ちょっと今日は多忙です

とおるさん。今日の19時に廿日市市民活動センターでお待ちしています。

こなさん、相変わらずの切れ味ですが、見えない相手への文章って、結構難しいですよね。そろそろ一杯やりますか?

Joeさんへ

メールで、>「無知に浅知恵、はてはデマまで。日本学術会議会員任命拒否問題が露呈させた与党自民党政治家の低劣ぶり」by GEISTE に反論できますか?

野党は、「任命権は形式的なもの」といいますが、平成17年9月に、シナの科学技術協会と協力促進の覚書を交わしたことで、自民党政権の方針が変わっていったのだと思います。日本では一切の軍事研究は行わないとしながら、学術研究の軍事転用を進めるシナと学術協力をする日本学術会議の、もろダブスタを指摘しない方がおかしいのです。

任命が形式的なモノなら、「時の政府でも、使途の口出しができない10億円以上の税金」が存在して良いのかという事です。それは国民にとって大きな問題ではありませんか?

朝日は、「臨床法学教育学会理事会は、今回の任命拒否について、日本学術会議法第7条2項に違反する行為だ」と。この条文は、「会員は第17条の規定(日本学術会議が、優れた研究または業績がある科学者から会員候補を選考し、首相に推薦する)による推薦に基づいて、内閣総理大臣が任命する」というものです。

日本学術会議法第一条2項には、「日本学術会議は、内閣総理大臣の所轄とする」とあり、これで会員は「特別公務員」となります。所轄とは、「ある範囲を担当、管理または支配する事」ですから、6年任期の特別公務員職にさせるか否かは、この日本学術会議の管理責任を有する内閣総理大臣の判断次第という事です。異論をはさむ余地は1㎜もありません。

公務員試験に落ちたからといって、「落とした理由を言え!」なんて叫ぶ馬鹿が居ますか? あぁ、居たのか。バカばかりなんだな夜盗は【笑】

憲法第15条1項、「公務員を選定し、及びこれを罷免する事は、国民固有の権利である」。自民党が先の選挙でも大勝し、その政権のトップである総理大臣は、国民の負託を得て仕事をしています。その負託を受けた総理が、彼ら6人を選定しなかった事は、大多数の国民の意思であると言えます。

野党やマスゴミの阿保どもは、その6人を雇いたかったら、まず選挙に勝って政権を取れよ。それが最優先課題だと思うけどね。まあ、今のままじゃ100年経っても無理だろうけど。 Joeさん、これがご返答です。

GEISTE 「ハーバービジネス・オンライン」とかいう上から目線の論説文ですが、書き手の氏名も何もないものです。他のモノも少し読みましたが、かなり偏ったイデオロギーの集団のようですね。シナの「千人計画」を擁護するようでは話になりません。私は、自国の安全保障を語れない相手と議論するほど暇ではありませんから。

杉田さんも菅さんも頑張れ!

皆さんには言うまでもないと事でしょうが、杉田水脈氏の「女性はいくらでも嘘をつける」という言葉は、マスゴミの悪質な切り取り報道です。弁明の必要などありません。

杉田さんは、結成以来何の成果も出せない国連という世界一無駄な組織で、単身、クラマスワミなどと言う嘘吐きババアを糾弾するなど、数々の成果を上げている素晴らしい女性です。

「10才で慰安婦にされたなど、明らかな嘘だと客観的に証明できる嘘をついた女性たちについて、”こうした女性たちはいくらでも嘘をつける」という、自民党政調部会内での発言内容を、出席したチンピラ官僚から入手したんだろうけど。それより、部外秘の会合の内容を暴露した人間を特定しろよ。すぐ分るはずだよ。議事録書いている奴らか、それを確認する立場の役人なんだから。

日本学術会議の6人についても、騒ぐほどの事案ではないですよ。どんな人事案件でも、どの団体から推薦を受けようが、最終的に決めるのは国会です。総理は、その人事案件が手続き上、正しいか、議会で何事も無く承認されるかの2つに気を配るだけです。

