御嶽山の噴火

日本は未だに、民主党政権の残滓に侵されているんですね。

>http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5590.html

活火山の観測調査の予算を、民主党は事業仕訳で2割にカット。

Exif_JPEG_PICTURE

例の、財務省が仕掛けた事業仕分け。 本来は、財務省が各省庁の仕分けをするのに、それを与党であった民主党にやらせた。役人は怖いよ。 能力の無い議員を、手のひらで弄んだんだね。

勝間和代ら「仕分け人」どもが火山の監視について「抜本的改善」という結論を出したため、79年に有史以来初めて噴火し、91年、07年にも小規模な噴火を繰り返していた御岳山でさえ、観測強化の対象からはずされ、活火山の監視は廃止に等しいほど縮小された!

実際問題として、火山観測の予算は、平成22年度の【30億8500万円】から、上記の事業仕分けがあった翌年度の平成23年度には【6億1800万円】へと約5分の1に激減した!

510: 名無しさん@0新周年@転載は禁止 [] 2014/09/27(土) 23:40:11.19 ID:iZx5wk0w0

>>506 民主党が事業仕訳する以前2000年には、北海道の有珠山で初の火山噴火直前予知に成功して住民死傷者ゼロという偉業まで日本は達成していたのにね。

その後、あの民主党事業仕訳で、今回の人災ですよ。 そのあとで自民党が予算を再びつけても観測データの一貫性、継続性は失われている。

再び予知を可能とするためには、空白期以上の長い年月が必要。「コンクリートから人へ」の広島の土石流被害と同じ御嶽山噴火による人的被害についても、民主党による人災と言っていいでしょう。

60 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/28(日) 02:22:20.68 ID:WMlZrtEG0

【御嶽山噴火、死者・負傷者・行方不明者、民主党による人災まとめ】 [重要]噴火予知の第一義的な責任を負うのは気象庁。文科省(国立大)ではありません。まずこれを理解しましょう。

・2000年 北海道の有珠山で気象庁は噴火直前予知に成功。 事前避難で周辺住民の死傷者・行方不明者はゼロ。   ↓

・2008年 自民党麻生内閣 補正予算で噴火予知のため火山観測の強化を指示  ↓・2010年 民主党鳩山内閣事業仕分け人の勝間和代「大規模噴火は数千年に一度。警戒は無駄」民主党はこれを受けて気象庁火山噴火予知の予算カットを決断(つまり、ここで民主党の政治責任発生)  ↓ 

御嶽山は、噴火予知のための観測強化の対象から外される 木股教授「これでは活火山の監視をやめるに等しい」 ttp://megalodon.jp/2014-0927-2219-43/p.twpl.jp/show/orig/JxwQX   ↓

・2013年 政権に復帰した自民党は、御嶽山の観測強化を図る  ttp://megalodon.jp/2014-0928-0013-34/news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0211&f=national_0211_038.shtml   ↓ 

しかし、噴火の予知には継続的な観測データが必要。直前に火山性微動まで探知できたが、予知するためには3年間のブランクは痛かった…。予知は継続データを精査して行う。  ttp://megalodon.jp/2014-0928-7/sankei.jp.msn.com/affairs/news/140927/dst14092721440023-n1.htm   ↓

・2014年9月27日 御嶽山が噴火噴火予知できず、突然の噴火に見舞われた多数の登山客が犠牲に! 死者・行方不明者多数。 ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140927-00050102-yom-soci   ↓

・そのころ、事業を仕分けた勝間和代は、自著の宣伝をした後、ゲームに夢中 ttps://twitter.com/kazuyo_k/  「久々にウィズの魔道杯、参戦。7段をこんなデッキで戦っています」

そして、この件で追及されると、「24時間監視が必要なのか?」と聞いただけ・・・

*民主党議員は、与党国会議員の、発言の重さも理解できていない。

議員が自分の発言に責任を取らないなら、議会は存立しない。

 

小市民さん、ご苦労様です。

>では広島県保険医協会に聞きたい。 加盟している医師や団体に すべての病歴や服薬りれきを(特定でも可)公開してくれるの?

左翼は、ああ言えば、こう言う、広島弁の通称「カバチたれ」ですから、「個々人のプライベートはどんなことがあっても守ります!!」 と、胸を張ってのたまうでしょうね。

結局彼らには、公と個人の区別が全く判って無いと思いました・・・が、どっこい、共産党の彼女でも、私的な用事と議会活動では、公の議会活動を普通に優先しています。

まあ、議員としては当たり前の行動なのですが、各個人の利益を優先して、公である国家に敵対する党としては、公の議員活動に疑問を持たなくてはならないはず。

・・・とすると、彼らサヨクンは、タダのご都合主義で、騒いでいるだけと言われても仕方ありません。

共産党議員団と言っても、国からの承認を得た公の肩書ですからね。

政党助成金を貰っていないと、いくら「カバチ」をたれても、国庫から歳費を貰ってるだろ。 テロ組織としての自尊心あるのかな?

