追い越してみろ!

韓国、南北統一後2030年代には「世界6位の経済大国」に

2018/12/27(木) 10:18配信 WoW!Korea

  韓国が、一人あたりの国内総生産(GDP)が、日本に速いスピードで追いついている。イギリス・シンクタンクが、分析結果を公表した。

  韓国は成長の勢いに後押しされ2026年、経済規模が全世界11位から10位に1段階アップし、韓国の水準で統一が成された場合には2023年代にイギリスとフランスを抑え、世界経済6位に浮上すると展望された。

  英国経済経営研究所(CEBR)は25日(現地時間)、世界経済推移表(World Economic League Table)を発表。「韓国が2018年、GDP11位を記録した」とし、このように明かした。

  CEBRは「韓国の1人あたりのGDPは32位で、アジアでは速いスピードで成長している」とし、「隣国=日本(31位、4万4550万ドル)に猛スピードで追いつこうとしている」と伝えた。

  また、南北統一が韓国経済成長の主要な”刺激剤”になると強調。CEBRは、統一が実現した場合、韓国は2030年代にイギリスとフランスを抑え、世界GDP順位6位を記録するだろうと見通した。

 頭、大丈夫か? 東西ドイツ統一後の状況を英は知らんのか? 

 人権・人命が羽毛より軽い独裁国家で、一応核保有国。地下資源は多少あるが石油は無い。朝鮮語以外、何も共通点の無いアジア最貧国と、韓国が一緒になったら、英と仏を抑えてGDP6位になる? 日本に猛スピードで追いつこうとしている?

 この記事を書いたのは、在英朝鮮人か?余りにも、記者本人の妄想と願望が咲き乱れて、英シンクタンク自体キムチ臭いぞ。 

強制徴用:新日鉄住金の韓国資産、被害者らが差し押さえを申請2019/01/02 08:31

 韓国大法院(最高裁判所)は昨年10月末、日本による植民地支配時代の強制徴用被害者賠償請求権を認め、原告勝訴の判決が確定した。

 「日本企業の新日鉄住金は訴訟を起こしたイ・チュンシクさん(95)ら強制徴用被害者4人にそれぞれ1億ウォン(約1000万円)ずつ賠償せよ」という内容だった。

 しかし、実際の賠償までの道のりは長いという見方が多かった。新日鉄住金が自発的に支払わない限り、裁判所を通じて新日鉄住金の資産を差し押さえなければならないからだ。日本の裁判所は以前、「新日鉄住金には賠償責任がない」との判決を出しており、韓国国内の資産が差し押さえの対象とならざるを得なかった。

 ところがこのほど、イ・チュンシクさんらは損害賠償を拒否している新日鉄住金の韓国国内の資産を見つけ、裁判所に強制執行を申請したことが1日、確認された。大法院判決を根拠に強制執行の手続きに出たものだ。

日本政府は以前、「日本企業に対する賠償金差し押さえ措置が続けば、日本国内の韓国政府の資産を差し押さえることも検討する」と言っていた。このため、実際に執行が行われれば、外交的波紋が予想される。

 はいはい、差し押さえ頑張って下さい。「遺憾砲」だけでは朝鮮人共には効かない事が、ようやく日本も学習出来ましたから。 

しっかり実効性のある砲弾を、野党やマスゴミに気兼ねなく、連発で撃ち込めますから、安倍さんなら一気に、文政権の屋台骨を砕くんじゃないでしょうか。

どうせ朝鮮統一で、2030年に日本を追い越すんでしょ?

頑張って(笑) 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です