ロバを倒せ!

>憲法の前文よりも、日本人の命が軽いように感じるな。だからこいつは国会議員をやってはいけない人種である。

参議院選挙を見据えた野党は、遺憾検討士ばっかりの情けない与党に、切り込む絶好のチャンスなんですが、国会議員としての素養も無く、そのうえ何の勉強もしないので、政治家の必須である口と頭が栄養不足の飢餓状態。

何度も言いますが、国の専権事項は「外交と防衛」で、国の最優先事項は「国民の安心と安全を守る事」。

それなのに、足らない頭で「平和憲法を守れ!」なんて言うモンだから、「国民の安心と安全を守るより、憲法を守りたいんだな~」と思われて、日本の国会は、米国のロバが仕切る「馬と鹿の放牧場」だと、海外から笑われてるんですよね。

米国民主党のシンボル ロバ

以前にここで書いたように、日本が、シナ・ロシア・北朝鮮等の核保有国と開戦した場合、米国は絶対に日本を守ってはくれません。たちまち、憲法改正で、自衛隊の存在を正規な国防軍に変えなくては、日本と日本国民は守れないのです。

日本の軍事力は、世界でも上位に位置しています。世界の兵力をランク付けするグローバル・ファイヤーパワー誌は、2020年度版の番付を発表。それによると、自衛隊を軍事力とみなした場合、日本は世界5位のポジションを占めていることになります。これは、英・仏・韓を凌ぐ実力を有することなのです。

 集計にあたり同誌は、138ヶ国を調査対象として、国ごとに50以上の兵力関連データを収集した。兵士や兵器などの数から算出した純粋な軍事力に加え、経済力や地理的要因なども評価対象になっている。これらを独自の数式を用いて処理することにより、「軍事力指数」を導き出した。

でも、この兵力関連データーの誤りが1つあります。核兵器の有無を評価項目に入れてない点。つまり、ナイフや日本刀を沢山持っているから強いよねって意味。。。でも、100本の日本刀より、1丁の自動小銃の方が何倍も強いですヨ~。。。最後には、核保有の英仏の方が勝つに決まっているでしょ? 本気で戦えば、日本は殲滅されます。

コメントは受け付けていません。