江の傭兵(久しぶりにこの名前を書いたな~)

>6月13日、河野洋平は都内の講演会でこのように述べた。

「植民地問題の処理もできていない国に、ただ拉致被害者を帰せ、帰せと言っても問題は解決しない。国と国の関係を正して、帰してもらうという手順を踏まざるを得ない」

以前、辻元清美も「北朝鮮には補償も何もしていないのだから、そのことをセットにせず『9人、10人帰せ』ばかり言ってもフェアじゃない」と言った。

こいつらは、馬鹿な上に不勉強なのか? それとも判って言っているのか?

かつて植民地支配をおこなった国は G -8 諸国を初め、オランダ、スペイン、ポルトガル、ベルギーなど世界に数多くありますが、それについて謝罪し、補償金を支払った国は、世界中で唯一日本だけです。

平成九年(1997年)におこなわれたホンコン返還の実例を見ても、アヘン戦争による侵略以後百五十六年も続いたホンコン、九龍半島の植民地支配を英国は決して謝罪せず、一銭の補償金の支払いもしませんでしたが、中国政府もそれを要求しませんでした。

なぜ欧米諸国は謝罪や補償をせず、また旧植民地政府もそれを要求しなかったのかといえば、それが国際社会の常識だからです。日本は国際常識についての無知を中国、韓国、北朝鮮などにつけ込まれたのです。

欧米側によれば、

1.武力により未開国を征服し、植民地とする行為は当時の国際法により合法であった。合法的行為 に対して謝罪や補償金の支払いは必要ない。

2.植民地支配は当時の 未開国に文明をもたらし 、地域住民に現代文明の恩恵を与え生活が向上し、人口が増加し住民の寿命も伸びた。

3.植民地支配がけしからんと言うのであれば、彼等は以前の様な未開の生活、無知蒙昧の状態に戻るべきである。

4.植民地政策により生活を進歩向上させてもらったことを、宗主国に感謝すべきであり、それに対する謝罪要求などもってのほかである。もし要求されてもそれには絶対に応じないことが、西欧社会の常識である。

5.我々は過去の植民地支配について、罪悪感を抱くことなど決してない。

と主張しています。

しかし日本では左翼マスコミや反日左翼主義者達が国民に対して贖罪  意識の刷り込みに励んできましたが、日本の植民地支配が欧米諸国のそれと比較して、決して過酷であったわけではありません。むしろ温情主義的であったとさえいえます。

日本が国際社会の常識をわきまえず、英国のように旧植民地政府との交渉に毅然とした態度を取らなかったために、中国や韓国などから弱みをつけ込まれて外交上優位に立つためのカードに使用され、また現在に至る際限のない謝罪要求や、補償金支払い問題を引き起こしたのです。

しかも日本は、朝鮮や台湾を植民地支配したのではなく、併合したのです。 ハワイが併合により米国ハワイ州になった事象より、より民主的で平和的に。

かって、朝鮮は7世紀から19世紀まで歴代支那大陸帝国の属領でしたが、日本は日清戦争後の1895年、下関条約で清国に朝鮮の独立を認めさせ、朝鮮は日本のお陰でようやく独立できたのです。

日本のお陰で清国から独立できた朝鮮(大韓帝国)は日本から金や人の支援を受けましたが、余りにも統治能力が欠如していたために国家破綻の危機が続き、結局、自分たちの力では一人立ちできそうになかった朝鮮人は、日本との合邦を希望しました。

大韓帝国で最大の政治団体だった「一進会」は、1909年12月4日、「韓日合邦を要求する声明書」を作成し、上奏文と請願書をそれぞれ李完用総理、皇帝純宗、曾禰荒助統監に提出。

しかし、日本側の併合反対派であった曾禰荒助統監は、この合邦案を時期尚早との理由で却下。それでも一進会は、これを繰り返すこと4回。 ようやく桂首相がそれを受け取りました。

その後1910年8月16日、李完用首相は日本を訪れ、山県副統監らに日韓併合合意を取り付けました。この結果、8月21日李完用が皇帝に内奏し、皇帝の了承を取り付け、1910年8月22日の韓国の御前会議で、韓国は正式に日韓併合を決定。

日韓併合により、日本は、階級による身分差別を撤廃、両班による搾取・虐待から農民を救い、移住の自由を認めさせ、残酷な拷問や刑罰を廃止し、女性の再婚の自由を保障、法治国家の基礎をつくり、学校教育制度を導入して、読み書きを教え、ハングル文字を復活・普及させ、台湾では1~2%にしか許可しなかったのに、85%の朝鮮人に創氏改名を許可。

