選挙戦最終日です

若者よ。選挙に行くな!っていう動画です。https://youtu.be/GLbc9in9zeY

 7月17日の産経朝刊「ここが変だよ、日本の・・・」 概略文

「選挙カーがうるさい?」って、記事がありました。

存在自体が税金の無駄

外国人ビックリ、「日本人は人の迷惑を気にする人が多いのに、選挙になるとわめきたてる車が走り回っている」。でも、走行中の選挙カーで、日本の候補者達が名前を連呼するのには理由がある。

公職選挙法は、選挙カーで選挙運動することは原則禁止で、例外として「選挙運動のための連呼行為をする事 ・停止した自動車の上において選挙運動のためだけの演説をする事」しか許されない。

欧米では候補者の支持者が有権者の自宅を訪ねる「戸別訪問」も認められるが、日本は禁止。

大正14年、財産による選挙権制限を撤廃する普通選挙法が成立。

25歳以上の男性全員が選挙権を持つようになったが、拡大した有権者を、候補者がお金で買収することなどを防ぐ目的で、選挙の規制も盛り込まれた。資金力がない人でも立候補できるように、様々な制限が設けられたといえる。

 選挙運動に関する規制が少ないアメリカでは、戸別訪問も含めて自由度の高い選挙を展開するためには、資金力がなければ当選は難しいのが現実。【終わり】 

 成程、自分の選挙だけでも6回、市議会議員の前からだと、国会議員・県知事・県議会議員など30回程は経験させて頂いた私でも、選挙カーについての疑問はありました。でも、そうなんですね。

選挙は、「地盤・看板・カバン」と言われますが、新人に「看板」はありません。「地盤」は、若い頃からの地元貢献等が力になるのですから、個人差があって結構。

しかし、カバン(資金力)の差で負ける事があっては、「機会の平等」に反しますからね。

また、「選挙は二期目が危ない」と言われるのは、有権者に「一期目」の仕事が見えないためです。

ですから、議員になって最初の議会から市政報告会を行い、簡単でも良いから私のような「市政報告(お元気ですか?)」を、自分の「地盤」に出し続ける事。

議員に出るつもりなら最初から、この程度の覚悟は必要です。

何のために議員に出るのか?「地域をより良くするため」。具体的には?私の場合、「この地域は駅前・駅周辺の開発と、防災を最優先課題とする」。

この程度はすぐに答えられなければ、その立候補者は失格です。「当選してから考えます」という答えなら、税金の無駄。顔を洗って出直してこいというべきですね。

何度も言っていますが、議員になる事は「手段」であり、「目的」ではないのです。

政治家は、具体的な目的達成のために日々努力し、行政とバトルしてでも、「結果」を求めるのです。政治家は所詮、「結果」を出さなくては、存在価値はありません。美辞麗句を並べれば当選出来る共産党ではないのですから。

でも、個人的に言って、特定の時間に特定の場所で、笑顔で「手を振る」行為は嫌いです。確実に票が増えるのは確かですが、その票数には実力が伴いません。そんな処に時間と気を使うより、その時間を勉強に充てろと言いたいですね。そのうち、背中に「看板」が見えてきますよ。その重圧で肩こりが大変な方もいらっしゃいますが。【笑い】

年齢別投票者数です。~30代が100%投票に行っても、50代以上が50%行った方が、票数は多い。

今日は、政治家を目指す方には、相当参考になる事を書きました。

でも、選挙で勝つには、事前の後援会活動として、支持者を広げるための「戸別訪問」をするのが基本中の基本。とにかく、多くの方とふれあい、色々な話をすること。そこで地域の新たな課題や、社会の変革の兆しを感じ取る事も出来ます。

「若者よ。選挙に行くな!」っていう動画。

日本の政治は、まだまだ、高齢の情報弱者が握っているのですから。

 

 

先日のヤジの判例資料の件

先日の資料が見えにくいので、改めて検索できるように掲示しておきます。 

「日本第一党 中村かずひろ氏の資料より」

選挙の自由妨害罪の資料が見つかりました。 大阪高等裁判所 公職選挙法違反 昭和29年11月29日

 「一般聴衆がその演説内容を聴き取り難くなるほど執拗に自らも弥次発言或は質問等をなし一時演説を中止するの止むなきに至らしめるが如きは公職選挙法第二百二十五条第二号に該当する」

http://www.k-nakamura.net/posts/news192.html

 