団体から推薦を受けた時点で、相応しいとは思えない人事案だったので、総理は任命を拒否しただけ。人事案件は、人権に関わる問題でもある為、基本的に討論出来ません。質疑と採決があるだけです。従って、何故、推薦者が拒否されたかという事由などは、公である国会内では、絶対に議事録に残せないのです。例え、6人とも反日学者だからと言ってもね。

とおるさんへ

>近日発行予定・議会報告「お元気ですか?第51号」の入手方法について

とおるさん、関心を持って頂き有難うございます。51号は、朝早くに自分の町内から始めて、既に1000部近くは配っております。とおるさんがどこにお住まいか分かりませんが、9月6日の憲法研修会に参加されたようですから、最短の入手法は、10月10日土18時から住吉2丁目の廿日市市民活動センター2階で行う「日本会議広島廿日市支部定例会」だと思います。

18時から19時まで会議をして、その後は必ず「飲みにケーション」での濃い討論などがありますので、それを目当てに来るメンバーもいます。是非、ご参加下さい。お待ちしています。

議会報告はいつも6000部印刷しておりますが、私の選挙地盤である廿日市小学校区以外には、佐方・平良・串戸くらいに、パラパラとまく程度です。見てもらえば理解してもらえると思いますが、内容はけっこう過激で票目当てや人気取りではないので、それ以上遠くに配布しても時間の無駄ですから。

財政のお話になってしまいました

>これに異論を唱える廿日市市民が行政を訴えたら、行政は負けるかもしれない」は、税の公平性が保たれないという理由からです。10年以上、同じ条件で税負担している廿日市市民が市域を移動する時に、島外の者は「税を取られ」、島内の者は「税を取られない」という不公平感が出ることは否定できませんから。

税に詳しい方には釈迦に説法ですが、地方税について少し書かせて頂きます。

令和2年度の廿日市市は、一般会計530憶円+特別会計約261.5憶円=合計791.5憶円の予算額です。市町村の地方税(自主財源)の大半は、固定資産税と市民税です。その地方税は、市の収入の約35%で、国からの地方交付税が約20%、他に地方譲与税などを約5%含めて一般財源(使い道を自主的に決められる財源)としています。

残りの約40%は主に使い道が決められた財源で、国庫支出金・県支出金・地方債(市の借金)・臨時財政対策債(赤字公債・将来負担の先送りの借金・地方財政悪化の元凶)などです。

昔は3割自治と言われたように、税の約7割を国が取って、財源不足の市町村へ再配分していましたが、大蔵省(財務省)は、国の財源不足を理由にして地方交付税を毎年10%以上減額してきました。そしてついに、2011年から、臨時の財政対策として、国と地方自治体で必要額を折半して、臨時財政対策債というものを出しました。それがもう20年も続いているのですから、既に臨時とは言えません【笑】

平成になっても廿日市市の財政は、それ程悪くはなかったのですが、平成15年と17年の2度の合併で、吉和・宮島という過疎地、佐伯と言う辺地、ハードソフト共に未成熟な大野と一緒になり、合併時のお約束(数々のハード事業)を、馬鹿正直に果たして、ついに財政難の市になりました。

実際、市町村と国の仕事量は6:4で、財源は逆の4:6なのですから、財源不足の自治体が生まれるのは当たり前のこと。財務省は、世代間の財政負担の公平を図れる建設国債(道路・橋梁・上下水道などの生活インフラを整備する予算)を、地方自治体に積極的に出すべきなのです。

また、日本は、「世界で最も成熟した社会主義国家」ですから、国民皆保健制度が当たり前のようにあります。税でも、日本以外の国では、地方都市の格差是正は、国全体の平均値を取って目標値としますが、日本だけは、より高い理想とする目標値を掲げて、全市町村の行政水準全体のかさ上げを図るため、「全国どこでも、同じ税負担で同じ行政サービスを受けられる」という、他国では考えられないほど基地外じみた事を、疑いも無く実施しようと頑張っています。