鉄道網、道路網を整備し、港の開設工事をし、水力発電所を建設、重化学工業を興し、緑化政策によって山野を甦らせ、不毛の地を開拓し、河川大事業で洪水を減少させ、水田を倍増させました。

又、世界一不潔と言われた町々を清潔にし、近代医療制度を導入、平均寿命を24歳から45歳にのばし、人口を2倍にし、内地(日本)への渡航規制を犯して来る密航者にも寛容に対処しました。

朝鮮半島を、日本と同じような国にする事。 これが日本の併合事業でした。

この事業のどこに日本側が謝罪する項目がありますか?

それでも謝罪を要求するなら、相手は、その時代に日本との併合を希望した朝鮮人達ですよね?

最後に、マキャべリの言葉。

【隣国を援助する国は滅びる。忍耐と寛容をもってすれば、人間の敵意といえども溶解できるなどと、思ってはならない。 報酬や援助を与えれば、敵対関係すらも好転させうると、思ってはいけない。】

 

江の傭兵(久しぶりにこの名前を書いたな~)” への3件のコメント

  1. 少し前に,アリとキリギリスの物語が改変されているという話題を見たことがあります.

    「冬になってアリのところに食料を求めてきたキリギリスを冷たく突き放したアリ」,ではなく,「キリギリスを家に迎え入れ,温かい食事を与えながら『本当は仕事をしなきゃいけないんだよ』とこんこんと説明し,それをキリギリスが理解してみなハッピー」という結末になっている絵本があるのだとかなんだとか.

    お人よしここに極まれり,ってところでしょうか.

    前の書き込みでは,朝鮮人が中国にペッグするのが避けようのない民族的性向だと書きましたが,一方で,日本人だって,「救いようのないお人よし」なる民族的性向を抱え込んでいるのかも知れません.

    ただし,こなの記憶を引っ張り出してくると,少なくとも昭和50年辺りまでは,小説(例えば遠藤周作)やマンガ(例えば藤子不二雄A)の中でも,在日朝鮮人に「下手にひさしを貸すと母屋を取られるぞ!」という話が,当たり前のように描写されていました.

    まあ,「ひさしを貸して母屋を取られる」ということわざがあるわけですから,日本人はそんな救いようのないほどに間抜けじゃないとは思うのですが・・・.

    しかし,1980年代に入ることからでしょうか? ひさしを貸して母屋を取られた実話を持ち出しても,それは「差別」だとか「優しさが足りない」だとか言われるようになり始めた.

    もしかしたらもっと前からそういう風潮はあって,ただ,私がそのような風潮に気付く年齢になった(中学校に入る)のが80年代当初だったのかも知れません.

    しかしいずれにせよ,誰に対しても優しく絶対に差別をしない,という「いい子ちゃん」が日本人のアーキタイプになるのは,80年代後のことでしょう.その一因は,日本が豊かになったこと.良くも悪くもそのような「理想論」の言葉遊びをするだけの余裕が生まれてきたからだったと,感じています.

    80年代当初,突如「アジアへの侵略が進出と書き換えさせられた」という教科書問題(そんな事実はなかった)が報道され,

    靖国参拝が突如「軍国主義の肯定だ!」と解釈されるようになり,

    一方で,拉致被害者への言及(国会における)は,とんでもない暴論だとしてもみ消され,

    ただただ,経済的な隆盛に酔いしれながら,一億総中流と騒ぎ立てながらバブルに突入していったあの80年代です.

    しかし,話を戻せば,それ以前の日本人は,これほどまでにはお人よしじゃなかったですよ.そんなきれいごとだけで世の中回らないと実感していた.

    そのまま過去の日本時に戻れとは,さすがにいいません.が,過去に学ぶところも大いにある.粉の結論は,少なくとも日本人は,そこまでお人よしじゃないはずだ,ということです.

    現在の常識,今日の空気だけで,全体を理解したつもりになってはいけない.

    そういう意味では,「朝鮮半島が中国に事大するのは,民族的性向だ」というのも,いい過ぎなのかもしれません.

