父性の欠如

>人と戦うのが苦手なら,自然と戦うのですよ.

スポーツ中継の勝敗に思わず熱狂してしまうように,人は(こと人の父性は)そもそも戦う本能を宿しています.残念・・・と思うかもしれませんし,思わず武者震いするかもしれませんが,とにかく「その心(=父性=闘争心)」に気づき,受け入れることです.平和はただで手に入らない,というのは,要するにこういうことだと私は考えています. 

戦後日本人の病理は、「父性の欠如」にあり。非常に分かり易いです。

イギリスの植民地支配に、非暴力で戦ったインドのガンジー氏も、「もし、家族が暴漢に襲われたらどうするのか?」と問われると、「棒切れを持ってでも戦う」と答えたそうです。

日本のしょうもない変態左翼は、そのようなガンジー氏の思想信条を知らずに「無抵抗主義」の処だけを利用して、残念なサヨ君を多く生み出しています。

日本の学校の平和教育も然りで、戦争の悲惨さや恐ろしさを子供達に植え付けるだけが目的となり、国が平和を維持するためには何が必要かという視点が抜け落ちている事に気付きもしません。

世界中の人々が日本人のように、優しく気配りに富み、穏やかな人々ばかりなら、それでも何とか生きていけますが、「世界は腹黒い」人々で溢れているのです。

たった一回の敗戦で、ここまで徹底して洗脳された日本人を、戦前の健全な父性を保てる状態にまで戻すことは、確かに難しいと思いますが、戦後レジームからの脱却を目指すなら、「国防」というものを、しっかりしたスタンスで教育するしかありません。

これが本当の平和教育のはずなんですが、多くの人が理解するまでは、まだまだ時間が掛かると思いますね。

トルストイは、「誰もが世界を変えたいと思うが、誰も自分を変えようとしない」という言葉を残しました。私自身、たった1人の人の凝り固まった思い込みを変える事も出来ないのに、理想論ばかり書くのは確かに気恥ずかしく、筆が止まる思いもあります。

 

 

沖縄はウクライナのようになるのか

明日まで議会のため、書き込みができません。でも、大切なお話がありましたので掲載します。

保守の会会長 松山昭彦さんのブログより

「虎ノ門ニュース」(令和元年6月18日)、ウクライナ人留学生のナザレンコ・アンドリー氏が、ロシアに侵略される前のウクライナと日本の現状が全く同であるとして日本人に警鐘を鳴らした。

https://ameblo.jp/bonbori098/entry-12482897719.html

————————-

ナザレンコ・アンドリー:「ウクライナでは『防衛費はいらないから福祉に回せ』『核兵器は恐ろしい』『軍事同盟を結ぶと外国の戦争に巻き込まれるから絶対に中立がいい』ということをずっと言ってきて、ウクライナはその政策を採った結果、戦争になった。

私が2010年に日本に来て駅前で日本共産党が全く同じようなことを言っていたので、それを聞いて私は強い危機感を抱いた。つまりウクライナは日本共産党が言うようなことを維持した結果、戦争になったから、そういう主張は不変の戦争になるルールと言ってもいい。

平和はパラーバランスによって成り立っていることを忘れたら必ず攻められる。日本ではウクライナと同じ悲劇は起きてほしくない」。

居島一平:「ウクライナの親露派市長はウクライナ人のデモに『ロシアを刺激しないで』と言った。沖縄の玉城デニー知事は日本の尖閣周辺で中国船がパトロールしていたことに『中国船を刺激しないで』と同じようなことを言った。

また国連でウクライナのロシア活動家が『クリミアでロシア系が人種差別を受けている』と訴えていた。日本も国連で『沖縄は日本から人種差別を受けている』と訴えていた」

百田尚樹:「ウクライナのグレンコ・アンドリーさんが、ウクライナには他国民族がたくさんいて、ウクライナのことを『悪い国だ』と言う。

ところが『そんなに悪いならロシアに帰れ』と言っても彼らは絶対に帰らない。

そして『この国はひどい』と言うから、『そんなこと言うなら祖国に帰れ』と言うと『差別だ!』と言ってくる。日本の在日にそっくり」

ナザレンコ・アンドリー:「多くの日本人は国家が何のためにあるかわからない気がする。ある日本人は敵に攻められたら『抵抗しない方が害を受けない』と言っていたが、実はその人が日本語を話せて、福祉を受けられて、生きていることも日本という独立国家があるお陰なんです。