本当に残念です

京都アニメーションの火災では、亡くなられた方々や被災された方々に、心からのお見舞いとご冥福をお祈り申し上げます。

 昨日のニュースから、建物の平面図を見た瞬間に「これは違反建築じゃ!」と叫んでしまいました。

 部屋の中央に、ラセン階段があります。鉄骨コンクリート3階建ての建物なら、各階を不燃のドアで仕切らなければなりません。一見、格好の良い螺旋階段では、それが出来ませんから、そこが煙突となって一気に3階まで炎と煙が上がったと思われます。

 スプリンクラーの設置が義務付けられる大きさではなかったですが、建築基準法に定められた工事内容ではなかったのです。

 螺旋階段さえなかったら、この建物の2・3階の多くの人は助かっていたでしょう。本当に残念です。

不当なヤジは犯罪です

ヤジの市民を道警が排除 安倍首相の街頭演説中 2019年7月16日 朝日新聞https://www.asahi.com/articles/ASM7J4DN3M7JIIPE027.html

ヤジ男

 安倍首相はJR札幌駅前で同日午後4時40分ごろ、選挙カーに登壇。自民党公認候補の応援演説を始めた直後、道路を隔てて約20メートル離れた位置にいた聴衆の男性1人が「安倍やめろ、帰れ」などと連呼し始めた。

これに対し、警備していた制服、私服の警官5、6人が男性を取り囲み、服や体をつかんで数十メートル後方へ移動させた。

また年金問題にふれた首相に対して「増税反対」と叫んだ女性1人も、警官5、6人に取り囲まれ、腕をつかまれて後方へ移動させられた。いずれのヤジでも、演説が中断することはなかった。現場では、多くの報道陣が取材していた。

 公選法は「選挙の自由妨害」の一つとして「演説妨害」を挙げる。選挙の「演説妨害」について、1948年の最高裁判決は「聴衆がこれを聞き取ることを不可能または困難ならしめるような所為」としている。

 松宮孝明・立命館大法科大学院教授(刑法)は「判例上、演説妨害といえるのは、その場で暴れて注目を集めたり、街宣車で大音響を立てたりする行為で、雑踏のなかの誰かが肉声でヤジを飛ばす行為は含まれない」と話す。むしろ連れ去った警察官の行為について「刑法の特別公務員職権乱用罪にあたる可能性もある」と指摘。「警察の政治的中立を疑われても仕方がない」と話した。【終わり】 

民主党政権が地上から無くなりますように

2011年の蓮舫さんの街頭演説中に、大きなプラカードをかざした男性に詰め寄り、警官らと会場後方に押し込んで、プラカードで頭を殴られたと虚偽を訴え、無罪の人を逮捕し、3日間拘留させた民主党員がいたことは、チョウニチ新聞はスルーですか?

この2011年の逮捕拘留は、明らかに不当逮捕でした。完全に「刑法の特別公務員職権乱用罪にあたる可能性もある」のでは? 又一つ、朝日新聞の完璧なブーメランですね。 

公職選挙法 (選挙の自由妨害罪)第二百二十五条 選挙に関し、次の各号に掲げる行為をした者は、四年以下の懲役若しくは禁錮 又は百万円以下の罰金に処する。

一 選挙人、公職の候補者、公職の候補者となろうとする者、選挙運動者又は当選人に対し暴行若しくは威力を加え又はこれをかどわかしたとき。

二 交通若しくは集会の便を妨げ、演説を妨害し、又は文書図画を毀 棄し、その他偽計詐術等不正の方法をもつて選挙の自由を妨害したとき。 

上記のように、演説を妨害する行為は「選挙の自由妨害罪」に該当します。例え肉声であろうと、演説を妨害する目的でヤジを飛ばし、演説が聞き取りにくいと、その場の多くの人から指摘されたら公選法違反ですよ。【朝日からお金貰えるからって、適当に作文するんじゃないよ。極左御用達の松宮孝明教授!!】

← 昭和29年11月29日の判例をあげておきます。これ、徒党を組んだ民衆の肉声ヤジが有罪になった例ですよ。 

まあ、ヤジ程度でも「死ね。殺す」とか言えば、軽犯罪法や最近はやりの「ヘイトスピーチ」。悪質なら威力業務妨害罪の適用もあります。

「朝日を読むと馬鹿になる」っていう本を昔読んだことがあります。でも、あんな本は読みたくないでしょうから、少しは謙虚に反省して勉強して頂ければ有難いのですが、だめでしょうね。自分を振り返る素直さがあれば、もっと真面な記事が書けて、部数も伸びるのに。

