ご返信

>これから国と広島県の間で、どのような軋轢?等が生じてしまうのでしょうか??…

私には判りませんが、広島県では確実に、公明党と自民党に修復不可能な亀裂が入りました。地元自民党の平口さんは、色々と大変だと思います。しかし公明党は、緊迫した政局を作るために、今回も立憲と自民の票を2等分するはずですから、選挙情勢はかなり厳しいと思います。まあ、このままでは、広島3区も立憲に取られるとのではと予測してますから、ある意味、ザマ~ですけど【笑】

河井杏里の無理やり出馬と、公明党の強引な3区公認を決めたのは、岸田降ろしを画策した2階と菅さんですが、自民党県連会長が岸田さんでは、正面切っての喧嘩は無いでしょうし、自民党県連幹部の県議達も、保身に走るばかりで、自ら矢面に立つ者など居るわけもなく、打つ手はないという処ですね。

保守王国広島の看板は、朽ちて倒れる瀬戸際です。

>「歴史は噂話を蒸留したもの」との言葉もあります。今現在、果たしてどれだけ真相にたどり着く事が出来ているのでしょうか。

歴史の検証には、色々な資料が必要です。自らが体験して、何らかの物証があれば最も重要な1次資料となります。それには、戦時資料が有効(シナ朝鮮のように、後から都合よく改ざんする国の資料は番外:「いわゆる従軍慰安婦」や「南京虐殺」などは、3次資料にもならないゴミクズです)であり、欧米では、軍事機密資料なども一定の年月を経れば原則公開しています。

この資料の公開により、例えば、日本による真珠湾攻撃は、日本の開戦を心待ちしていた英国のチャーチルと、その意を受けた米国のフランクリン・ルーズベルトの罠であったと、今では史実として判明しています。【でも、皆さんは意外とご存知ありませんよね。この件については、後日、詳細な史実を書こうと思っています】

「歴史は噂話を蒸留したもの」という言葉は、古代や中世であればある程度理解できますが、近代史では、各国の大学での戦争学(日本では防衛大学校のみ科目があります)の授業の為、常に検証され続け、自国に不利な内容でも公開が原則となっていますから、噂話程度では、歯牙にもかけないでしょう。

戦争学っていうのは、戦争の原因を検証し究明して、戦争を如何に防ぐかを学ぶものですから、本当は日本に最も必要なんですがね。

ご返信” への4件のコメント

  1. 角田さん再度投稿です。

    角田さんに伺いたいのですが、河井夫妻、特に奥さんは、知名度以外に何があったのですか?
    また、旦那さんは、奥さんをどのようにしたかったのでしょうか?

    素人が見ていると、旦那さんは、松下政経塾内ではかなりの論客派だったようで(私の先輩の議員談)、しかし実績がなかなか上がらない。広島には岸田さんが、福山には宮沢さんが構えている。

    そこに安倍・菅・二階3名が岸田包囲網を敷き、岸田落としに走った。それに河井夫妻が乗った、ってことだとすると、河井夫妻はよほど、先が見えない政治家なのかな、っと。

    もしかして河井夫妻は、この3名から大臣以外の確約があったのかな?(二階派や無所属の長など)

    そして河井夫妻は広島の現状をどう思っているかな?いままでの言動からすると、特に奥さんは、悲劇のヒロインを気取ってそうで怖い。
    言い方悪いけど、サゲ〇ン、悪女など奥さんにはそうした比喩がぴったり合っている。

  2. ごめんなさい、連投です。

    こなさんにも伺いたいのですが、大学では国際政治学の一環で、地政学を教えることはないのですか?それともできない?

    私が35年前 東京の極左大学に入学し、国際政治関係の教授に、地政学的な授業はありますか?と質問したところ、日本にはそれを学問としている大学はないのではないか、と言われたことがあります。

    地政学は裏を返せば戦争学、防衛学につながります。もっと言えば、地理や歴史も戦争学になる可能性もあるわけですが、戦争学というよりは、地政学といえば総合的な響きがあり、地理や交通学などに応用できるわけです。

    私が今の会社に入社して、亡くなった父との会話が今も印象にに残っています。『そういえば今の自衛隊の艦船基地の特徴はわかるか?鉄道は単線、道路は一方通行が主の場所にある』

    一番今までで面白かった地政学です。

    こなさん、またこうした話をいつかしましょう。

  3. >大学では国際政治学の一環で、地政学を教えることはないのですか?それともできない?

    すみません.分野が大きく違うので詳しくはわからないのですが,いわゆる戦争学的な地政学,国際政治学は少なそうですね.残念ながら.日本の大学は全般的に,そういう「空気」なんだと思います.

    自分の国側のスタンスに立たずに,突き放して,一見中立を装って観察する.でも,その実筋金が通っていないので「我田引水の国際関係」の中で,おもしろいくらいにネギ鴨状態です.

    私はいわゆる理工系ですから,最近はさすがに特亜メンバーを含めての共同研究や,特亜に対する情報提供に一定の警戒感が生まれましたが,ちょと前までは,それこそあけっぴろげに全部教えちゃっていました.

    で,どうして警戒感かというと,極端な例では,

    「もうすでに,教える側から学ぶ側に成り下がっている」

    わけです,はい.

    まあ,あまり自虐的になってもいけないので,一定の競争力は何とか保ってもいますよ・・・.でも,お人好しであげちゃったもの,教えちゃたものの代償は大きいですね,正直言って.

    むろん,アカデミズム(大学における研究)というものは,露骨に国家主義や秘密主義で行うべきものではありません.しかし,そうはあっても,広島県民にカープ愛があるように,日本人としての優先順位やスタンスはあってしかるべきですよね.

    でも,それがないことが,そのようなおらが村根性を忌避することがあたかも客観性の根拠だと,極端に信じている人が多いのです.

    「カープファンであるがゆえに,すでに野球を公平に見ることが出来ないわけだから,だからそんな人は野球ファンとは言えない!!」

    みたいにあ極端さですね.とりわけ,日本の近代史に対しては,この忌避感をもってして,自分は客観的だと信じている人が多い.でも,それは本当は違うのですよね.カープ好きだからこそ,野球も好きになれるのです.

    ここんところが,しかしながら,伝わらない.

    もどかしいですよ,日々.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です