国を転覆させるのが党是の奴らが、国から金を貰っている事実。  おかしいと感じなきゃアホです。

所詮、金魚鉢の金魚が、金魚鉢を壊そうとしているだけ。 壊したらどうなるのか、考えたことあるのかね。

9月議会での、広島県保険医協会からの請願

*集団的自衛権の行使容認「閣議決定」の撤回等を求める意見書採択を求める請願

*特定秘密保護法の廃止を求める意見書採択を求める請願

*日本の公的医療保険制度を守るためにTPP交渉から即時撤退を求める意見書採択を求める請願

廿日市市議会は、請願には紹介議員を1人以上付けて議会に上げれば、議会で検討する仕組みになっています。 今回の3つの請願の紹介議員は、廿日市市議会唯一の共産党議員。

私の担当は、「特定秘密保護法の請願」でしたから、総務委員会と本会議最終日で討論させて頂きました。

まず、自民党が例示した特定秘密の4分野18項目。

防衛: 防衛・警備などに関する計画。 防衛に関し自衛隊が収集した画像情報。 自衛隊が通信内容を秘匿するために用いる暗号。 潜水艦のプロペラの材質や形状、戦車などの装甲板厚。 誘導弾の対処目標性能、潜水艦の潜水可能深度。

外交: 領域の保全に関する外国との交渉の為の対処方針。 北朝鮮による核ミサイル・拉致問題に関するやり取り。 外国が弾道ミサイルを発射した場合にとる措置の方針。 特定の国の外交方針について、友好国政府から提供を受けた情報。 公電に用いる暗号。

スパイ防止: 外国からの不正アクセスによる政府機関の情報搾取防止のための防護措置。 大量破壊兵器関連物資の不正取引を防止するための計画。 外国の情報機関から提供を受けた大量破壊兵器関連物資の不正取引に関する情報。 情報収集活動の情報源。

テロ活動: 重要施設警備の実施計画。 重要テロが発生した場合の治安機関の対処方策。 外国の情報機関から提供を受けた国際テロ組織関係者の動向。 情報収集活動の情報源。

 

意見書自体が、議会を舐めてますよ。

>特定秘密を故意であれ、過失であれ、漏えいした公務員などには重罰が科せられ、特定秘密とは知らずに、その内容を知ろうとした国民も処罰される仕組みがある・・(略)・・国民は自由な情報収集ができず、「知る権利」が奪われることになる。

守秘義務がある公務員が故意であれ過失であれ、国家が特定した秘密を漏えいすれば、厳罰に処せられるのは当たり前。 しかも、潜水艦の潜水能力や戦車などの装甲板厚などについても、国民は自由な情報収集が出来ず、知る権利が奪われる?

そのまんま、シナの工作員じゃないですか。

 

書いていると、段々馬鹿らしくなったので、論破したことだけをご報告して、終わりにさせてください。 こんな案件でも、共産党と社民党に加えて、自称保守の女性2人が賛成に回るんですよね。

訳判りません。 要らんお世話でしょうが、もう少し勉強しないと、女性の地位向上には繋がらないと思うのですがね。  はい、要らん お世話ですね。 すみません ^^;;

セアカゴケグモ 

広島県の山陽自動車道の各サービスエリアの、雨水排水溝や植え込みで、特定外来種であるセアカゴケグモが大量に発見されています。

背赤ゴケグモ

メス[編集]

体長は1cm前後、丸くつやつやした黒い体で、胸腹部の背面にはひし形が2つ縦に並んだような赤い模様、腹面には砂時計状の赤い模様があるので見間違えることは少ない。この赤斑の形はメスとオスで多少違いがあり、時に地色の黒も淡いものもある。卵から成熟までに要する期間は、約100日で、寿命は2~3年と言われている。また、成熟メスは、多数の卵を糸で包んだ卵嚢を巣網内に保持しており、1匹の総産卵数は最大で5000個になることもある。詳細は解明されていないが、成熟メスは巣を張った後、フェロモンを用いてオスを誘引しているとみられる。