 

スイスは素晴らしいとサヨ君も言ってた

>どこぞのお国が、例え内戦になったとしても、本邦は「内政干渉」は憲法九条によりできないことになっております。粛々と、「中立・不干渉」を宣言すれば良いのでは、ちょうど第二次対戦中のスイスのように。 

 日本は今まで、朝鮮半島に対して「異常な過干渉」でしたから、今回の見直しを期に、徹底した「不干渉」を貫けば良いかと。それだけで、親朝鮮のマスゴミや野党は、気が違ったように大騒ぎするでしょう。TV新聞オンリーの情弱者達も、少しはおかしさに気付くかも知れません。

 優遇されれば、感謝を持って相手を礼遇すべき。

 分別の無い子供への、理由なき優遇は、やはり、教育に良くありません。躾のためには厳しく対処すべきですが、他人の子供まで心配する事はありません。朝鮮半島には、シナという実家があるのですから、向かいの米という怖いオジサンと共に、教育再生をお願いするのがスジでしょう。

 他人の子供に、毎日理由も無く飴をあげていたら、何時しか、飴しかくれないのか?となり、焼肉食わせろ。ゲーム機を買え。金よこせとなる。日本は、本当に反省しなくてはいけませんね。 

>そういえば、先の大戦中のスイスは、連合国側の航空機も同盟国側の航空機も、領空侵犯した際には区別なしに撃墜したそうですねえ。 

 これは知りませんでした。でも、そうでしょうね。永世中立国っていうのは、防衛上どの国の助けも干渉も拒絶することですから。

 スイスのように、皆兵制度のもと、全国民が有事には防衛に従事すれば、国全体がハリネズミ状態ですから、他国は攻撃できません。

 ですから国際的信用度が圧倒的に高く、世界中の富豪のお金がスイス銀行に集まり、金融の一大拠点となっているわけです。シナ得意の策謀も、全員が同じ思いの兵士なら通用しません。

 各家庭が普通に自動小銃を所持し、対戦車砲や携帯の熱感知対空ミサイルを常備する官庁や病院があり、家庭の98%は核シェルターを設置、スーパーや駅など、人が多く集まる処には、地下に1000人~3000人規模の大型の核シェルターが設けられ、飲料水食料の備蓄は最低でも半年以上と聞いています。

 アメリカのように学校などで銃乱射事件もありません。速攻で、兵士並の教職員に反撃されますから。

日本がこうなれば、どこの国とも安全保障条約は不要ですね.共産党も左翼も、存在価値が無くなるけど【大笑い】

 いらんことですが、1:48AM投稿はいけませんよ。

人間の生活は、日の出に起きて、日の入りに寝る!です。でもまあ、日の入り時間は、色々とその人の都合もありますけど、基本、その日のうちに寝んと、体に堪えます。私の歳になったらわかりますよ。 

ちなみに私の夏の毎日は、朝5時前に起きて、かなり長い散歩をして、(今は、市政報告を毎日1時間程度配ってます)ほぼ汗だくでシャワーを浴び、半パンでパソコン検索。新聞見ながらの朝食をとり、ジュンテンドーで買って2年前に植えたレモンの木、50円の見切り品だった白ゴーヤ2本、1本だけ残ったキュウリと、正体不明の南米のピーナッツの水やりと、メダカの餌やりが終わって7時頃という毎日です。

 まあ、体力は現状維持できれば良しという事で、毎日5000歩がノルマになってます。

 昨日ようやくカープが勝ったので、今朝は街の空気も爽やかでした。

 

 

真っ当な政党が欲しい

>二国間の条約を平気で踏みにじった国が、WHOに提訴して国際法的に訴えるなど、いったい何を考えているのか!と言いたいですね。

>彼らにとっては,日本が韓国をホワイト国に指定しているということは,あたかも冊封体制下における「下位の国」が「上位の国」に貢物を差し出すというのと同じ感覚で,それこそ快感に浸っていたのでしょう.

