あちこち、県外に行ってました

小市民さんの質問にお答えします。

>市民目線からどうしても佐方工業団地開発で(開発政策等含む)わからないことがあります。

1工業団地販売の営業は誰が主体なのですか?
市長が営業部長、営業員は市会議員?役所の一般公務員?安井・山下両県議会議員?

販売主体は廿日市市です。 県議会議員等は全く関係ありません。 私が知る限り、営業出来る者は行政には居ませんし、市長以外には、どんな案件に対しても、責任を取るシステムはありません(飲酒運転等は自己責任ですけど・・・)。 殿様商売の上で、営業部長不在の販売ですから、どうなるかはご想像下さい。

2それぞれの営業能力はいかほどですか?   ほぼゼロだと思います。

3佐方工業団地の他と比較した優位性は?

廿日市市は、工業用水が県内でも相当に高く、近隣に工業団地関連の企業も少なく、大学などの産官学の連携も出来ない処ですから、まともに戦えば、これから新規造成を始める東広島市などには歯が立ちません。 もっと、廿日市市の優位な部分で戦わなくては、都市間競争には勝てません。

4前回市長選で、『廿日市を夕張化させるな』として叫んでいたグループは今回、工業団地構想に反対に回ったの?どうしたの?まさか市長支持?

前回と前々回の市長選挙を戦われた井上女史の事を言われているのではと思います。彼女は、真野市長を応援されました。 選挙中は判りませんが、真野さん支持ですから、工業団地の事は無視されるのではないでしょうか?

5接続道路とJR・広電の佐方踏切近辺の渋滞を考慮した道路整備(JR/広電の立体化など)の中身は?

接続道路は、今回の造成事業とは関連がありません。 駅北事業の一環として対処する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です