以外に,原因はよく分かりません.猪瀬氏が,石原都政の流れを受けついで,オリンピック準備を含めて陣頭指揮を執っていった方が,明らかに都民にとってもメリットが大きかったでしょうね.

    あの時もまた,いつものごとく,マスゴミの愚民化政策にまんまと乗っけられたちゅうわけ.ということで,今回のスキャンダルもまた,所詮は冷めた眼で見つめているこなです.

    桝添が辞めようが続けようが,「政策について語れ」よ.エロハゲオヤジのこそ泥ぶりなんて,こっちはひとっかけらも興味なんか無い.

    桝添よ,東京都民よ,オリンピックどうするの? どうしたいの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です