これが地方財政破綻の本当の理由なのですが、長くなりますので今日はここまで((笑))

議会は過半数取れなくては無力です

>財政悪化という割には無駄遣いが多く将来負担を進んで増やしているとしか思えませんが

これは、私の力不足だとしか言えません。議員をさせて頂いて21年間、行政には毎年様々な提案をしてきましたが、聞き入れられたのは2%くらいですかね。

水族館建設の説明時に、「県事業で行うべき規模だ。10万の市がやるべきではない」と言いましたが、賛成多数で。増床の件は、「アジアなどで爆発的な人気がある錦鯉の市が開かれるようなら・・」と意見しましたら、行政は、そのような事は何も考えていないと。 

宮島支所の建替えは、あまりに高額なので「規模縮小」を問いましたが、賛成多数。

おもてなしトイレは私の発案でしたが、一番の目的である「100円有料トイレ」の部分を、「有料では利用されない」などという愚かな理由で無料に。(今でも島内の女性トイレは長い列が続いていますよ) これで、年間1億円の収益が消し飛びました。

宮島口の渋滞問題は10年以上前、宮島口ロータリー側から、国道2号とJR線の上に高架道路をつくり、大野浦駅前の大型工場を移転させて、大型駐車場を確保して、宮島へはJRを使用する案を出しましたが、ほぼ無視。

アルカディアや吉和の公共施設は、民間に使途を任せて売却するように言いましたが、駄目でした。

廿日市の中央公民館建替えでは、「坪55万ほどの高価な土地(敷地790坪)だから、民間に15階以上のマンションを建設させて、等価交換で地上3階部分までは公民館施設にすれば、内装と設備費【約1億】で済む。市の施設面積もゼロとなる」と提案。市の担当者は乗り気でしたが、前市長の鶴の一声「角田に手柄を取らすな」と、7億5千万かけてRC造2階建てを建設。私がゴジラなら、真っ先に踏みつぶしたい恥ずべき建物となりました。まだまだ失敗談は沢山ありますが、今日はこのへんで【笑】

トランプ氏 感染

トランプ氏、武漢ウイルス感染。感染経路はおそらく判らないとされるだろうが、この微妙な時期の感染では、シナの関与は否定できない。なにせ、トイレから出ても、食事前にでも手を洗う習慣が無く、選挙運動の最中でもマスクもせず握手を繰り返している国民性。いつでも、どこでも、誰にでも感染させられる。

残り1か月の選挙戦、完治できるかどうか難しい処だが、10月末に完治した姿をマスコミに見せられたら、多くの隠れトランプ支持者が声を上げ始めて、トランプ氏は雪崩を打つような勝利を得るだろう。

アメリカ世論はバイデン有利ばかりだが、何でも賭け事にするイギリスでは、トランプ50%>バイデン41%で、現職が有利であった。この賭けは、前の大統領選挙でもトランプ有利としていたという。今回の武漢ウイルス感染で、これがどう動くか? アメリカ国内のマスゴミ情報を見るより、この英国の賭け屋の動きを見る方が正解かもしれない。

中秋の名月

とおるさん、気付かず失礼しました。6日の研修会は如何だったでしょうか? また、感想などを書き込んで下さい。

こなさん、「白人至上主義に関する公聴会」でのオーウエンズさんのマシンガントーク聴きました。しびれますね。

白人至上主義はアメリカの黒人にとって、重要な問題ではない。 リベラルは、大きな脅威だと見せかけて人を操りたいだけだ。 私は、何のデーターも出せないリベラルを笑ったのだ。 アメリカの黒人問題の第一は「父親の不在」。第二は「教育システムと識字率」。また、不法難民や人口中絶などの問題があり、白人至上主義は、黒人問題のトップ100にも入らない。

