既に専守防衛論は破綻している

私が良く見ている「闇のクマさん:世界のネットニュースch」です。

【マスコミが隠蔽する高市早苗氏の真剣なガチ警告!『このままでは国民の生命を守れない!』】実は専守防衛は既に崩壊している!『中国に先制されたらもう防衛不可能です』この恐怖の事実を感じ取れ!河野・岸田は何 – YouTube

クマさんは、かなり早口ですが、内容が濃くて楽しいです。今回は高市さんの総裁選出馬会見特集ですが、視点が鋭いですね。

「シナの極超音速ミサイルの出現で、日本が言う『専守防衛』は不可能になった。今の現状では、『日本は、日本国民を守れない』と高市さんは明言したのに、マスゴミは全く取り上げなかったと憤ってました。

実は、安倍総理の時に菅官房長官が既に、『専守防衛は破綻した』と宣言していたんです。あの頃TVで毎日、「北朝鮮のミサイルが飛んで来たら、自らの命は自らで守って下さい」と、当然の如く喋り、あの甲高い警報音を鳴らして注意喚起していましたよね。
私は、当時の市政報告の中で書きました。「日本は、国民の生命と財産を守れない」と、日本政府が宣言したと。「この状態で、国民を守れない憲法に何の意味があるのか」とも。

クマさんも言ってました。「岸田さんと河野さんのレベルが余りにも低いので話にならない。せめて高市さんの足元に近づくくらい勉強しろよ。男だろ!しっかりしろ」と。まったく同感です。

参考資料として、佐藤仁さんの論文を一緒に載せておきます。

高市早苗氏が総裁選出馬会見で訴えていたサイバーセキュリティの重要性「新たな戦争への対応」(佐藤仁) – 個人 – Yahoo!ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です