メスが毒性を持っているようです。日本での死亡例はありませんが、幼児が咬まれると重篤な症状になる危険性もあり、皆様も注意して頂きたいと思います。

廿日市市も、山陽自動車道の下り宮島サービスエリアで、9月15・16日に、計10匹発見され駆除しました。 おそらく、これから近隣でも数多く発見されると思います。

一度の産卵で、かなりの数が生まれますから、排水溝の蓋裏や、自宅の植え込みにも十分気を付けて下さい。

広島の豪雨災害に思う

9月19日の新聞に、7月1日現在の広島県内の地価が発表されていました。

私の住んでいる処は、1㎡当たり10万6千円で、昨年と変動はありませんでしたが、ほとんどの処は、1~4%程度の下落が見えます。

今回の豪雨災害で被害の大きかった地域を見ると、八木7丁目(ここはあまり被害が無かった地区ですが)1平方m当たり5万9千円で、昨年より1.7%減。 緑井7丁目は9万9500円で、1%増。 しかし、このデーターは豪雨災害の前ですから、この地域の土地売買は停まり、地価は大幅に下落するでしょう。

もう、皆さんもご存じだと思いますが、この八木地区の旧名は、八木蛇落地悪谷(じゃらくじあしだに)といい、山津波が起こると山肌に 蛇がうねって落ちるような細長い跡が付く様を見て地名を付けられたのではと言われています。

それが、のちに「八木上楽地芦谷(じょうらくじあしだに)」と変わり、今では、八木の一文字になったようです。

今回の豪雨災害で一部被害に遭った八木の淨楽寺は、130年前からこの地にあり、お寺の額には、豪雨の中、龍を退治する武者の絵が掲げられているそうです。 龍は水神であり、それを退治する絵が掛かっているという事は、昔から水害があまりに多い処だから、地元の住民は、水神様を祈祷するのではなく、水神を退治する程に、怨みに感じていたと思われます。

この地域が、住宅地になったのは、ほんの40年前ぐらいからです。 もとは、水田と畑が広がる景色の良い田舎で、家などもほとんど無かったのです。

私は20代の頃には、よく旧54号線を上がって吉田・三次方面に通っていたので、この八木地区がどんな所であったかは良く覚えています。

それが、54号線の幅員拡大延長工事や、既存JR線の増便、高速道路との接続、モノレールの近接、広島市との合併、多くの大型店舗の進出など、もろもろの好条件が集中し、今の宅造ブームになったのではと思います。

今回、災害に遭われた方々には、心からお見舞い申し上げますとともに、お亡くなりになった方々にお悔やみを申し上げたいと思います。 その上で、地方議員として、この教訓は大事にしたいと考えています。

この地域の方々が、地名を変え、山津波の惨劇の歴史を封印されたい気持ちも十分理解できますが、根本的な解決が出来なければ歴史は繰り返します。

物事に絶対はあり得ません。 しかし、今後は少しでも災害で悲しまれる方が少なくなるよう、行政と一体になって努力することを改めてお誓いしたいと思います。

こなさん、台湾でしたか

ご苦労様です。

故宮は行ったことないですね。 そうか、台湾自体行ったことが無い  ^^;

先日、86歳になる母と、スコットランドのTVニュースを見ながら話をしておりましたら、「台湾は、中国から独立したいんかね」と言います。

私は、軽いショックを受けましたが、「台湾は、昔から中国領じゃないよ。中国が狙っている事は確かだけどね」と言いますと、「テレビじゃ、そんな事ばかり言いよるが。ありゃ、嘘ね?」。 私は、「そう、テレビのいう事の方が嘘。 息子を信じんさい」・・・

でも、一般の方々は、この程度の知識と感覚でものを見ているんでしょうね。

>スコットランドで住民投票が行われたのは、つまり、それなりに、民主主義的な土壌が、UK(あえて英国とは書きません)にあるからでしょう。そして、民主主義的な伝統があるゆえに、田舎票がいい意味で保守票となって、ドラスティックな変化を抑制する方向へ働いた。

非常に良い視点だと思います。 英国の若者層でも、最後まで迷っていたように思います。

面白い事例になるかな?・・・「議会で、議案の採決が賛否半々になった場合、基本的に議長は否決に決する」というものがあります。 理由として、「過半数に達しない議案については、なべて議論検討が不足していると判断すべき」というものです。

スコットランドの件も、独立派は少し焦りすぎでしたよね。 反対派は、舐めすぎでしたが・・・もう少し、地に足を付けた議論の中で検討していかないと、感情論だけが先走って、必ず後悔します。 この問題だけではありませんが、政治を「情」で語る政治家を信用してはいけません。 政治は「理」で語るべきです。

 

話は少しズレますが、どう見ても、保守で固まりそうな田舎の方が、共産党票が伸びるのも面白い事実です。 その正体は、日本人独自の、「党より人」で選ぶ「おばちゃん組織票」ですが、地方議員としては最も怖い処ですね。

政治は、結果が全てです。 どれだけ素晴らしいことを言おうと、どれだけ美しい未来を語ろうと、現実に実行出来なければ、政治家の存在意義はありません。

申し訳ありませんが、どれだけ若くて美しい女性が立候補しようと、共産党候補では、支持者の家の前の道路が綺麗になるくらいが精一杯です。 共産党は、市の命運を掛けるような議案には、ほとんど反対ですから、行政も相手にしません。 所詮、日本を破壊したい党ですからね・・・ でも、共産党に入っている人々の大半は、ただの良い人で、何もご存じないのに、共産党の刷り込みだけは、信じている不思議な宗教団体のよう。

