日本人とは思えない政治家達

今朝の産経 阿比留瑠比の「極言御免」「韓国の背中押す鳩山元首相」 2018.11.22 概略

「最大の問題は、2年前韓国側が『最終的かつ不可逆的に解決した』などという合意をするべきでなかったことだ。謝ったから二度と謝らないからな、と言う意味を持つ合意をなぜ韓国政府が呑んだのか。韓国の国民が怒るのは当然ではないか」

 これは今年1月、鳩山氏が自身のツイッターに記した言葉だ。日韓合意による決着にけちをつけ、韓国側をあおり立てている。曲がりなりにも日本の首相を務めた人物が、である。

 また、今月16日には韓国京畿道で開催された徴用工問題などをテーマにしたシンポジウムで、韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた判決に関してこう述べた。

 「日本企業や政府は、厳しく受け止めなければならない」

 こんな追従めいたことばかり言っていれば、韓国では喜ばれるしちやほやされることだろう。本人は「いい人」を演じられて気持ちがいいかもしれないが、鳩山氏のような存在が日韓関係をこじらせ、悪化させてきたのではないか。

 いくら日本政府の見解とは全く異なるといっても、「日本の元首相もこう話している」と韓国側が日本の実態を勘違いし、現在のように無理筋で恣意的な主張を繰り返せばどうなるか。

逆ギレした韓国側が竹島(島根県隠岐の島町)周辺などで海上保安庁の巡視船や日本漁船を射撃するような事件が起きればどうなるか。日韓関係は冷え込むどころの話ではない。

 鳩山氏に対しては、首相時代から世界秩序を破壊するトリックスター的な危険なものを感じていた。鳩山氏の一見「善意」と思えるような言動こそ、日韓間に深刻な緊張を生む。

 ちなみに刑法には、今まで一度も適用されていない重罪がある。

此奴が日本人だとは思えないのだが?

「外患誘致」(81条)がそれで、極刑以外の刑罰を定めていない。条文は次の通りである。

 「外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者は、死刑に処する」

 もちろん、現在の鳩山氏の言動がこれに当てはまるとはいわないが、将来的にもあり得ないと果たして言い切れるだろうか。

 鳩山氏は竹島についても「日本固有の領土と言えないことは明らかだ」と主張しており、日本政府が領土問題は存在しないという立場の尖閣諸島(沖縄県石垣市)に関しても、中国要人に対して「係争地」だとおもねった。

 韓国政府のやり方は幼稚で感情的だが、それを後押しする日本の政治家の方が恐ろしいと感じる。(論説委員兼政治部編集委員)

 外国人労働者の受け入れなんていう大企業優遇措置は、本当にどうでも良いし、急ぐ必要も無いのだから、優先順位として、憲法改正とスパイ防止法を急げよ!

 

【ポスト安倍失格?】“弱腰”石破氏、韓国で講演も『怒りの声』伝えず 識者「あまりに無責任で、弱腰だ」夕刊フジ 2018.11.20 http://www.zakzak.co.jp/soc/news/181120/soc1811200004-n1.html

こんなのが首相にならなくて良かった

自民党の石破茂元幹事長が、韓国での講演で「弱腰発言」を繰り返した。

韓国最高裁による自称・元徴用工をめぐる異常判決や、自衛艦旗「旭日旗」をめぐる韓国の理不尽な対応について、日本国内に充満する韓国への不信感・嫌悪感を明確に伝えなかったのだ。これでは、「ポスト安倍」失格と言われても仕方ないのではないか。

石破氏は18日、ソウルで開かれた国際フォーラム「変化の中の朝鮮半島と蝶々プロジェクト」に参加し、シンポジウムで基調講演を行った。

注目の講演で、石破氏は、元徴用工を名乗る人々をめぐる異常判決について、「先の戦争中での朝鮮の人々の雇用をめぐる判決は、日本人にとり大きな驚きをもたらした」と語った。

また、韓国が先月、南部・済州(チェジュ)島沖で行った国際観艦式で、自衛艦旗「旭日旗」の自粛を求めてきたことにも、石破氏は「海上自衛隊の船が海自の旗を掲げ、入港することを拒否され、韓国への訪問を実現できなかったことは残念だった」と述べた。

NHKが今月上旬に行った世論調査で、韓国最高裁の判決について「納得できない」と答えた人は69%に上った。韓国による「旭日旗」の自粛要請にも当時、激しい怒りの声が上がっていた。

こんな馬鹿ばっかりじゃないと、思いたいけど・・・

石破氏の講演テーマが「地方創生と日韓協力」だったとはいえ、「ポスト安倍」候補として、「防衛相経験者」として、日本人の「怒りの声」「抗議の声」を伝えるべきではないのか。「驚き」「残念」では、韓国人は「日本人は怒っていない」と誤解する。

政治評論家の伊藤達美氏は「石破氏はあまりに無責任で、弱腰だ」といい、続けた。

「向こうの土俵だからといって、外交・安全保障をめぐり国益に関わることは、国会議員として、元防衛相として、相手国に明確に言うべきだった。強い抗議をしなかったことには、当事者意識が感じられない。

『9月の自民党総裁選で、総理・総裁を目指した覚悟は何だったのか』と感じる。『ポスト安倍』候補として、この先が心配になる」

 まあ、最初から総理総裁なんて器じゃないのに、反日マスゴミの御輿に乗せられて勘違いしただけの男なんでしょうが、こんなのが山陰地方に生息しているから竹島が取り戻せないのかもしれません。ほんと、いつものように新党作って何処か行けよ。自民党に、虎の威を借るキツネ目のコウモリ男は要らないから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です