久々に基地外新聞を見ると・・・

琉球新報 <社説>戦後70年世論調査 民意の重みを政治に生かせ 2015年7月23日 6:01

共同通信社が5~6月に実施した戦後70年世論調査で、国民の多くが平和憲法の存続を願っていることが鮮明になった。

安倍晋三首相はこの結果を真摯(しんし)に受け止め、憲法を破壊する安保法案の成立を断念すべきだ。  (中略)

仮に外国が日本を攻撃してきた際の対応を聞いた設問では「非暴力で抵抗する」が41%で最も多く、「武器を取って戦う」の29%を12ポイント上回った。

「逃げる」16%、「降伏する」7%を合わせると、非交戦派は64%に上る。安倍政権が目指す「戦争のできる国」を国民は拒否していると見るべきだ。

将来、日本を巻き込んだ大きな戦争が起きる可能性については「大いにある」12%と「ある程度ある」48%を合わせ、60%が「ある」と回答した。集団的自衛権行使に突き進む安倍政権の安保政策への危機感を反映した結果ともいえよう。(後略)

 

なんとまあ、気のフレたアホ丸出しの稚拙な文章であろうか。

こんな内容でも、新聞の社説だと胸をはる御仁が沖縄には生存しているんですか・・・ある意味すごいと言うほかありません。

「非暴力で抵抗する」が41%?  そもそも、外国が攻めて来た時の設問に「非暴力で抵抗する」などという、現実離れした項目を入れておく方が狂っている。

「武器を取って戦う」も間違い。 戦時に民間人が武器を持って抵抗すれば、正規軍ではないので、捕虜などの処遇は受けられず、降伏しても国際法上は、その場で射殺されても仕方がないことになる。 この程度の戦時国際法も知らずに、偉そうな社説を書くなと言いたい。

敵が、シナか朝鮮の場合は、正解はただ1つ。 民間人はただひたすら「逃げる」しかない。捕まれば、男は銃殺、女は強姦のうえ撲殺か慰安婦、老人は焼き殺され、子供は踏み殺される。ベトナムやチベットが良い例である。

「非暴力で抵抗」って、どんなことを想定して設問しているのだろうか?

天安門で学生たちが「非暴力で抵抗」した結果は、どうであったろう?

未だに、一万人を超える若者が行方不明のままである。 日本でも、学生たちが戦車の下敷きになり、轢き殺される映像を見た人々も多いはず。 シナの新幹線事故では、架橋から落下した車両を、ろくな救助活動もしないまま、叩き潰して、その場に穴を掘って埋め始めたではないか。 おそらく、その車両には、多くの犠牲者が取り残されていたと思われる。

シナの軍隊はシナ共産党の私兵であり、国民を守る軍隊ではない。

琉球新報も、日本の新聞とはとても言いがたい。 「シナのための、シナの資金による、支那人の新聞」である。 沖縄の民よ。ええ加減にせい。こんな新聞を買うからシナが頭に乗るんだよ。 せめて地元から不買運動してつぶしてしまえ。

本当に基地がなくなったら、アンタらどうやって食うんだ?

 

久々に基地外新聞を見ると・・・” への5件のコメント

  1. あの悲惨な沖縄戦の民間人惨劇を今一度,というわけでしょうか.

    いや,あの時は,それでも日本軍が応戦して,あの結果だったのですから,完全なる非武装抵抗となると,もう,これは,目も当てられない悲惨な状況となるのでしょう.

    それでも,「日本軍に集団自決しろ!」と命令されるよりかは良い,とかいう与太話を信じるのでしょうか・・・,ねぇ.

    「完全なる非武装抵抗」・・・それは,勇気ある非戦の誓いでもなんでもない.単なる,「現実を見たくない卑屈な精神」の投影でしかありません.

    「家のカギを開けておいたら,ドロボウはいたく感心して,絶対に狼藉を働きません・・・」

    って? ガンジーだってひっくり返って驚きますよ.

    悪いけれども,この言葉のうらには,「本土(沖縄から見た日本)の権力者に,言ってやった,楯突いてやった!」という,幼稚なルサンチマンが見え隠れしますね.

    沖縄が,本気で,本土に対する対抗心でこういうことを言い続けるのなら,私だったら,悪いけれども,沖縄なんて「米国に売り」ますね.その方が,特亜に蹂躙されてシーレーンがグチャグチャになるより,よっぽどマシだから.

    私の理解では,戦後米国に接収されたままであった沖縄が日本に復帰した最大の理由は,天皇陛下(昭和帝)のご尽力にありました.沖縄の皆さん,そういうのって,迷惑だったって言うわけですか? 

    だったら,とっとと米軍植民地に戻ってもらいたいですね.ハッキリ言って.

  2. ただ・・・

    さっきは勢い余ってボロクソに書いちゃたけれども,沖縄的メンタリティというか,島国的メンタリティも,実は,分からなくもないのですよね.

    もちろん,そういうメンタリティにひよって,変な知事を選んじゃったり,都市どころのない横車を押してあやしげな近隣諸国につけいる隙を与えたりすることには,共感はしませんが.

