先日は、楽しいひと時を有難うございました。

申し訳ありませんでした。もっとユックリしたかったのですが、次の日が私の市政報告会で、まだ文章というか・・・パワーポイントの内容を、もう少し精査したかったとの強い思いが勝ってしまって、あれから帰って夜中3時頃までやってしまいました。

いい年をした爺さんが、することではないのですが・・・やはり、ちょっと疲れましたね。でも、その出来も不満だらけで、日曜の夜も飲みながら改良を楽しみました。

まあ、この歳で、楽しみながら出来る事が沢山あるってのは、自分で言うのも可笑しいですが、贅沢な人生を送らせて頂いていると思います。

さて、 >EUよ,アンタらがしっかりしていないから,EU以上に覇権国家的資質に欠くロシアや中共が,挙げ句の果てにはイスラム世界も,全てがやりたい放題の我が儘をを始めている。

流石にしっかりと捉えておられますね。

今回、私的には、アメリカの利上げ最注目です。 アメリカは、ここに至って、アメリカ本土の石油を市場に出そうとし始めてます。

ご存じのように、アメリカの原油埋蔵量は中東を凌ぎます。 アメリカは、国内のシェールガスの国外販売を含めれば、現有の石油市場は暴落するしかない。 特にロシアは、天然ガスなどの資源を売って、国家財政を潤すしか手段の無い国。これで一挙に、ロシアはアメリカの飼い猫になります。

そして利上げ。 これはシナへのボディブローではなく、一発秘中のアッパーカットになるでしょう。 ドルの利上げは、市場での元売りドル買いになります。

元売りは、そのまま元安ですから、元を保有していた外資系も元売りで逃げる。 シナは元の暴落を防ぐために、ドルを売って元を支えるしかない。 為替介入をして必死で元を買い支えていると・・・元が市場から減少する・・・市場に元が無ければ、元の信用は暴落。 もう、暴落のスパイラル直行です。

EUの政治センスの無さにもあきれますが、所詮、「政治は民意・政治は善意」だという幼さ・甘さが。この結果を招いています。

政治家は、「民意・善意なんて糞くらえ!」です。 ひたすら自分を信じて戦わなくてはなりません。

10年後、100年後には、絶対にこの選択の方が正しいと思える確固たる自信が無い奴らが、安意に政治家になるから、民主党のような馬鹿な政権が生まれる。

でも、それを誕生させたのは、その政治家と同レベルの愚かな国民なのです。

さて、今日は、かなり疲れが溜まってますので、寝る事にします。 こなさん、桜風さん、又 楽しい時を過ごしましょう。 お休みなさ~い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です