議会での決定権を握る議員の一人にならなければ、行政は動きませんが、それが、普通のおばちゃんにどれだけご理解頂けるか、これも、保守系議員の大事な仕事ですね。

でも、市民に媚びてまで、カラオケ大会には行きませんyo ・・・ 関係ないか・・?  ^^;;;

 

これがもし実現していたら、シナが慌てる程度の問題ではありません。

「民主主義の最も正しい形が住民投票」という概念が、世界中を駆け巡り、スペインのカタルーニャ地方の独立・ フイリッピン南部ミンダナオ島のイスラム教徒による首都マニラの独立など、世界各地で紛糾している「地方VS中央」の歪が一挙に噴出する事になるでしょう。

思い出して頂きたい。 あのヒットラーやスターリンが、何を「武器」にあそこまでの独裁政治が遂行出来たのか?

それは、「民意」の悪用でした。 大衆の不満が「民意」を創り、その「民意」を掲げて自己を正当化し、民主的な選択のうちに、あの独裁国家が誕生したのは、皆さんもご存じの事。

その時、熱狂してヒットラーやスターリンのを迎えた国民は、日増しに自らの選択を疑い、後悔し始め・・・そしてその最悪の結果は、自らが負う事になりました。 しかも最大の被害者として。

大衆の「民意」とは、概ねそのようなものだと思います。

「民意」は最終的な責任を取らない。いや、取れないと言った方が良いかもしれません。

アリストテレスも、「民意を優先させる民主制」は、僭主政治に近い最悪のものだと、常々語っていました。

今回のスコットランドの独立騒ぎは、色々な根の深い問題があるのでしょうが、それにしても無責任すぎます。

石油利権や軍港は全て取るから財政は問題ない:ならば、1776年にアメリカがイギリスから独立した米英戦争を覚悟しているのか? しかも、防衛のセキュリティ機能の全てを英国に握られている現状で。

イギリスのポンドをそのまま使う:  独立国としてあり得ない甘さ。 英国が許すはずがないし、英国のGDPの2割にすぎない小国が誕生しても、経済難のEU自体が未承認か無視を決め込み、世論の動向を見ることになる。 つまり、自給自足の防衛外交金融の体系が組めない限り、他国はスコットランドを相手にしない。

まだまだ、言いたいことは幾らでもありますが、今のスコットランドは、住民投票という最悪の選択肢で国の行く末を決めるという、「誤った民主主義」の中で当分漂流を続けるでしょう。

アメリカの独立から始まって、1867年のカナダ独立、1901年のオーストラリア独立、1907年のニュージーランド独立、1910年の南アフリカ独立、1922年のアイルランド独立、大東亜戦争後のインド、ビルマ、パキスタン、マレーシア、スリランカ、アフリカ諸国と、大英帝国の終焉がしだいに濃厚になってき始めて、このスコットランドの独立騒ぎ。

自らの都合の良い民意を創りだし、その民意を振りかざして人気を得る政治家・・・ 日本にも数々居ましたね。

小泉さんは勿論ですが、今の原発騒ぎなんて、そのまま「左翼の都合の良い民意」を左翼マスゴミから刷り込まれ、多くの国民が思考停止に追い込まれています。

を付けましょうね。 民意はどんな結果でも責任を取りませんから。 いや、取れませんから ^^;;;

 

(嘘言え!選択に責任があることさえ理解出来てないんだよ・・・)と、影の声あり・・

やった~ ^^

いやいや、私事なんですが・・・ 実は、10日前頃から突然インターネットに繋がらなくなって、モデムが悪いとかアダプターが無効とか・・・・訳の判らないまま、モデム電源を10秒以上切って繋いだり、ルーターをいじったり、有線にしたり・・・

もともと、パソコンの知識なんか全く無い男ですから、議会中で忙しい事もあって、やむなく放置。全く、エクセル・ワード・パワーポイント・CADの、基本だけを使って過ごしてきました。

今朝のこと、ふと、一年前に買った役にも立たない「WIMAXの存在」に気づき、あれでもと・・・

そうしたら、動くじゃないですか。 なるほど、そうなると、発信源のモデムじゃなく、2年前に買ったルーターが原因だな・・・この野郎!

まあいいか。 今日も忙しいから手当出来ませんから、議会終了まで、このWIMAX様のご機嫌を損ねないように、皆様との接点を維持しようと思います。

小市民さん、こなさん、お集まりの皆さん、ご心配をお掛けしました。