>周りが自分に合わせろ、という感覚を、韓国は政府や国民総じて持っているところが、すごい。 

 あの訳の判らないプライド満杯の特権意識は、どこから来るのでしょうか? 私には理解できません。

 約束事を平気で踏みにじり、保身のためなら、嘘もデッチ上げも厭わない。これを個人間ではなく国家間でも普通に行う厚顔無恥な人々。

 日本が甘やかしすぎたツケが来たというべきでしょう。欧米の各国は、韓国を「ホワイト国」などに認定していないのですから。

 「WTO提訴」大歓迎。韓国が、如何に国際的信用が無いかを証明されるだけです。

日本の政治家も、いい加減に真っ当な歴史を学んで頂きたいです。

朝鮮人の、根拠のない一方的な口撃に怯み、つい頭を下げてしまうのは、自分が本当の歴史を学んでいないからです。

今まで日本が朝鮮半島に、まるで馬鹿みたいに尽くしてきた歴史を知っていれば、その場ですぐに切り返せるはず。

何度も言っていますが、「嘘も100回言えば真実になる」という、大人の人間として最も恥ずかしい事を、平気で出来るのが今の朝鮮人です。

これがヘイトスピーチなら「日本死ね」が、流行語大賞にノミネートされた時に、日本の全放送局の在日幹部を、ヘイトスピーチで訴えるべきでした。

 日本人は外国人の事を、「同じ人間なんだから、話せば判るはず」だと、無邪気に思っていますが、そんな事は絶対にあり得ない。特亜三国は、日本の人の良い平和ボケ左巻き達を、真のバカ者とせせら笑っています。

 今度の8月6日の平和ミーティング「日本の生き残りをかける!」では、ロシアにクリミア侵攻されたウクライナ留学生のお話もあるようです。しっかり、その体験談を聞きたいと思います。

 自国の防衛を蔑ろにした国は、例外なく自滅するのです。

 自分達の子や孫の未来のために、この参議院選挙は大きな分岐点となります。

私は一応自民党員ではありますが、今の自民党の体たらくでは、積極的な自民党支持とは言い難い。

最終的には、消去法を取るしかないから自民党候補を支持していますが、まともな国会議員なら、国の専権事項である「国防と外交」を優位にするため、積極的な憲法改正論者であるのが当然のはず。

何故、自民党より真っ当な保守の政党が出来ないのか。国を支え守る真の政党が欲しいです。

棄権はしたくないけど、選ぶ議員がいない。そして、選ぶべき政党が無い。

今朝がた、参議院議員候補の街宣車の段取りをして、日本にとって本当に大事な候補が誰なのかを考えもしない烏合の衆に怒りを禁じえず、また駄文を書いてしまいました。

 

 

生き方は自分が決めた

>「本当なら,もう少し計画通り上手く生きてこられたらよかったのに・・・」って,多くの人が思っているんじゃないかと思います. 

 お互い、計画通り上手く生きる人生を選んでないじゃないですか【笑い】

もっと別の賢い選択があったのに、私は、ある意味、ヤクザ以下の世界へ首を突っ込んでしまいました。でも、後悔はしていません。楽しいから。

「住めば都」と言う意味ではなく、自分は45歳で再び命を頂いた人間ですから、「現状に満足したら終わり」という自らを突き放した生き方の中で、自らの変化を楽しめる世界が、自分に合っていると思っています。

同じ世界の住人でも、全く違う人は沢山いますが、基本的には気になりません。私とは目的が違うのですから。

 人生には偶然はありませんよ。全て必然だと思っています。 

>今回の件、外務省と経産省は反対したそうですが、甘いこと言わず、二度と韓国が歴史問題を蒸し返せないくらい徹底的にやってほしいですね。

>彼らにとっては,日本が韓国をホワイト国に指定しているということは,あたかも冊封体制下における「下位の国」が「上位の国」に貢物を差し出すというのと同じ感覚で,それこそ快感に浸っていたのでしょう. 

 「米国はCIA(中央情報局)を中心に、北朝鮮やイランに流れた戦略物資について徹底的に洗った結果、韓国の存在が浮上した」と言われています。

 今回のホワイト国優遇の見直しは、トランプ大統領が、韓国に対して激怒し、韓国に戦略物資を輸出している日本に「安全保障上の措置」を取るよう圧力をかけたというのが本筋でしょう。このまま、米国が韓国に、『米韓同盟破棄』や『テロ支援国家指定』を実施する可能性もあります。

また、日本の経済産業省は、安全保障貿易管理の申請手続きについて、韓国を北朝鮮やイランより危険であると判断しました。 https://www.meti.go.jp/policy/anpo/apply08.html

