日本製ステルス機「心神」が、現実になりそう ^^

アメリカが、ステルス機の日本配備に難色を示し、アメリカ議会は「同盟国であっても輸出してはいけない」という法律を作ってしまった。

でも、そのお蔭で、じゃあ日本で作るよ・・・ってことに。

>米誌「Aviation Week & Space Technology」電子版はこのほど、
「日本が2016―17年にF3戦闘機の開発をスタート」という記事を掲載した。
中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。以下は同記事より。

日本は5年以内に国産戦闘機の開発に取り組む計画で、2027年までにF3戦闘機の生産を開始するのが目標だ。防衛省はステルス技術と独自の強力なエンジンで、国産戦闘機の生産に向け基礎を築きたい考えだ。

公式文書によると、IHI(石川島播磨)が推力15トンクラスの実証エンジンを開発、三菱重工が縮小サイズの先進技術実証機「心神」(ATD-X)の組み立てをすでに開始している。

454a0c720d265e5eee9277bd60f53b5c 2013050319505754d
全方位立体映像

視線による複数ロックオン可能
最大8個の目標に同時に攻撃可能
全方位が射程
ゼロ戦並みの旋回性能

アフターバーナー燃焼時は世界最速
アフターバーナー連続燃焼可能時間10分
小鳥ほどの機影しか映らないステルス性

地上からは底面光学迷彩により目視が極めて困難
フレア以外に超高性能自動追尾機関砲によるミサイル迎撃が可能

そしてレーダーから逃れるだけではなく、目視でも確認が出来ない!!
これが工学迷彩だ。 (終わり)

 

いや~、良いですね。  ほとんど感動ものです。 IHIや三菱の連合体で頑張ってほしいです。 ついでに、武器輸出三原則を撤廃して、世界に誇る日本の技術を国防に活かして頂きたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です