そもそも外国が日本に攻めてくるのは日本人を搾取したいから攻めてくるんです。だから害を受けないはずがない。

ある動画でおばちゃんが『自衛隊を街の中に入れないで』というボードを出していたが、ウクライナでは正反対なことが起きていて、おばちゃんが軍人の前で膝まづいて『お願い! この街を出ないで下さい。軍人がいなくなったら私達はどうなるかわからない』と泣きながらお願いしていた」

百田尚樹:「日本には知らない間に共産主義になっているおバカがたくさんいる。例えば『日本が戦争になったらどうしますか?』に対して『全く無抵抗です。抵抗しないで日本が滅んでも、日本という美しい国があったことでいいじゃないですか』というバカもいる。名前は森永卓郎というバカです。

或いは『僕は中国には謝って、謝って、謝り抜いて生きていく』というバカもいました。やくみつるというバカです。

日本にはそんなバカがゴロゴロいるんです。しかし仮に日本が中国に占領されたら日本人は生きていけない。住んでいる土地から出て行けと言われ、娘を勝手に連れて行かれたり、それに『何するんだ!』と日本語をしゃべっただけで死刑にされたり、そういうことが実際にあるんです。ウクライナがそうなっているんです。

そういう現実を一切無視して『いやいや、中国に占領されても政府が中国に変わるだけで私達の生活は変わらない』と思い込んでいるバカがいるんです」

ナザレンコ・アンドリー:「きれいごとで戦争を止めることは出来ないし、一部の日本人には米軍が守ってくれると思っている人がいますが、その米兵には祖国に自分の家族がいて、日本のために死にたいと思っている人は誰一人いない。だから日本人には自国を自力で守る認識を持たないといけない」(文字起こしここまで)

————————-

現実を知らない日本人が多くいるのは戦後占領政策による洗脳工作からはじまり、「平和教育」という名の「侵略誘発教育」が実施され、メディアでも「戦争=悲惨」という放送で「日本は二度と戦争しない不戦の誓いを立てて平和憲法がつくられた」とやることにある。

学校教育もマスコミも「国を守るためには軍隊保持と核武装が必要だというのが世界の常識である」という事実は絶対にやらない。

なぜなら日本が強くなるからである。日本が強くなって困る国はどこだ。

大体、「戦争」と言っただけで議員辞職や糾弾決議が全会一致で可決され現状である。

奪われた領土を取り戻したり、拉致された国民を奪還するために、戦争も辞さないという意志を相手国に示すことを、はなっから捨てて、軍事力もなく外交交渉での「話合い」だけで解決しようとしているのだ。しかも国民も「なかなか解決しない難しい問題だ」と言っているのだから、本当におめでたいと言わざるを得ない。

なぜチベット僧が火だるまになって訴えているのか?

なぜ香港ではシナの支配下になりたくないのか?

シナに侵略されても「今までと同じ生活が出来るから問題ない」と言っている人間は本当のバカかシナの工作員であるかのどちらかである。

 

タンカー被弾

米軍は韓国からいつ撤収? 北朝鮮を先制攻撃する可能性は? 読者の疑問に答える  韓国・北朝鮮2019年6月11日掲載https://www.dailyshincho.jp/article/2019/06111700/?all=1

韓国は北朝鮮側に回った。もう、こちら側には戻って来ることはない――と米国が見切ったからです。裏切り者を守ってやるほど、米国人はお人よしではありません。

 2月27、28日のハノイでの米朝首脳会談が、米国が韓国を見限る決定的な転機となりました。この会談で金正恩(キム・ジョンウン)政権が核を放棄するつもりなど全くないことが明らかに。

 当然、トランプ政権は経済制裁によって北朝鮮を締め上げ、核を放棄させる作戦を続けることを決めました。

 というのに、文在寅政権は、北朝鮮に対する国際社会の制裁網を破って経済援助に乗り出そうとした。北の核武装を露骨に幇助し始めたのです。(中略)

