日本は、核武装なくして、実質的なアメリカの軍事パートナーでいられるか?

今日のブログで、こういう面白い文章がありました。

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5899.html

自主的核抑止力を持たない日本は、核武装した中朝露を相手に集団的自衛権を発動する能力を持たないのである。

この「自主的核抑止力を持たない(持てない)状態で、日本は集団的自衛権を行使できるのか?」という問題に関して、筆者は、カール・フォード前国務次官補(情報局長)と話し合ったことがある。

フォード氏は国防総省の次官補(アジア政策担当)を務めたこともある、CIA出身の軍事政策専門家である。筆者とフォード前国務次官補は、誌上で以下の議論をした。

伊藤…(略)…米中両国が戦争状態になり、日本にある軍事基地から米海軍や空軍が出撃して中国の駆逐艦を撃沈し戦闘機を撃墜すれば、中国政府は日本政府に対して「すべての対米協力を即時中止せよ!米軍に日本の軍事基地を使用させるな!この要求に従わないならば、24時間後に大阪に核ミサイルを撃ち込む!」という要求を突きつけてくる可能性があります。

その場合、日本の総理大臣はどう反応するでしょうか。「アメリカの核の傘があるから大丈夫だ。中国が日本を攻撃してくることなんかあり得ない」と言って対米協力を続けるでしょうか。

それとも「たとえ中国が大阪に核ミサイルを撃ち込んでも、それを理由にアメリカと中国が核戦争を始めるわけがない。そんなことをすれば、数千万人の米国の一般市民が死んでしまう。

アメリカの大統領がそこまでして『核の傘の保証』を守るはずがない」と判断して、中国からのニュークリア・ブラックメール(核兵器による恫喝)に屈服するでしょうか。…(略)…

カール・フォード  この場合、日本政府は「中国政府はそのようなニュークリア・ブラックメールをかけてこないだろう」、もしくは、「中国がニュークリア・ブラックメールをかけてきても、それを実行することはないだろう」と希望するしかない。

もし日本が中国のブラックメールに屈服するなら、日米同盟はそれでおしまいです。その場合、日本は中国の属国になるでしょう。

結局、これはチキン・ゲームです。

もし中国が、「台湾を断固として獲る!アメリカと激しく対立しても獲る!日本にニュークリア・ブラックメールを突きつけてもでも獲る!」という鋼鉄のように激しい決意を見せてこの戦いに臨んでくるならば、日本は負けです。

日本にとって、そのような中国に対抗する手段はない。

現在の状況下で、日本は「堅固な日米同盟」が中国にそのような行為をとらせない効果があるだろうと希望するしかないのです。

フォード次官補の述べるように、自主的な核抑止力を持たない日本は、たとえ極東有事において米軍と一緒に集団的自衛権を行使するという決断をしても、中国政府にニュークリア・ブラックメールをかけられた途端に、「日本は負けだ。日本にとって、そのような中国に対抗する手段はない」という状態になるのである。

「米国の提供する核の傘」とは、しょせん、フィクションにすぎず、自主的な核抑止力を持たぬ国が、集団的自衛権を発動して核武装国を相手とする戦争に参加しようとするのは、最初から非論理的な話なのである。 (引用終わり)

ThreeGorgesDam-China2009{三峡ダム}

はたして、日本は彼が言うように、支那への対抗手段は皆無なのか? 私は違うと思う。

■断層帯にダム、地震回数30倍に

三峡ダムが広がる長さ約600キロメートルの渓谷(長江三峡)は、複数の断層が重なった地形をしている。長江沿岸の斜面に開かれた巴東は、昔から地滑りの多い土地柄だが、住民らはここ数年で被害が急激に増えたと証言する。

>カナダ・トロント(Toronto)のプルーブ・インターナショナル(Probe International)が公開した2010年の中国政府に調査結果によると、ダム周辺では2003年以降、大半はマグニチュード3以下と小規模ながら、地震の回数が30倍になった。

日本が保有する中距離ミサイルを、一発、この三峡ダムへ打ち込むだけで、核ミサイル数発分の効果がある。

2014-11-13-flickrPedroVsquezColmenares-thumb

シナは、あのようなバカでかいダムを作り、一瞬で上海を含む近郊都市が壊滅する下地を作ってくれた。 あれだけの貯水量と重さがあるから、周辺の地表がダム周辺へ引っ張られて、常に微弱地震が頻発しているものだと思う。 まさに一触即発である。

知らん顔をしているが、アメリカも日本も、この事は十分に認識しているはずだ。

シナの東北部や山東省から、日本の工業団地、基地や空港、原発に向けられている数百発の中距離ミサイルが発射される動きは、位置を含めて瞬時に捉えられる。 日本の米軍基地の中距離ミサイルが、どこを向いているか? 調べてみるが良い。

これを抑止力という。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です