湯屋通い

>「ほの湯」通いを、始められたのですね~(驚)

土日は仕方ないにしても、平日も人が多いですね。こういう「湯屋」も流行り廃りが多くて、今では楽々園と宇品の2か所だけになったようです。

私のように、風呂の改修で通うような人は少ないでしょうが、平日の16時頃なのに若い人が多いのは驚きです。

あの激しい泡風呂のことを何て言うのか知りませんが、あんなのに長く浸かっていると、逆に疲れるような気がしますよ。

女房と一緒に来れば、湯上りの一杯が楽しめるのですが、一人だと車なのでそうもいきません。「もう少しユックリ入ったら?」とも言われるのですが、この性格ばかりは直しようがありません。

江戸時代の湯屋は、LGBTが泣いて喜ぶ混浴だったようで、落語なんかでもずいぶん面白いお話がころがっています。入浴料を調べると大人8文ですから、1文25円で換算すると200円。

江戸時代は浴場で頭を洗うと、女性はカラスの濡れ羽色と言われるくらいですから、しっとり洗い髪で帰っても良かったようですが、男はマゲを結わなくては恰好が付かないので、湯屋には必ず髪結床がありました。

鬢付け油で固めてマゲを結うのが24文で600円。結構安かったんですね。白米1升が50文で1250円、酒一升164文で4100円、湯屋の帰りにカケ蕎麦1杯で16文400円、豆腐1丁も16文ですから、食べ物のほうが少し割高だったんでしょう。

江戸の庶民は、ほとんど借家住まいでしたから、9尺2間の店賃1か月分で400文(1万円)。相撲見物は72文(1800円)、上桟敷での歌舞伎見物は銀25~35匁(41,500~58,100円)。皆さんご要望の、吉原での太夫の揚げ代は銀76匁(12万6,160円)ですから、越後屋の若旦那くらいしか行けません。

さて、いつの間にか、いつもの馬鹿話が終りました。。浴室工事も昨日で終わりましたので、今日はユックリと新しくなった家の浴槽に浸かれます。

西日本は水不足のようなので、今回の台風は恵の雨になりますかね。来週末から、また暑くなりそうです。皆様、くれぐれもご自愛ください。

コメントは受け付けていません。