どこの国でも、リベラルと呼ばれる人々の、性根の無さと知識の乏しさには嫌気がさします。また、この程度の人達に操られる国民の民度の低さにも。 平時なら宮沢・福田のような首相でも何とかなるでしょう。しかし、アメリカ大統領選挙後の国際情勢は、経済を含めて、未だかってないほど厳しいものになると思います。 トランプ氏が勝てるとは思いますが、もし、そうでなければ、日本は大変なことになります。 

日本の与党政治家の頭の中には、国益という言葉が存在しているのでしょうか? 菅さんは知りませんが、私のような者が数えただけでも、両手くらいの数しか国士は居ないのです。日本が本当に心配です。

「日本では毎日、約3000人が亡くなっている」。これは大事な視点ですね。私も勿論、「武漢ウイルスが大したものではない」とは言えません。米国やブラジル、印度など、とんでもない数の死者が出ている国がある訳ですから。

でも、このコロナ騒ぎは、地球温暖化のカラ騒ぎと同じように、何か作為的なものが隠されているような気がしています。各国から、「ワクチンが出来たぞ~」と、国益を賭けた大騒ぎになった頃に、誰が最も得をするのかで分かると思います。

日本が最も急ぐべきは経済再生です。GO-TOだろうが何だろうが、少しでも早く世の中に、人と金を廻す事。馬鹿なマスゴミの発表する死者や感染者の数に、一喜一憂してどうするのですか? 情弱でゴシップ大好きの有閑マダムが喜んで見る、あんな低俗番組なんか見るのを止めて、「正しく恐れて、正しく行動する」だけで良いのです。

PCR検査をして陰性が出ても、直後に感染したら同じ事。PCR検査信仰者が安心しようと思えば、毎日、1億2000万人が、朝起きたら一斉に検査しなくてはなりません。地球温暖化と同じ理屈になりそうですな。

今夜は中秋の名月です。幸い夜空も綺麗に見えるようですから、満月を眺めながら国酒で杯を満たし、改めて女房を口説くのも一興かと【笑】

久々の更新です

9月議会が終り、脱力感で心身ともに腐敗が進行中です【笑】 

宮島の入島税。 市長は、「日本で初めてのものとなる」と無邪気にハシャイでましたが、議会への説明や議会での勉強会で、大体の事がつかめたので、今回の議会報告「お元気ですか?第51号」の内容としてお知らせしたいと思います。

最初に申し上げておきますが、私は入島税などの新たな財源確保には賛成の立場です。

宮島について。人口2,000人の宮島町と平成11年に合併。合併時の職員数は、当時の人口12,000人の佐伯町とほぼ同数。宮島競艇の利益に依存した財政体質はなかなか改まらず、廿日市市との合併の頃には職員給与も払えなくて、宮島水族館の基金を抜いていたという酷い状況でした。

当時の宮島の観光客数は、年間250万人ほど。廿日市市は、それを460万人まで引き上げてきました。それは、観光事業の伸びに、税収増を期待していたからです。しかし、観光事業は派手でお金が掛かることばかりが多く、大型事業などを除いた上でも、宮島へ毎年支出する金額12億円-税収9億円=毎年の赤字3億円。

ゼニを増やす事を知らんモンが、行政経営なんて言葉を使っちゃアカンで。ホンマ

そこで、以前お話した、年間収益1億円以上の「百円有料トイレ」を提案しましたが、さすが!行政経験者! 今でも土日祭日に列をなすトイレ事情を無視して、「有料では利用してもらえない」と、収益1億円をトイレに流しました。

難しい話をしても読んでもらえないので、税の詳細説明はカットします。

今、行政がやろうとしている入島税は、宮島来島者に対する訪問税に変身しました。 宮島在住者には納税義務が無く、島内への勤労者にも配慮があります。しかし、島外からの訪問者は、廿日市市民であっても、納税義務があるというものです。 