もっと米国が神経を尖らせているのが、濃縮ウランとプルトニウムなど核兵器の素材を中国経由でイランに輸出したとされる事件です。制裁で経済難に陥った北朝鮮が外貨稼ぎのため、密輸に手を染めたと言われます。

 メディアではほとんど報じられていませんが、安全保障関係者とコリア・ウォッチャーの間では「常識」になっています。

 核関連物資の輸出も核・ミサイル実験と並ぶ国連制裁の対象です。最近、米国がイランに対し強硬になったのもこれが一因と見られています。

 安倍晋三首相が6月12日からイランを訪問するのと関係するのかもしれません。イランと北朝鮮は核とミサイルを共同開発していると見なされてきました。北朝鮮の非核化にはイランへの説得がカギとなりうるのです。 

今回のタンカー被弾を見ると、攻撃精度が高く、テロ組織が出来るものではありませんから、イランの反米組織の仕業と推測されます。 今回、改めてイランの権力構造を勉強しましたが、イランって凄い処ですね。宗教界の宗主が独裁者の如く、国を牛耳っている。だから、北朝鮮のような独裁国家とも波長が合うのかな?

 

保守の会会長 松山昭彦さんのブログ https://ameblo.jp/bonbori098/entry-12479899594.html

戦後日本は反日左翼らの確信犯的なお花畑の妄想で日本人の思考を”平和ボケ”にしてきた。その最たるものは「拉致なんかない」「拉致はでっちあげ」であったが、拉致はあった。拉致した北朝鮮も認めている。

6月13日、ホルムズ海峡で日本のタンカー2隻が攻撃され、エンジンに近い場所に砲弾が貫通して、その時の火花で延焼した。 ホルムズ海峡は日本の石油の8割を運び、原発をほとんど稼働しない日本の生命線ともいえる所である。

この事態に中谷元・元防衛相はこう述べた。

——————-

中谷:「平和安全法制の時に野党はホムルズ海峡の事態なんか起こるわけがない、こんなの止めろと言っていましたが、本当にこういう事態が起こりますから、やはり平和安全法制は必要です」 (令和元年6月13日 BSフジプライムニュース)

——————-

野党が「起こるわけがない」と言っていたことが起きた。

そう言えば「特定秘密保護法」や「平和安全法制」の議論の時も、野党やマスコミや反日左翼は「戦争になる」と言っていたが、いまだ日本は戦争していない。

デタラメを言って国民を誘導していたのだ。 

先進国で唯一「スパイ防止法」ができない日本は、「産業スパイ防止法」を作るべきです。これだけで、シナ朝鮮の謀略の半分は止められます。また、産業スパイを取り締まる法なのですから、平和ボケ左翼もマスゴミも反対できないし、辻本や福島瑞穂等の反日痴呆議員の動きも制御できます。

 

旧民主党はやっぱり国賊集団

石井一 「拉致にいつまでも拘るな!もっと重要な国交正常化をやれ!朝鮮は世界でただ1つの分裂国家!朝鮮半島をどうするか取組むのが日本の総理!」

田崎史郎 「間違ってる!拉致された人を戻す努力を続けるのは当たり前!」

石井一 「北はいないと言ってる!」

完全に北朝鮮の代弁。これが民主党の正体

 

彼女の写真も前で、もう一度言ってみろ

石井一「小泉訪朝からだいぶ経って未だに被害者が帰ってくると思う事の方が不思議。まだトランプに頼むなんて外交のスタンスは間違ってる。無いものばかり探してもゼロ回答。家族に対して連れて帰るという気持ちを持たせる事の方が気の毒。拉致問題は終わってる」

さすがに出演者も俺も同調できない。 pic.twitter.com/O0hm48ezMf  835  21:42 – 2019年6月13日 

本当に,お前日本人か? って聞きたくなる。

民主党政権が、如何に日本人の人権問題を軽視してきたかという証拠。84歳にもなって、その程度の人間性しか持ち合わしていない奴が、国会議員のバッチを付けるな。こういう国賊を、国会に送った有権者の責任は、非常に重いぞ。

 