各国を、安全側から、「い・ろ・は・に・ほ・へ・と・ち・り」に分類して、「ち」がソマリア・イラン・イラク・北朝鮮など。最低ランクの「り」が韓国一国のみです。

 日本における国際的信用ランクが、世界最低になった韓国を、もはや助ける義務はありません。

 

軍事クーデター

*輸出規制「問題ない」日本、WTOで韓国に反論 2019/7/10 8:27 概略文https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47169450Q9A710C1MM0000/

【ロンドン=佐竹実】韓国政府は9日、ジュネーブで開いた世界貿易機関(WTO)理事会で、日本政府による半導体材料の対韓輸出規制を批判し、撤回を求めた。日本側は「WTOのルール上、全く問題ない」と反論した。韓国はWTOへの提訴も検討するが日本側は協議に応じない方針で、主張は平行線をたどっている。(中略)

理事会の場で、第三国からの発言はなかったというWTOは紛争処理小委員会(パネル)の設置前に、まず2国間協議で解決を模索するよう求めている。日本は提訴を前提にした韓国との協議には応じない構えだ。【終わり】 

 第三国の発言は無い。⇒第三国は韓国経済に興味なし。「二国間協議で解決しなさい」というWTOの結論。韓国はもう詰まってます。その上、今朝の産経一面の記事。 

*韓国企業がイラン、シリアへ不正輸出 (概略文)

大量破壊兵器関連物資。国際管理に抵触 2019.7.11 05:00

生物・化学兵器を含む大量破壊兵器製造に転用可能な物資をシリアやイランなど北朝鮮の友好国に不正輸出したとして、韓国政府が複数の韓国企業を行政処分していたことが10日、日本政府関係者への取材で分かった。

政府関係者によると不正輸出企業への行政処分の状況は、韓国で貿易管理を担当する産業通商資源省が作成した「戦略物資無許可輸出摘発現況」で判明した。

 文書には2016年1月から今年3月までの間に142件が処分対象となった事実が記載されている。

北朝鮮との友好関係にある国々への主な不正輸出では、化学兵器原料に転用できる「ジイソプロピルアミン」がパキスタンに、サリン原料の「フッ化ナトリウム」がイランに、生物兵器製造に転用可能な「生物安全キャビネット」がシリアに、致死性ガス原料の「シアン化ナトリウム」が赤道ギニアに-といった事例が明記されている。

パキスタンやイラン、シリアに生物化学兵器関連物資を不正に輸出する行為は国際的な貿易管理の枠組みである「オーストラリア・グループ」に触れ、加盟各国が不正流通を強く警戒している。

また、日本政府による規制の対象となった「フッ化水素(酸)」もアラブ首長国連邦に密輸されていた。

韓国政府は不正輸出について事案ごとに刑事事件の対象となったかどうかを含め,個別の企業名を公表してこなかったが、韓国国会議員の要求を受けて資料化されたという。【終わり】 

文政権の批判が相当に高くなっています。(文政権の支持率が異常に高いのは、北朝鮮を擁護する官邸やマスゴミのフェイクでしょう)

韓国国会議員の要求で資料化されたという今の流れで行くと、朴槿恵前大統領の自由韓国党主導による軍事クーデターが考えられます。

 しかし、経済復興のために、手のひらを反すような親日行動も取れないので、ジリ貧になるのは避けられません。ここまでの事態を放置していた文政権が一番悪いのですが、それを選んだのは韓国の国民です。その国民が、どういう判断を下すか?

 また、軍事クーデターは、シナ・北朝鮮・ロシアとも阻止したい処でしょうから、韓国に大激怒の米との間で、どういうパワーバランスになるのか?近隣の日本としては、素知らぬ顔は出来ない。

 集団的自衛権の発動が、あるかも知れませんね。

 

 

ホワイト国

>ある業種の企業の立ち入り作業の際、身分証明のために、本籍地証明をださなければならなくなりました。 

ほう、面白い情報ですね。おそらく、以下のような業種なんでしょう。

日本にスパイ防止法がない理由とは?スパイ防止法に反対する勢力は要観察! https://bilingual-news.com/spy/

2001年の同時多発テロが起きるまで、日本の原発は民間の警備員(もちろん武装なんてありません)が警戒するだけでした。同時多発テロの後、警備強化となり、原子力関連施設警戒隊が設置されます。こうしてようやく武装した警戒隊が配置されるようになるのです。

