もう1つおまけ

在日外国人であっても日本に帰化し、日本人として立派に生活している方々が多い中、母国に帰る事もなく、母国に援助も求めず、日本への帰化を何十年も拒みながら、生活保護で日本に寄生する人達とは、一体何なのか?

この数年、自分なりに、膨大な資料を集め、様々な文献を読んでみると、おぼろげながら一つの結論が見えてきました。 誤った歴史認識であります。

こういう発言をしたり、ネットで投稿すると、必ず「歴史的な背景を知らない者に語る資格はない」とか、「なぜ、朝鮮半島の人々が日本に居るのか?語るなら本気で勉強しなさい」などの返信があります。

「在日朝鮮の人々は、日本に強制連行された可哀想な被害者で、日本人は残虐な加害者である」というものでしょうが、このような与太話など、本気でネット検索すれば、一時間で嘘と判ります。

*朝鮮併合を望んでいたのは、実は朝鮮側であり、当時の朝鮮で百万人を超える最大の政治団体であった一進会が、4度も朝鮮併合の願いを日本へ出していたこと。

*併合を最も反対していた伊藤博文公が、朝鮮人のアン何とかというテロリストに暗殺されたから、併合が早まった事。

*併合後の1920年には、日本に密入国する朝鮮人が余りに多いので、渡航制限までしていた事。

*昭和34年の外務省発表では、朝鮮人徴用は、1944年9月から半年しか行えず、当時徴用した32万の労働者たちは、1945年8月から翌3月までに99%が帰国した事。

*敗戦翌年の1946年だけで、日本への密航者が21,420人いた事。

*1950年の朝鮮戦争勃発で、何万人もの朝鮮人が、日本の親戚を頼って密入国してきた事。

*1946年から1953年までの、朝鮮への強制送還は、内務省資料累計では44,587人に上るが、その数よりはるかに密航者が多かった事。

これのどこが強制連行なのでしょうか? むしろ、日本は国内の治安維持の為に、重犯罪を犯した朝鮮人などを、片っ端から朝鮮半島へ強制送還していたのです。

結論から言えば、今、日本に居る永住外国人と言われる韓国・北朝鮮人の人々のほとんどは、帰国する手段は幾らでもあったのに、自分の意思で日本に残った人々の子孫であり、公の資料を読んでいけば、その多くは密入国者であった事も、事実であります。

強制連行など、最初から無かったという事です。

もう一度言います。 この強制連行などという言葉は、今の在日の人々が、日本で公然と生きるために作ったものであるという事です。

また、在日朝鮮人の生活保護費要求襲撃事件で検索すれば、その姿が益々、明らかになります。

1950年の神戸市長田区役所に、200人をはるかに超える朝鮮人が押しかけ「市民税免除と生活保護の徹底」を求めて暴れまわった事件。

1951年、兵庫県下里村では、やはり在日朝鮮人200人が、「生活保護と本国への強制送還反対」を求めて村役場を襲撃した事件。

これ、面白いでしょ?自分の国への強制送還を止めろって騒いでいる。

1952年、山口県宇部市万来(ばんらい)町では、役所襲撃だけではなく、その襲撃で手薄になった警察署へも押しかけて破壊、当時の宇部興産の工場にも乱入し、仲間であるはずの民団を襲撃した事件などが、簡単に検索できます。

こういう真実の歴史を、しっかり頭に入れて頂いた上で、これからの生活保護認定のお仕事をして頂きたいと思います。

 

もう1つおまけ” への1件のコメント

  1. あけましておめでとうございます

    今年も宜しくお願いします.

    今年で戦後七十年ですか.よくもまぁ,戦後レジームは長く続いたものです.
    さらに,平成も四半世紀が過ぎました.炭塗り教科書世代,ベビーブーマー世代が責任世代となって以来,平成大不況,民主党政変劇があって,流石に,

    「戦後レジーム」=「絶対正義」=「正解」

    というわけじゃないんだと,感づく人が増えてはきました.が,まだまだ,マスゴミや芸能などの野次馬総代に,炭塗り教科書どっぷりの重鎮がいて,頓珍漢な自虐思想をまき散らしています.

    そんななか,強い信念の元,議会の中で繰り返し問題提起をする寝るケーノさんのご尽力には,まさに頭が下がる思いです.

    在日利権に言及すると,いまだに,言及イコール差別だと騒ぐ人がいますが,われわれが憎んでいるのは,あくまでも,「ウソ」と「卑怯」です.

    今年も,宜しくお願いします.

    あと,久しぶりに,飲みに行きたいですねぇ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です