  2. 寝るケーノさん、こなさん お疲れ様です。
    >「植民地問題の処理もできていない国に、ただ拉致被害者を帰せ、帰せと言っても問題は解決しない。国と国の関係を正して、帰してもらうという手順を踏まざるを得ない」
    以前、辻元清美も「北朝鮮には補償も何もしていないのだから、そのことをセットにせず『9人、10人帰せ』ばかり言ってもフェアじゃない」と言った。

    これについては、現在も犯罪被害者である拉致された方々の人権はどうなるんだ?彼らは答えられないでしょう。そもそも、彼ら左翼は、人権(その他の権利もふくめますが)日本人を筆頭として、彼ら以外、主に敵対勢力の対しての人権を認めていません。自衛隊などへの発言を見ればわかりますね。共産党の100条憲章(憲法?)にも共産主義を掲げないものは非人道的見地からの教育を行うことを記しています。
    自己批判や粛清をみれば明らかでしょう。

    人権を盾にしたこうした発言を、今後反日マスコミもそうですが、非人道国家である中国、北朝鮮、ロシア 韓国(韓国は対日のみ非人道的国家のため)を支援する勢力は行っていけるのだろうか?

    40年くらいまえだと、思想信条的見地からこの国々を支持した論評は、まだわからなくもない。

    非人道的国家が日本や日本人に対して、非人道的発言や政策を掲げることに、日本人は気が付いていると思いますよ。

    私の長男も教育者を目指し、大学で勉強中です。長男には、色々な角度から物事を考えられる日本人の教育を行ってもらうように期待しております。
    (決していまTVなどで教育者なしからぬ人物のようにはならぬよう)

    寝るケーノさん、こなさん、私の長男の教育論などを肴にしていつか1杯やりましょう。長男も20歳過ぎたら参加させてみましょう。

  3. 小市民さんのご子息との飲み会,いいですねぇ!

    小市民さんの言うとおり,サヨクの連中が面倒くさいのは,彼らってとにかくご都合主義なのですよ.

    そもそも,彼らの言う植民地主義なるものと,拉致犯罪の間には,何一つ関連性がありません.寝るけーのさんがこんこんと説かれたとおりです.

    ここであえて,事実にふたをして,日本がかつて北朝鮮にひどいことをして,たくさんの人を強制連行した歴史があったとしましょう.しかし,そうであったとて,だからといって,日本人を拉致していい理由になんかなりませんよね.

    それがOKなら,トランプだって北の人間を拉致すれば「おあいこ」だし,韓国だって北の人間を拉致して「おあいこ」,日本も北朝鮮に潜入して彼らを拉致して,思想教育して,北の国家転覆を謀るスパイに仕立てるのもOKとなります.

    アホらしいでしょ.とことんあほらしい.

    北の思考は,せいぜい暴力団の抗争程度の発想なのです.「やられたから,やり返す」.しかし,こちらからしてみたら,一体何を「やられた」のか,「やられた」と思っているのか,そこからさっぱり訳が分かりません.

    この状態で北との国交回復をはかるなどというのは,近場の暴力団を,近くに住んでいるのだからとわざわざ町内会に誘い込む・・・というのと同じれべるの愚行です.

    んなことやっても,世の中がややこしくなるだけ.

    国交を組むというのは,町内会に入るのと同じで,要するに「互助会」です.お互いに助け合う精神で,草刈りをしたり,溝掃除したり,共通のルールの下で互いに幾ばくかの「奉仕」をする.

    所が世の中の鼻つまみ者の暴力団は,そんな互助の精神が理解できない.世の中がお互い様の妥協と奉仕から成り立っていることを理解できない.目先の損得・・・,というか,目先で得することしか考えられない.だから,駄々っ子のように「あれをよこせ,これをよこせ!」とわめきたてるばかり.

    サヨクの考える「人権」の最大のウィークポイントは,こうした「互助」の視点に欠いている点です.純粋にゲットできるものとして「人権」があると考えている.

    しかし実際には,町内会のルールに従って,順番でゴミ出し場の掃除をしているから,ゴミ出し場が心おきなく使えるのと同様に,権利に見合っただけの義務を果たしているからこそ,それなりの権利が得られるのです.

    他国から人を拉致してはいけない.

    これは,歴史的経緯もくそもなく,義務というのもアホらしいくらい当たり前の常識です.しかし,北はこの常識を守ることが出来ないやさぐれこっかです.そして,そうである限り,国交を結ぶもくそもない.

    何度も繰り返します.これは,歴史がどうのこうのいう以前の,いの一番にするべき判断です.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です