岸田短命内閣まっしぐら

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現 岸田政権が大移民政策へ!永住や家族帯同も可能な「特定技能2号」を大拡大!衆院選で国民に問わず (deliciousicecoffee.jp)

衆議院選挙の時に、ぶち上げてたら、総裁選でも負けてたね。チョット卑怯じゃないかな岸田君。本気なのかな?

岸田政権が大移民政策へ!永住や家族帯同も可能な「特定技能2号」を大拡大! 「特定技能2号」とは、【永住や家族帯同も可能な外国人労働者】のことだ! 【永住や家族帯同も可能な外国人の受け入れを大拡大する】ということは、【移民受け入れ大拡大】以外の何ものでもない!

【移民反対】ドイツ「この国は終わりだ」 難民政策の誤りを認めたメルケルに激怒の声が殺到 | 小坪しんやのHP〜行橋市議会議員 (samurai20.jp)

ドイツでは、多くの福祉予算が難民に支出され、安価な労働力として国内の雇用は喪失。国民の不満は爆発した。のみならず治安は悪化。ドイツ女性への性被害も多発、中には数百人規模の事件も発生大晦日には、「ケルン大晦日集団性暴行事件」が発生しており、難民を主体とした約1000名による女性に対する集団強盗・性的暴行(強姦を含む)事件も発生した。

結果、ドイツでは「難民を排斥せよ!」という政党が躍進。理想のみを掲げた与党は、敗北必至という状況になる。ここにきて、ついにメルケル首相は「間違っていた」と述べたのだ。問題はドイツのみに留まらない。EU間において、難民は「大きな負債」として処理できぬ社会的コストと化しており、税のバランス・治安の問題はヨーロッパ全土に広がっている。

町長あいさつ|大泉町 (town.oizumi.gunma.jp)

人口41,700人の町の村山俊明町長は、「共生社会の充実」を掲げており、群馬県邑楽郡大泉町は、日本で最も外国人の人口比率(18.7%)が高い町。人口の約2割を占めるブラジル人やペルー人約7,800人。

生活保護受給者が25%に達する町であり、その受給者の1/4が外国人で、町の福祉財政を大きく圧迫している。町は治安が悪く、住民とのもめごとで警察騒ぎになることも度々で、ゴミ収集のルールを守らず、何時でも、どこでも、何でも捨てるから、街が汚く不衛生で危険。また、外国人は特に税金の滞納が多く、出国した場合はすべて不納欠損となる。

まさに大泉町は日本の未来図のようです。安い労働力の不足解消を狙う経済界の要求通り、「特定技能2号」を拡大して、移民大国へ真っしぐらな岸田内閣とありますが、これを本気でやるなら、来年夏の参議院選挙での勝利は程遠いですよ。幹事長や外務大臣の人事を見ても、やっぱり短命内閣になるのかな~

岸田短命内閣まっしぐら” への1件のコメント

  1. ねるけーのさん,先日はどうもありがとうございました. 

    さて,岸田総理ですが・・・.
    「人の話をよく聞く」だけ聞くとよさげですが,これって実は,

    「自分の意見を持てない」

    ことの裏返しでもあります.
    こういう人には,甘事を言ってすり寄り「我田引水」をするハゲタカがたかってくるものです.そういう人の裏が読めず,全て「はいはい,分かった,それやっていいよ・・・」となっているのでしょう.残念ですが,絵に描いたような,

    「いい人だけども,芯がない人」

    です.広島県民としては,残念至極ですが,こういう人にトップを任せていると組織は間違いなくぐちゃぐちゃになります.
    我々は,「人の話を聞くトップ」が欲しいのではありません.無論,「人の話を聞かないトップ」も困ったものですが,本当に欲しいのは,

    「人に聞かせる話を持っている人」

    なんですよね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です