ちょっと昨日まで

東京に生息しておりました。暑かったり寒かったり、大雨が降ったりギンギラギンに晴れたり、かなり天候が不順でした。夜のビールは、どこで飲んでも美味しかったですけど。

>ロクに勉強しなくても、サヨク論を振り回していれば、そりなりに議論に参加して、たまには勝った気分も味わえる。まさに、インスタントラーメンのような、お気軽なツールなのです

廿日市市議会は、サヨ君だけでなく自称保守君達も、ろくに勉強もせずに只管頑張ってますけど・・・ まあいいか。

先日、「北朝鮮に拉致された人達を取り戻す運動の象徴:ブルーリボン」を売りさばく議員がいたけど、3月議会でそいつらは、「憲法改正の議論を始めよう」という意見書に真っ向から反対。

ほんと、見事なくらいの馬鹿野郎達ばっかりで、憲法9条があったから拉致事件が起きた事も判っていない連中が、ブルーリボン付けて喜ぶな~ という訳で、そいつらがリボンバッチを付け始めたから、私は付けるのを止めました。

広島県議会の悪口ばかり言っても仕方ありませんね。 廿日市市議会もこの程度ですから。ほんと、やってられないですよ。

ちょっと昨日まで” への3件のコメント

  1. 言葉は悪いですが,いわゆる「行動力のあるバカ」というヤツですね.

    >廿日市市議会は、サヨ君だけでなく自称保守君達も、ろくに勉強もせずに只管頑張ってますけど・・・ まあいいか。

    ただし,個人的には私はこういう人は案外嫌いじゃないです.つうか,自分も所詮は五十歩百歩ですから.世の中の様々のことが分かって,それから行動しているわけじゃない.自分の頑固さや理解も遅さを,イヤというほど思い知らされていますから.

    いやぁ,今さら思い起こすと,恥ずかしいことばかりです.これまでもなんちゅうか,若気の至りというか,随分と間違った理解や行動を幾多繰り返してきましたし・・・.

    極端な例ですが,私は鳩山元首相が韓国で「跪いて謝った」ことでさえ,一定の評価をしているんですよ.もちろん同時に,元首相とあろう人が,この程度の理解で政治的活動をすることに対して,「ああ,鳩山さん,誰かに刺されても仕方がないですよ」とも感じていますが.

    それでも,韓国の連中が要求する謝罪の真意と結末を,見事に証明してくれました.これは極めて重要なことです.世論の深層心理を突き動かす,一つのポイントにさえなったと思っています.

    実は,私が我慢がならないのは,このちょうど逆のパターンの人なんですよ.すなわち,「行動力も,人の矢面に立つ気概もないのに,頭の中だけで分かったつもりになって,他人を見下している」様な,いけ好かない人.

    あるいは,百歩離れた安全地帯から,他人のケチばかりを付けている人のことなんです.テレビマスゴミでいえば,表に立っているキャスターなんかよりも,その陰で偏向報道を支えている連中なんかの方が,何倍も輪を掛けてタチが悪い.

    今朝のニュースでも,ウン十年ぶりに開かれたとかいう北朝鮮の会議だかなんかを延々と報道していましたが,そんなどうでもいい情報を報道するのなら,そもそも戦後65年間,いまだに南北が戦闘状態を続けているという「基本中の基本の復習」を繰り返して報道した方が,よっぽど意味がある.

    また米国予備選のトランプの伸張に対しても,あれこれ騒ぐより,日米安保が日本の独立の要(独立承認後,真っ先に取り交わされたのが日米安保の全身となる条約だった)という当たり前の事実と,それから,安保解消となったとしたら,歴史はサンフランシスコ講和の時点まで一気に巻き戻されること.つまり,冷戦構造が再開して,あたかも現在中東で繰り広げられているような,ガラガラポンの群雄割拠の陣取り合戦が始まること.それが世界史の常であることを淡々と報道して欲しいですよね.

    その近未来の現状に対して,日本がどの様な駒を手にして,どの様に立ち居振る舞うのか.そこを考えない限り,キム某が何をほざいたとか,トランプが何を騒ぎ立てているのかなど騒いでも,意味がない.

    もし日本の大手マスゴミのニュース編集の連中が,真性の「行動力のあるバカ」であって,本気で,歴史認識も何にもなくって,更に過去のデータベースの一つとして参考にする能力がなくって,常に目先の出来事を騒ぎ立てる「野次馬総代」であるのなら,なんていうか,救いようのない,しかし一抹の救いを感じるのです.

    でも,どう考えても違いますよね.彼らは「持てる側」です.自分達の発言力の効力をよく知っている.上手くすれば,「だから政権交代」と全く意味のない文言だけで,印象操作をして「愚民の首を,揃って特定方向に向けさせることが出来る」ことも知っている.

    現在の情報も,過去のデータベースもふんだんに持っている.ものごとを考える事の出来るはずの,頭数も多い.

    にも関わらず,ものごとをしっかりと考えようとしない.そこがやりきれない.「憲法改正」=「戦争推進論者」=「ギトギトしたネトウヨ」とかいうレッテル貼りしかしない.その精神的な怠慢が許せない.

  2. あるいは,オバマが広島に来るだとかの件で,「謝罪をするのかしないのか」などと騒いでいるのも,正直言ってバカの極みです.

