まともな国会議員が少なすぎる!

>「家という単位のアイデンティティを継続してきた」ことが、日本の強さの源泉なのです。夫婦同姓を崩すということは、この「家の継続性」を破壊することにつながります。

その通りなんですが、会議の発言の意図的な切り取りで、東京五輪組織委員会会長の森さんを辞任に追い込んだり、丸川大臣を責めたりする野党の行為は、思想信条や言論の自由を制限する言論統制に近いものだというマスコミの論調が、産経以外は全く見られません。

やっぱり、マスゴミと言うべきなんでしょうね。

また、知恵遅れの自民党国会議員が、夫婦別姓推進団体を作って、何か叫んでいるようですが、「お前ら、もうちょっと勉強せいヨ」と言えるまともな先輩議員はおらんのかと思い、情けなさで涙がこぼれそうです。

さて、選挙も終わりましたので、今度は、一般市民になった私のショウも無い自己分析を、出来るだけ事実に基づいてやってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です