税の専門家である神奈川大の青木教授は、「もし、これに異論を唱える廿日市市民が裁判を起こせば、行政は負けるかもしれない」と明言されました。 そうなると、国の認可はおりません。

市民に対し説明責任がある議会が、「市民が裁判をおこせば負けるかもしれない案件」に、慎重な審議を求めるのは当たり前のことです。そこで、この税の「調査特別委員会設置」の発議を、山田議員が提出しましたが、賛否同数13対13で議長採決となり、最終的に否決されました。

議員は市民の代弁者であるべきですが、反対した議員さん達は「市民ではなく、市長の代弁者」のようです。今回の反対者も、コロナ禍での市助成金に反対した人達とほぼ同じです。以下、反対者13名の氏名を公表します。【敬称略】 ご不信でしたら、各議員に直接、お確かめください。

小泉敏信・仁井田和之・新田茂美・井上佐智子・岡本敏博・有田一彦・北野久美・中島康二・山口三成・枇杷木正伸・堀田憲幸・細田勝枝・隅田仁美

9月議会が始まります

>「マスコミの印象操作に、世論というものはいかに弱いか」

これまでのオールドメディアと呼ばれる「新聞、TV、週刊誌」が如何に世論を作って、情報弱者を「我が望む方向」に誘導してきたかということでしょう。火の無いところへも適時煙が出せる人達でしたけど、江戸時代なら、付け火は市中引き回しの上、獄門さらし首に決まってました。河合疑獄が終わったら、検察庁もそろそろこのダニどもを、さらし首にして欲しいです。ファブリーズくらいじゃ死なんから。

さて、危険な台風が接近しています。この度の9月議会では①防災について、②ソーラーパネルについて、③引きこもりと不登校についての3点質問します。特に防災については、「コロナ以前でも、避難所には住民の2割くらいしか入れなかった」という事実。コロナ禍では防疫のために、避難者が適切な距離をとる必要があり、これまでの半分以下の収容人数になるのです。

つまり、避難住民の9割以上は避難所に収容できない。じゃあ、その住民はどうすれば良いのか?宮島などへ観光に来ていた「名簿のない人々」をどうするのか・・・今までの、「避難所での対応を・・・」なんて議論は吹っ飛びます。事実、今年7月の球磨川氾濫の避難所では、避難者が避難所へ入れず、急遽、避難所を拡大したと報道されてます。それでも、ほとんどの人々は、停電・断水した自宅や、車中避難しかなかった。

国はようやくそれに気づき、「遠くの親戚やホテルなどの避難も考えてください」と言い始めています。では、個別に避難している人達の情報をどうやって集めるのか。その人達への水・食料・医薬品などの援助は出来るのか? 

今回の質問の趣旨は、「金太郎あめのような、具体性の乏しい全国一律の御託を並べても意味はない。これからは、色々な災害において、市が市民に出来ることと出来ないことを明確にする必要があると思うが?」と言う処です。

ソーラーパネルは、何故か全国で事故例が多発しているにも関わらずマスコミ報道が極端に少ない。これはすっから菅民主党政権とソフトバンクの孫が仕組んだFIT(固定価格買取制度)を、マスごみが忖度しているのでは?・・・何て質問はしません【笑】。むしろ、三番目の「引きこもりと不登校」が一番面白いかも。12月議会には、満を持して「平和教育」について質問する予定です。久々の、教育長との一騎打ちですね。

一般質問の日時は、9月10日(木)の2番目ですから、おそらく10時10~20分くらいに始まるのではと思います。

旧社会党(立件民主党)の党代表を決める選挙が行われるようです。自民党には地方の声を無視するのか!と言いながら、自分たちには、地方議員や在日朝鮮パートナーの票を無視するのか!と誰も言いません。支持率3%ではマスごみも書きようがないんでしょうな。