先日、自衛隊父兄会の集まりに行ってきました。

毎年、自衛隊幹部の方の講演があったり、父兄一人一人からの意見聴取があったりと、大変工夫された会です。

その案内文に添付されていた「元自衛官幹部のブログ」から。

>最近の事ですが、国会議員が「憲法9条があるから自衛隊に入隊している」とか、「集団的自衛権を認めたら自衛隊に被害者が出る」とか発言したそうです。 言葉の裏には、自衛官が憲法9条により、安全そうだから自衛隊に入隊しているとの発想が見え隠れしております。 この発想こそ自衛官に対する耐えられない侮辱であり、この政治家は、「自衛官の宣誓」を読んだ事があるのかと疑いたくなります。

「・・・ことに臨んでは危険を顧みず、身をもって職務を遂行して、もって国民の負託にこたえることを誓います」と宣誓し、訓練を重ね、教育を受けるにしたがい、更には実際に国際貢献任務等に従事することにより、その崇高な使命感に満たされるのです。 昔、普賢岳の噴火災害時の決死の災害派遣隊員に対し、当時の長崎県知事は、「地球よりも重いという命があるが、その重い命よりも重い使命感というものがあるという事を、まざまざと見せてくれた」と、最大の賛美を隊員に送っています。 自衛官は、曖昧な憲法のはざまに立つことなく、正しく認められた存在でありたいと願っているし、活動においては、他国の同盟軍隊を助けることも出来ず、卑怯者呼ばわりされたくないと願っているのです。(おわり)

マスゴミは、「早く子供を産め」発言等で、毎日次元の低いバカ騒ぎをするより、子供達の未来の為に、我身を挺して祖国防衛して頂いている方々に、このような侮辱をする国会議員を糾弾する方が先だろ!

集団的自衛権の議論は、このブログの最後の文章に尽きるのです。

自衛官は、曖昧な憲法のはざまに立つことなく、正しく認められた存在でありたいと願っているし、活動においては、他国の同盟軍隊を助けることも出来ず、卑怯者呼ばわりされたくないと願っているのです

日本は「恥の文化」があり、「卑怯」は最も恥ずかしい行為とされています。

私が議長時代の話ですが、県自衛隊家族会の立食パーティの席で、

「「我が国は平和憲法があるから、目の前で同盟軍が攻撃されても、安全な処で見ていろ」と、いくら先生方から命令されても、現場の我々は、国の為に命を懸けて命令に背くこともあります」

と、冗談とも本気とも言えない言葉を、中堅自衛官から聞きました。 小声でしたが、その眼は本気でしたよ。

国を想う彼らを、卑怯者にしてはいけません。 そして、彼らの命を守るためにも、集団的自衛権の法整備は急務です。

先日、自衛隊父兄会の集まりに行ってきました。” への2件のコメント

  1. >最近の事ですが、国会議員が「憲法9条があるから自衛隊に入隊している」とか、「集団的自衛権を認めたら自衛隊に被害者が出る」とか発言したそうです。 言葉の裏には、自衛官が憲法9条により、安全そうだから自衛隊に入隊しているとの発想が見え隠れしております。

    批判をする左翼人の特徴は、(私が感じるところですが)武器=権力なんですね。

    武器とは自衛官や警官は銃などを所持できるので、こうしたことから『殺されてでも容疑者を殺してはいけない』という批判をあげているのです。

    左翼人は本当ならば武器=理論・知識などで示すはずでしたが(現在はマスコミ等含む)彼らこそ、従来より集団的自衛権を行使しているのですけど。言い換えれば内ゲバ。自己批判をさせて、ある一定の個人を集団的に目をつけて(各々の)防衛のために各種暴力で支配していく。

    嫌味ですが、本当に立派な左翼であれば、震災があった時に救助にきた自衛官に必ずこう言うはずだ。

    『あなたたちも、同じ人間。危険な救助活動で命を落としたらいけないので、救助はやめてくれ。』

    ここまで言える左翼の方いますか?

    彼らは人間であり日本人ではあるが、自衛官なんだ。一般市民では計り知れない意志と使命を持ち合わせた人間なんだ。
    そうした方々が世界で活躍できるようにするのが一番良いんだよ。
    憲法9条なんか関係ないのだよ、彼らには。無知な左翼人は無知らしく黙るほうが国益には数倍良いのにね!左翼の方も各基地周辺である住民との触れ合いイベントに参加してみたら。きっと私の意見が大げさではないことが分かるから。

    • 連投で申し訳ないですが、追記。

      日本人の左翼の方って自分で左翼の意識がない方おおいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です