#川本たつし後援会総会のご案内

    #川本たつし後援会総会のご案内 

             川本たつし後援会会長   竹中久人

             後援会顧問 廿日市市商工会議所会頭

                          細川 匡 

 いつも大変お世話様になっております。

この度、ご案内のように、川本たつし後援会総会を開催させて頂きます。お忙しい中、恐れ入りますが、皆様お誘い合わせの上、多数ご参加下さい。 

 日時 令和元年6月29日(土)10:00開催(9:30受付開始) 

 場所 はつかいち文化センター さくらぴあ 小ホール 

お問い合わせ先 「川本たつし後援会事務所」 ☎ 0829-30-7197

         〒738-0005 廿日市市桜尾本町10番8号

 

 

難しいです

こなさん、小市民さん、貴重なコメントを有難うございました。

こういう事件があると、地方議員っていうのは、大体三つに分かれます。

  1. とりあえず勉強してみる
  2. 自分の役割ではないと考える
  3. スケープゴートを作る

私が、どのタイプかは申しませんが、「8050」という、他人事めいた嫌な社会現象のように捉えられていることには違和感を覚えます。

全国には、NPO法人や市民団体でつくる「全国ひきこもり家族会連合会」もあり、各都道府県単位で、「ひきこもり地域支援センター」が設置されています。今議会が終わったら、一度、近くの支援センターや、家族会に話を聞きに行きたいと思います。

今回の、元農水事務次官の事件などは、コメントが非常に難しく、実態をある程度把握出来ていないと、軽々しくものが言えません。本当に悲しい事件だと思います。

さて、議会に行きます。

 

頑張ります

6月の一般質問の件です。 6月6日木曜の2番手ですから、早ければ10時過ぎに始まります。とはいえ今回の質問は、存亡の危機にある日教組に、毒され続けている全国の教育委員会へのエールと、物言えぬ自衛隊の為に頑張っているだけなので、あまり良い答弁は期待できないと思っています。

えらく弱気やな~と思われるでしょうが、自衛隊の担当者に今回の質問で電話したら、「とにかく、今の閲覧に協力して頂けているだけで、我々は感謝しています」と仰るだけで、何も言われません。逆に、なんで国を守るという崇高な使命の為に働いて頂いている人が、我々にここまでへりくだったもの言いをされるのか、とても悲しく思いました。

この平和ボケの奴らに鉄槌を食らわせたい

我々の命を守るために、自らの命を捧げる覚悟をされた方に、少しでも貢献したいという思いだけです。厳しい質疑にはなりませんが、少しでも結果が出るように頑張ります。

川崎の事件に思う

事件発生は2019年5月28日朝。この日の情報番組「ひるおび!」(TBS系)で、落語家の立川志らくさんは、容疑者が自身の首を刺して、ほどなく死亡したことを受け、「死にたいなら1人で死んでくれよって。(略)なんで子供の弱い、そういうところに飛び込んでくるんだ」と怒りを露わにした。 

まさに正論。「死にたいなら1人で死んでくれよ」というのが、日本中の声だと思います・・・が、世の中には、こんな時に「被害者やご遺族への思いやりも無く、反吐がでそうなくらい偽善者ぶって殺人者を擁護するアホ」が居るんですね。自分の大事な娘が殺されても、同じ事が書けるのか!本当に最低な奴です。↓ 

*川崎殺傷事件「死にたいなら一人で死ぬべき」という非難は控えてほしい

報道の通り、5月28日(火)朝方、川崎市で多くの子どもが刺殺、刺傷される事件が発生した。 現時点では被害状況の一部しか判明していないため、事実関係は明らかではないが、犯人らしき人物が亡くなったことも報道されている。

それを受けてネット上では早速、犯人らしき人物への非難が殺到しており、なかには「死にたいなら人を巻き込まずに自分だけで死ぬべき」「死ぬなら迷惑かけずに死ね」などの強い表現も多く見受けられる。

まず緊急で記事を配信している理由は、これらの言説をネット上で流布しないでいただきたいからだ。 次の凶行を生まないためでもある。

秋葉原無差別殺傷事件など過去の事件でも、被告が述べるのは「社会に対する怨恨」「幸せそうな人々への怨恨」である。 要するに何らか社会に対する恨みを募らせている場合が多く、「社会は辛い自分に何もしてくれない」という一方的な感情を有している場合がある。

