共産党の救援募金“詐欺”疑惑? 第二弾

共産党の救援募金“詐欺”疑惑? 渦中の党地方幹部が告白

2016.4.28 07:00週刊朝日

共産党員が「ネットで騒がれなければ熊本震災募金の約7割をピンハネする予定だった」と告白~ネットの反応「しかも味方側の朝日の記事やんか」

熊本地震の被災地支援を名目にした「募金詐欺」だとツイッターで炎上したのが、共産党の衆院東京3区候補予定者の香西かつ介氏(党品川地区委員長)。

ことの発端は4月16日、同党の品川区内で開かれた演説会で配られた募金袋だった。封筒には「熊本震災救援」「北海道5区補選勝利」「党活動強化」と三つの名目が書かれていた。

香西氏によると、会場に集まった550人のうち200人以上から37万円が集まった。香西氏が翌日、「熊本の被災地救援、北海道5区補選支援、党躍進のためにありがたく使わせていただきます」とツイート。ネット上では、被災地支援名目に政治資金集めをしていたのではないかと批判された。香西氏は、本誌の直撃に反省しきり。<略>

集まった37万円はどこへ行くのか。

「党の熊本県委員会の口座に振り込まれています。今後、党中央と県委員会が相談して、被災地に届けられることになると思います」

こうした募金は、共産党だけではなく、多くの政党がやっている。集まったお金はダイレクトに被災地の県や市町村に行くと思っていたので、びっくりした。

よく聞けば、ツイッターで騒がれなければ、熊本に行くのは3分の1、12万円ほどだったらしい。「熊本救援」と名がつけば、共産党支持者以外も寄付していたかもしれないから、やはり不親切だろう。https://dot.asahi.com/wa/2016042700184.html?page=1   (終わり)

こつら、震災が起こるたびにやっていたんだな・・・と前のブログに書きましたが、もはやコメントの書きようがありません。 やはり、被災地支援金横流しだけでなく、極左のプロ組織支援の為なら、何でもありなのかもしれません。こんなコソ泥に、平和を希求する党なんぞと言ってほしくありませんね。

そんなつまらない事より ↓ これ

2018年7月20日 13時41分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180720/k10011541341000.html
アメリカのFBI=連邦捜査局のレイ長官は、中国がアメリカ国内でさまざまな産業を狙って技術や情報を盗み出しているとして、全米のすべての州で中国が関わった産業スパイ事件の捜査が行われていると明らかにしました。

FBIのレイ長官は18日、西部コロラド州で講演し「アメリカ国内で外国のスパイ活動を防ぐ観点から言えば、中国が最も幅広く活動し最大の脅威だ」と述べました。そのうえで「中国が関わった産業スパイ事件の捜査が全米50州すべての州で行われている」と明らかにしました。(終わり)

米中戦争は、経済だけでは終わりそうもありませんね。 このままでは、フリーの在米シナ人の締め付けは必至です。 北朝鮮の非核化も全く進展していないし、その裏で様々なバックアップをしている中露をみると、もはや北朝鮮ではなく、シナの孤立を狙った米の戦略が見えてきます。 くだらない国会も終わったし、野党の阿保面を見るより、訪米してトランプ氏の意向を確認するのが先決かもしれません。 もしかして、トランプ氏が本気なら、日本の核シェアを話題にしてほしいですね。 まあ、無理かな。 核シェアじゃあ、アメリカが儲からないからな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です