    沖縄は,日本本土よりも輪を掛けて,「カギなんか掛けなくっても,泥棒なんて入らない」土地なのでしょう.かつてゴーギャンが,南海の孤島タヒチに見出したユートピア.美しい海岸線と,たおやかなしまなみに囲まれて,大きな欲望を持たない限り,みんなが等しく,そこそこ豊かに(といっても,近代文明レベルではないですが)暮らしていける場所.以前の書き込みで,「日本人は他者を知らない」と書きましたが,言いかえれば,これこそがまさに,南の小島の楽園的メンタリティなのです.

    かつて,山本七平だったと思いますが,レイテ島で米軍と戦っているおり,現地のフィリピン人たちから本気で,「どうして日米は,そんなにムキになって殺し合うのか分からない・・・」と呟かれて,なんともいえない感慨に耽ったとありますが,まさに,そうしたシマンチュ的メンタリティなら,こなにも分からなくもない.

    そういう目で見ると,自らのたおやかで美しい島を,ボコボコと埋め立ててどす黒い迷彩色の軍装備品を持ってこられることに対して,ムラムラ,イライラする気持ちも分かる.

    しかし,やっぱり,流されちゃいけない.そういうナイーブな心に流されるのは,生き馬の目を抜かれる国際社会に知らずとうちに放り出された,あまりにも純朴な田舎者と同じなのです.早晩,詐欺に遭い,危ない隘路にはまり込んで,身ぐるみ剥がされてポイ捨てされるのみ.

    そりゃ,巻き込まれたくなんか無かったでしょうよ.なぁーんにもない田舎の小島のままで,エメラルドグリーンに輝く砂浜に打ち付ける波をぼんやりと眺めながら,一生を終えることが出来たらどんなにか素晴らしいことでしょう.

  3. しかし,極めて残念ながら,現実がそうじゃないのですな.

    「善,悪」ではありませんよ.ただただ,「現実」.下卑たいい方をすれば,国家の安全保障なんて,所詮は,「現実」に対する「対処療法」でしかない.

    もちろん,だから,こなは,沖縄の人々が本土と異なった意見を持っていもいいと思うし,憲法にしろ,安保にしろ,集団的自衛権にしろ,その可否や温度差を議論していいと思う.

    そして,だからこそ,「完全非武装抵抗」などという粗雑な与太話に,思わずきつく言いかえしてしまったのです.

    デリケートで,むずかしい問題だからこそ,身長勝つ繊細な議論が必要でしょうよ.ぬぁにが,

    「集団的自衛権イコール戦争が出来る(したがっている)」

    だよ.ぬぁにが,

    「戦時における,非武装抵抗」

    だよ.こういう粗雑な議論で,「オレは田舎で,ピュアな平和を愛する人間だぁ」,と自己満足しているのだとしたら,それは残念ながら,

    「気付かないうちに都会に繰り出しちゃった,ネギ背負った田舎の鴨」

    でしかありませんよ.

  4. こなさん、お久しぶり^^お元気そうで
    何より・・・貴殿のおっしゃる通りです。

    しかし戦後70年、ブラジル人や東南アジア人
    なら一目で判別出来ますが我が国には日本人で
    はない日本人みたいな人種が日本人を装い政治
    家、企業家をはじめマスコミメディア、教育、宗
    教、芸能各界他で大手を振っているんですね。
    それと先祖に半島出身者がいて韓国、朝鮮に郷愁
    を覚える人々。今はれっきとした日本人なのだけ
    れど満州や朝鮮で生まれたということで彼の国に
    恋慕してしまう人々・・・・。
    しかし戦後WGIPによる日本の変節を正すのが如
    何に難しいか・・。
    ため息の夏。66歳っす^^

  5. 新津さんご無沙汰です.
    暑い日が続きますね.お体ご自愛下さい.

    さて,ネットのどこかに転がっていた書き込みです.なかなか秀逸なので,転載します.

    ーーーーーー以下引用
    4: エクスプロイダー(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 14:34:54.27 ID:Vqf/5wc80.net
    安保法制でギャーギャー言ってる奴は次のような特徴がある。

    ・日本人に対して信頼を置いていない。
     まるで、その人の友人が明日にでも殺人鬼になるかのように、「普通の日本人」を信用しない。

    ・外国と比較してどうかという視点がない。
     日本と外国を比較して、日本を外国と同じ立場に置いた場合を全く考慮しない。
     同様に日本と敵対国の立場を入替えた場合も考慮せず、関係が対等にならない。

    ・条文や過去のルールに縛られる。
     憲法をはじめとしたルールは、現在の国民が考え決めるものであるにもかかわらず、
     過去のルールや条文に固執する。かといって、自らの行動はルールに縛られず、傍若無人である。

    ・民主主義の基本から逸脱する。
     民主主義は多数意見の尊重か基本であるが、多数意見と相容れない場合ですら、少数の意見が
     優先されると主張する。ルールを守らず、対案を示さず、嘘、欺瞞を多用し、議事の進行を妨害する。

    理路整然とした考え方ができず、為政者や多数派に対して悪者のイメージを持っており、自分たちで社会を作っていく主体性に欠け、おそらくは反社会的な集団によって誘導されていると思われる。
    ーーーーーーーー引用終わり

    いやぁ,良くまとまっていますねぇ.要するに,「自己がない」ということですね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です