類似の事件をこれ以上発生させないためにも、困っていたり、辛いことがあれば、社会は手を差し伸べるし、何かしらできることはあるというメッセージの必要性を痛感している。

そのためにも、社会はあなたを大事にしているし、何かができるかもしれない。社会はあなたの命を軽視していないし、死んでほしいと思っている人間など1人もいない、という強いメッセージを発していくべき時だと思う。

人間は原則として、自分が大事にされていなければ、他者を大事に思いやることはできない。 社会全体でこれ以上、凶行が繰り返されないように、他者への言葉の発信や想いの伝え方に注意をいただきたい。

(令和元年5月28日 藤田孝典 NPOほっとプラス代表理事 聖学院大学人間福祉学部客員准教授) 

「自分が他人や社会から、理不尽な扱いを受けている」、だから、それを「恨みに思う」。 

誰でも子供の頃は、自分基準の価値観や目線で行動し始めます。しかし、それが世の中で通用しないと分かった時、ではどうするかを考え、色んな教えを受けて、その都度、自分を改めれば、段々普通の大人が出来上がっていく。これが学習というものだと思います。

でも、朝鮮半島人のように、常に被害者意識全開で、自分を省みようとともしない傍迷惑な人が、多少なりとも存在する事は事実です。

今回の理不尽な事件の加害者は、いわゆる「引き篭もり」。

何らかの挫折や、目の前のプレッシャーから背を向けたまま「引き篭もり」を続ける人々の100%は、自責と屈辱を感じつつ、家族親族に衣食住全てを依存して生きています。

欧米で「引き篭もり」がほとんど居ないのは、どの国も小学校から学力が無ければ落第するのが当たり前で、勉強が嫌いなら他に選択肢があり、一方、教育の無償化が進み、15歳から18歳で抵抗なく実家を出て、アルバイトしながら学生生活を楽しめる環境が整っているからだと思います。(米国などは、日本のように奨学金の支払いで、後々苦しむ若者が居る事も事実ですが) 

日本の公教育は、学力の補償など関係なく、勉強が出来なくてもトコロテンのように進級させ、例え、中学で分数が出来なくても、出席日数さえ足りていれば、3年後に卒業証書が貰えるシステムです。

子供の「引き篭もり」の原因の大多数はイジメではなく、「授業についていけなくなったから」というデーターがあります。それなら、日本全国の公立小中学校で、学力の補償を最優先にして、落第制度を復活させれば良いだけ。

全国どこの学校でもある制度なら、疎外感・劣等感から、いちいち引き篭もらなくても、次年度から頑張れば良いし、優秀な子供なら、飛び級制度も当たり前にすれば良い。

 しかし、40~50代の「引き籠り」の対策は、簡単ではありません。

今回の事件は、恨みという「負のエネルギー」を長年蓄積し、「劣等感の遠因」として縁も所縁もない弱者に殺意をぶちまけた事件。これを正しいという者は絶対にいないはずです。 

この「人間福祉学部の藤田」と言う愚か者は、「社会は辛い自分に何もしてくれない」という一方的な感情を有している などと言う。

 では、日本の40歳以上の引きこもり約55万人は、ほぼ全員が加害者になり得るという事なのですか?

 「社会に対する怨恨」「幸せそうな人々への怨恨」が、凶行の原因だと言うなら、自分が幸せになろうと、人並みに程度には努力したのか?他人の幸せのために、努力したことがあるのかを問いたい?

「人間は原則として、自分が大事にされていなければ、他者を大事に思いやることはできない」 これは一面、反論しにくい言葉ですが、言い切ることは大きな間違いです。戦災孤児だった人々が、全てそうだと断言できますか?

大会社の会長さん達に人生訓を語って頂く番組の中で、「実は私は戦災孤児でね。でも周り中みんなそうだったから、皆、毎日生きるために必死でしたよ」。只々、がむしゃらに働いている内に、「会社は、人の役に立たなくては意味が無いと判ってから、いつの間にか会社が大きくなりましてね」と笑っておられました。

今回、結論めいたことは書けませんが、この2日間、3回くらい文章を書き直しました。感情の波に呑まれて書いた文章は、やはり最低ですね。でも、自戒の念を持って保存しておきます。この事件を通し、私はとても良い勉強をしたと思っています。