財政と合併のお話

「デービッド・アトキンソン VS 池戸万作」 MMT、賃金上昇、政府支出についての論戦! ――論点は「財政出動」が「経済成長」に、つながるかどうか? など – Togetter

池戸氏側は、「政府支出」を増やせば「民間投資」も増えると主張します。対して、アトキンソン氏側は、「政府負債を増やしても、経済が成長していない日本」と、まったく正反対の主張をします。

全く正反対の主張ではありません。池戸氏は一般論としては正しいし、アトキンソン氏は少し掘り下げて、「例え財政出動しても、日本は投資額が少ない上に政府支出が偏っているから経済成長しない」という意味の発言ですから、どちらも正解です。

岸田首相「3%以上賃上げ」は可能か【2月8日 (火) #報道1930】 – YouTube

このYouTubeに宮澤洋一氏とアトキンソン氏の対談がありますが、宮澤氏が日本の偏った政府支出について、判る人には判る程度のネタバラシをしています【笑】

宮澤氏は、「日本は社会保障費が大幅に上がっているので、なかなか成長しない。また、2000年頃には、おおよその公共事業支出が終わったので、、、」と。

つまり、経済成長するためには、国・企業・個人の投資が必要ですが、現状では「多くの企業の設備投資」はあり得ませんし、賃金が低ければ個人への投資もありません。

この状態で日本経済に投資できるのは国(政府)だけなのですが、その政府が公共事業にさえ国債発行しないで、PBの黒字化のために、社会保障費の増加分の予算を他の予算から差し引いて予算組みしています。

だから、生産的支出(投資効果が望める支出:公共投資など)をしないので経済成長しないのです。

宮澤氏は、日本が災害大国である事実から目を背けています。地方自治体の管理する「道路・橋・上下水などのインフラ」は、もう限界点を過ぎています。

少し話がズレますが、それが分かっているから小さ過ぎる自治体を整理して、過疎・辺地などの地域住民を、ある程度まとまった人口の街に移住させるために、国は合併建設計画を立てさせたのです。

2度の合併から15年以上経過して、人口13,000の佐伯町は9,000人台になりました。人が多く住み、病院・学校・スーパー・商店街が揃う街並みと、自分達が住んでいる処が同じ「廿日市市」ならばと、若い人達は佐伯という町を捨てたのです。これは必然的な出来事だと思います。

そして、高齢者だけで住まう地域は、町内会も構成できないレベルとなり、最後の住民が病院に入ると、その地域は猪と鹿が移り住む無人の地と成ります。

それは何に問題があるか? 国が地方自治体の望む公共事業に予算を付けないから、生活インフラの整備が出来なかったからです。これがしっかり出来ていれば、合併なんか必要無かったのです。

でも国は、PB黒字化のために過疎・辺地から補助金事業を無くし、道路・橋・河川・林道整備などの公共投資を抑制して、合併して大きな市になった上で予算組みしなければ、道路の維持管理も出来ないようにした..。

財務省の洗脳で「公共事業は悪」と思われている方は多いと思いますが、「監視の目が届かない地域」ほど、公共事業による災害対策が重要なのです。

それを否定して、国債発行を阻止するために公共事業無用論を述べる大蔵省官僚出身議員の宮澤氏。あと6年間も日本の財政を悪化させる資格を与えたのは、広島県の有権者です。

財政と合併のお話” への3件のコメント

  1. お答えありがとうございます。
    「公共事業が悪」と思われたのは、野放図なばら撒き結果として赤字地方空港や港湾施設、車のほとんど通らない農道が多かったのも原因と思います。
    このへんはアトキンソン氏が言うように「財政出動は何に使うのが最大の焦点」という主張の通りではないでしょうか。

    佐伯に限ったことでは無いですが、田舎は地元の方が土地を手放したがらないのも過疎化の一因でしょう。(商店街の衰退事例と似ていますね)
    活性化を報道で目にすることの多い安佐南区吉山地域でも土地を借りたい・購入して移住したい人が順番待ちの状態だそうですが、物件が出てこない状況だそうです。(出ても持ち主からの使用条件の縛りが厳しいとか)

    廿日市市も来年のG7サミット準備名目でいろいろと予算を組んでいますが、道路整備・案内板設置などは国から補助があるにしても「要人が来るからと慌ててたいそうな整備しなければいけない程日頃の整備を疎かにしてたのか?」と思います。
    焼け太りの様な過度な出費は控えて貰いたいですね。

  2. 関係のない話ですが非常事態なので。
    経験したことのない台風が来ます。1991年の19号台風を超えるかも知れません。

    月曜日の朝9時に佐賀県付近,930hPa,移動速度15km/hを予想しています。ここから広島に向かって来ます。

    この緯度でこの中心気圧,この低速度は無茶苦茶です。ゆっくりと近づき夕方,広島県に最接近するでしょう。

    南を通っても北を通っても,通過するまで南風,通過後は北風が吹きます。長く続く50m/sレベルの瞬間最大風速と大雨を前提に準備されて下さい。停電の可能性があり,乾電池が必須かも知れません。非常食も準備しましょう。
    集合住宅では,お風呂に水を張ると良いかも知れません(トイレ用など)。

    第2室戸台風や伊勢湾台風が関西方面ではなく九州~中国地方に来る,というイメージですが
    60歳代以上の世代でないと分からないかも知れません?
    予想が外れたら,とてもラッキーと思われて下さい。
    (正直,是非に外れて欲しいです。本当に恐いのです。)

  3. その後,予想が少し変わりました。

    枕崎付近を通って,月曜日の午後,萩付近に抜けるような進路予想になっています。広島県への最接近は月曜日(19日)の夕方になりそうです。

    第2枕崎台風になるかもしれません。予想される通りに920~925hPaで上陸して日本海に抜けたとき940~945hPaとすれば,中心気圧としては記録的な値です。

    猛烈な暴風が予想されます。また,速度が遅いので降雨が長くなり,大雨も予想されます。準備できる時間があります。皆様,気をつけましょう。
    (予想が外れることを祈ります。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。