生き方は自分が決めた

>「本当なら,もう少し計画通り上手く生きてこられたらよかったのに・・・」って,多くの人が思っているんじゃないかと思います. 

 お互い、計画通り上手く生きる人生を選んでないじゃないですか【笑い】

もっと別の賢い選択があったのに、私は、ある意味、ヤクザ以下の世界へ首を突っ込んでしまいました。でも、後悔はしていません。楽しいから。

「住めば都」と言う意味ではなく、自分は45歳で再び命を頂いた人間ですから、「現状に満足したら終わり」という自らを突き放した生き方の中で、自らの変化を楽しめる世界が、自分に合っていると思っています。

同じ世界の住人でも、全く違う人は沢山いますが、基本的には気になりません。私とは目的が違うのですから。

 人生には偶然はありませんよ。全て必然だと思っています。 

>今回の件、外務省と経産省は反対したそうですが、甘いこと言わず、二度と韓国が歴史問題を蒸し返せないくらい徹底的にやってほしいですね。

>彼らにとっては,日本が韓国をホワイト国に指定しているということは,あたかも冊封体制下における「下位の国」が「上位の国」に貢物を差し出すというのと同じ感覚で,それこそ快感に浸っていたのでしょう. 

 「米国はCIA(中央情報局)を中心に、北朝鮮やイランに流れた戦略物資について徹底的に洗った結果、韓国の存在が浮上した」と言われています。

 今回のホワイト国優遇の見直しは、トランプ大統領が、韓国に対して激怒し、韓国に戦略物資を輸出している日本に「安全保障上の措置」を取るよう圧力をかけたというのが本筋でしょう。このまま、米国が韓国に、『米韓同盟破棄』や『テロ支援国家指定』を実施する可能性もあります。

また、日本の経済産業省は、安全保障貿易管理の申請手続きについて、韓国を北朝鮮やイランより危険であると判断しました。 https://www.meti.go.jp/policy/anpo/apply08.html

各国を、安全側から、「い・ろ・は・に・ほ・へ・と・ち・り」に分類して、「ち」がソマリア・イラン・イラク・北朝鮮など。最低ランクの「り」が韓国一国のみです。

 日本における国際的信用ランクが、世界最低になった韓国を、もはや助ける義務はありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です