現状は民間警備ではないので、強行突破でリスクを犯してまで原発を狙ってくることは無いと思いますが、時間をかけて職員につけ込んでくることは大いに考えられます。

原発職員に限らず、新幹線、飛行機、電力会社、通信会社、なんでもいいんです。ちょっと整備をいじれば、または設定をいじれば大惨事になりかねない、そういったところで働く人は工作員が目をつけてきます。他人事ではまったくないのです。 

 ようやく日本も、韓国を「ホワイト国」から外しました。

日本からの輸入品を第三国に輸出する場合、軍事転用の危険は無いか、日本の国益に反する事は無いかなどの審査が必要なのですが、「ホワイト国」に認定されれば、お互いの信頼関係のもと、審査が不必要となる。

しかし韓国は、北朝鮮への瀬取りと言われる密輸出が明らかになり、日米の調査の結果、軍事転用される品目が、北朝鮮やイランに運ばれている可能性が高いと判断されたから、「ホワイト国」から除外したのです。

審査は、おおむね90日以上は掛ると言われますが、それは韓国の自業自得。友好国のインドもホワイト国の認定はしていません。これは経済制裁ではなく、単に、「韓国は輸出管理能力が十分でない」と、日本が判断しただけです。

 この「ホワイト国はずし」で、韓国への1100の輸出品目も審査が必要となります。特筆すべきは自動車関連部品や、造船関連部品で、ボロイ・ダサい・故障が多いというヒュンダイ車も、大規模合併を画策している韓国造船業界も、非常に大きな影響を受けます。

 韓国は、今まで日本経済の庇護の上に、調子に乗って、次々とシャープなどの家電メーカーの特許を盗み、中枢の従業員を引き抜き、我が世の春を謳歌してきたのですから、そろそろ「バチ」が当たっても良い頃ではないでしょうか。

ご存知のように、憲法を持っている国でスパイ防止法が無いのは、日本だけです。

 「スパイ防止法が難しいなら、産業スパイ防止法を急げ!」と言うのは、日本企業のトップがアホばかりだったからです。(いや、過去形ではなく今もそのようですが)

 国内企業の引き締めのためにも、産業スパイ防止法は直ぐにでも必要だと思います。

 

 

生き残るために

>戦後70年,自己判断で外交ができていなかった日本が,自分の意志で外交を始めた象徴的な出来事ではないかと思います.

>トランプ大統領のいいところは,「現状に対してフェアなところ」だと思います.

>変化は不安定化の兆しでもあります.しかし,リスクを意識しながらもなお前に進んで始めて,物事は発展するものでもあります. 

*まさに安倍外交の成果であったと思います。相変わらずマスゴミが頓珍漢な事を叫んでいますが、特亜3国支援員としては余程悔しいのか、正体見たり「朝日(チョウニチ)新聞」って処でしょう。

朝日新聞購読の皆さん、百害あって一利なしっていう新聞ですから、私のように産経などと見比べる人間以外は、買ってはいけません。

そうか、私のブログを見る方々が、金払ってまで見るわけないか。

*トランプ氏が凄いのは、一貫して「全米の民主党支持のマスゴミ達」を信用していない姿勢ですね。大国の総理が、記者会見などではなく「ツイッター」で、世界へ発信するなど、今まででは考えられなかった事。

 今まで、記者会見で新聞やTVに発表されるのは、日本と全く同じ手法で「マスゴミ」の都合の良い処だけの「切り取り記事」です。マスゴミは、常に自分達の思想信条に合致した都合の良いニュースしか流しません。ネットが無かった時代は、この「報道しない自由」で国民を洗脳してきたのですが、今はそれが通用しない。

 トランプ大統領はそれ以上です。マスゴミに発表する前に、自らツイッターでニュースソースを発信するのですから、マスゴミの面目は丸つぶれ。これではフェイクニュースの流しようがない。本当に凄い大統領です。

*何事(生活・仕事・未来など)も、「安定」のために必死になりますが、その「安定」が何時しか不満となり、「変化」を求める兆しとなります。これは、人間の「業(ごう)」でしょうが、これにより社会も発展してきたと言えます。

 進化論のダーウインの言葉に、「最後に生き残る者は、最も賢い者ではなく、最も強い者でもない。最後に残る者は、自ら変化できる者である」というものがあります。

 常に現状に満足せず、反省と後悔を繰り返す中で、歳も考えず、しゃにむに走り続ける事で、自分らしく生き残れる人生もあるんですよね。