年々増える借金?

政府の長期債務残高1970年~2023年  

政府の長期債務残高 1970~2030年 ↑

PB(プライマリーバランス)とは収入額と支出額をそろえる事

東大法学部の財政の素人達は「国の借金を返さなければ日本経済は破綻する」と、経済学ではありえないPB(財政の均衡)を打ち出した。

しかし、明治政府以来、一度も収支バランスが取れた事は無い。

左表のように、常に収入より支出が多く、1970年から2023年までの政府債務は、 右肩上がりの増加を続けている。

債務残高とは貨幣発行した記録に過ぎず、年々の増加は国民の純資産が増えているという事。

政府は国家予算の為に国債を発行、日銀は国債と引き換えに日銀券(円)を発行。   政府は何も無い処から金を生める。

財務省は「外国格付け会社」に「日米等の自国通貨建て国債の破綻は考えられない」と意見書を出している。

財務省は国民を意図的に騙しているという証拠である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です