報道がおかしい

東京都4051人感染 小池知事「感染は止める。社会は止めない。大谷の二刀流で…」 : スポーツ報知 (hochi.news)

緑の狸

 東京都は14日、新たに4051人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。一日の感染者が4000人を超えるのは昨年8月27日以来。13日の3124人と比較して900人以上増加しており、急激な感染拡大となっている。(中略)

また、新型コロナ対策のキーワードとして「感染は止める。社会は止めない」という言葉を示し、「大谷の二刀流ではありませんが、ふたつとも行うというのは至極大変なことです。お一人お一人今できることをやり遂げていただく。ご自身や大切な人、社会を守る。強敵オミクロンに対して皆でうち勝って行きたい」と呼びかけた。

そして

パックン、感染大爆発の米国では「毒性の低いオミクロン株に感染した方が早く集団免疫に到達という考えも」 (msn.com)

タレントのパックン

今月10日の新規感染者数が140万人超。入院患者が11日現在で14万5982人を数える米国の爆発的な感染状況を紹介。 コメンテーターでタレント・パックン(パトリック・ハーラン)は「ワシントン州立大学の試算によると、この数字は検査を受けて発覚した人数であって、見えない感染者数はこの数倍いて、ピーク時には1日600万人を超えているんじゃないかと」と続けると、

「恐らくワクチン接種している方も含めて、いずれみんながなるんじゃないかと。ですから毒性の低いこのオミクロン株に感染した方がむしろ早く集団免疫に到達して、国のためになるかも知れません。アメリカの場合ですよ」と私見を述べていた。

さて、あなたはどっち派ですか? 私はパックン派ですね。罹れば、もうワクチン無しで過ごせます。オミクロンの死者は、基礎疾患が4つ以上もある80才以上の高齢者が多く、その80~90%は施設や病院で過ごしている方々です。

しかも、自然死に近い方も最後の診断でオミクロン株が出たら「オミクロン株で亡くなった方」の数に入ります。国は何故そこまでして、国民に恐怖心を植え付けたいのでしょうか? 私には到底理解できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です