先送りの限界

石橋 文登 – 【拡散希望】萩生田光一は3月の電力危機以来、原発の再稼働を含め、電力供給量増強の必要性を政府内で訴えて… | Facebook 昨日 5:30 ·

萩生田氏

【拡散希望】萩生田光一は3月の電力危機以来、原発の再稼働を含め、電力供給量増強の必要性を政府内で訴えてきた。だが、岸田文雄率いる官邸は「波風立てない」戦術に徹して進言を無視し、今の電力危機を迎えた。挙げ句に訳の分からないポイント還元とは官邸はバカなのか これで大停電が起きたら萩生田光一に責任をなすりつけるつもりなのだろう。岸田文雄に危機管理能力はない。

萩生田さんも、岸氏や高市さんも、参議院選挙後には役職を外されると言われていますが、むしろ閣外に逃げた方が賢明だと思います。

石橋氏が書いておられるように、参議院選挙後、岸田政権には、怒涛の如く「先送りした重要案件」が、巨大な重しとなって圧し掛かってきます。

その時に、政権を支える泥船にいて共に沈没するか、閣外で批判勢力の一端を担うか。。。損得勘定ではなく、一刻も早い日本再生のため、高市さん達に働いて頂くには、弱小岸田政権を完全に包囲し孤立させることが重要です。

コメントは受け付けていません。