    私にいわせれば,オバマのやろうとしていることは,米国人から見たら,「鳩山氏と同レベルの,行動力のあるバカ」にしか見えないでしょう.

    もちろん,かといって,この行動を一定レベルで評価しないわけじゃないですよ.私は,歩場間なんか広島に来ない方がよいとまで,極論を述べている訳じゃない.

    ただ,はっきりいって,「オバマには,米国には,広島・長崎の原爆に対して謝罪する資格さえない」と考えているだけです.

    日本から見て米国など,こと太平洋戦争に関しては,浮気を繰り返すバカ夫(日本が妻側)みたいなもので,自分から関係を切って出ていってくれて,清々した・・・,程度の相手です.

    それがどの面下げて,今さら謝罪などというのか.何か疚しい下心でもあるのか? こっちから願い下げです.

    原爆を受けて,無条件降伏も受け入れて,ボロボロになってもなお,広島は自分達日本人の手で助け合い,自分達で被害者を補償して,自分達で国家を再生し再び立ち上がってここまでやって来たのです.

    浮気ジジイの出戻りパフォーマンスなんて,今さら何の意味もないでしょう.

    それでも謝罪してくるというのなら,

    「そんなに核兵器がいいものなら,北朝鮮にも,イスラム国にもとっとと使ったらどうですか? 死者が減って,一気に平和が訪れますよ」

    とだけ,私は言い返すでしょう.日本に対する核兵器使用は平和の象徴,だのに今になって核兵器の削減がどうのこうのとは,随分都合の良い屁理屈ですね.根本的に矛盾している.

    謝罪は要りません.でも,どうして上述のような矛盾が自分達の心に生じているのか,私は,そのことについて彼らにもより一層,しっかりと考えてもらいたい.それだけが私の希望ですし,その意味合いにおいてなら,オバマ氏の広島訪問を歓迎します.

    ま,もっといえば,そもそも日本と戦争したこと自体が,私からいえば大間違いなのです.それゆえに,講和直後から「ある意味日本に有利な」日米安保体制を敷いて,多大なる軍事的コストを米国は掛けてこざるを得なかった.

    これも,日本との戦争は正義の戦争だった,という米国の威光のストーリーと,真っ向矛盾している.さて,どうして,矛盾してしまったのでしょうか,ねぇ.

    日本,支那,ソ連・・・と群雄割拠の状況で,どう考えたって一番まともだったはずの日本との関係を蹴って,浮気しちゃったんでしょうかねぇ,米国さんよ.

    戦争が終わって,日本ばかりが悪いと息巻いておきながら,東北アジアの平和は経った数年だった,すぐに支那は中共に赤化し,朝鮮半島でドンパチ始めたんだっけ.で,あわてて日本と手を組み直して,それから,

    「日本が米国を裏切ったことなんて,ありましたっけ?」

    「米国が日本に謝罪しない「から」といって,そんな理由でソ連や中共にすり寄ったり,あるいはヨーロッパを使って米国をねいネチやるとか,そんな下卑た態度を示したことがありましたっけ?」

    どこぞのごろつき国家と,こっちゃラベルが違うんだよ.

    せいぜい,近代史に起こった事実を色々と寄せ集めてみて,今一度ヨーク整理し直して,少しでも,物事の理解を深めて欲しい.そのためのお付き合いならしてもいいですよ.でも,今さら謝罪なんてされたくもない.

    それが日本人の,日本人らしいプライドなんですよ.

  3. もっというと,核兵器の使用が日本への投下でピタッと止まったのも,ある意味において,日本が相手だったから良かったんでしょうね.

    日本人は,どんなに恨み辛みがあろうとも,こんな下品で野蛮な武器を,まき散らそうとはしませんから.

    これがイスラム圏だったらどうでしょうか? 彼らの夢は,アメリカに核兵器で報復を・・・,になるでしょう.

    これが特亜だったらどうでしょうか? 自分達も使われたんだから免責だといって,より弱い国を分捕る時に当たり前のように使い続けたでしょう.かつて,ある特亜の人が,

    「貧乏で,献血したらその針からエイズになった人が,絶望して,自分の血を地下鉄に乗っていた人に注射しまくった事件があった」

    と,同情混じりに話してくれたことがありましたよ.

    日本人相手だったから,核の拡散は止まったのです.悔しさのあまり,その平気を手に入れてやり返したいなどと,低レベルのドッグファイトを潔しとしない日本だったからこそ,核兵器テロが世界の標準的な戦法にならずに済んでいる.

    そういう日本に対して,「スニークアタックのキチガイ軍事国家」というレッテルを貼り続けないと,自分の国家の威信(米国が全面戦争で勝利したのは唯一対日本に対してのみ)が持たないというのですから,米国人さん達も,何かどこか勘違いして,サヨク君になっちまった日本人達も,オバマが謝罪するかどうかなんかに,ワクテカして野次馬根性丸出しの連中も,まあ,せいぜいお勉強してくれ,としかいいようがありません.

    ということで・・・,

    オバマ氏の広島訪問が,オバマ氏を始め,より多くの人達がこの問題を考える切っ掛けになればと,それでも考えているこなでした.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です