さっき、NHKでもやってましたね。

 

この賛美のコメントの嵐の中でも、韓国のどうしようもない変質的な嫉妬深さには閉口しますな。 まさに、2ちゃんねるで、いつも書かれているセリフ、 「こっち見んな!」 です。

>★「日本を尊敬する」 W杯敗戦後にスタジアムのゴミを拾う 日本人サポーターが海外で絶賛  【海外の反応】 2014年06月16日 http://www.all-z.com/archives/1004496999.html

(海外の反応) 「日本人サポーターは掃除をいつもやってると思う 1998年のフランス大会でも 日本のサポーターが掃除してるのを見かけたもん。

素晴らしい事だ、 もっと多くのファンがやってくれることを願う 」

「2006年のドイツ大会でもゴミ拾いしてたわ、 頭が下がるね 」

「日本人はコンスタントに 世界最高の観光客に選ばれ続けてる あちこちで喜ばれている証拠だよ 」

「上品というか気品にあふれてるな、日本人は」

「これは尊敬 どこでもそうだけど、 イベントが終わって人が消えたあとの会場って 最悪で嫌いだわ」

「大震災に直面したときも、 上品に律儀な振る舞いをしてたよね 日本は凄いや」

「昔、日本の生活について 特集した番組を覚えている それは、学校が時間を割り当て 生徒に清掃させているというものだった。 掃除させる理由は、 自分のいる環境は自分で綺麗にし続ける 責任があるからだという 若い頃からこういった教育をされてるから、マナーも良いのだと確信している 」

★日本サポーターの 敗戦後の行動に称賛の嵐! =「こんなことしたことないよ」 「泣きたくなる!」―中国ネット Record China 6月16日(月)11時52分配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140616-00000021-rcdc-cn

2014年6月16日、鳳凰体育によると、14日(現地時間)に行われたサッカーのブラジルワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦で、日本はコートジボワールに逆転負けを喫したが、試合後の日本サポーターの振る舞いに称賛の声が上がっている。

日本を訪れた多くの人が、この国は清潔だと感嘆する。そして、その精神は日本サポーターによってブラジルW杯のスタジアムに持ち込まれた。日本がコートジボワールとの戦いに敗れた後、日本のサポーターは会場のごみを拾い集めてから会場を後にした。

最初はごみ袋を手にした日本人をいぶかしがっていたスタジアムの人たちも、これを見て称賛したという。

中国版ツイッターには、以下のようなコメントが寄せられている。「日本人はすごい!」「この民族には本当に敬服させられる」

「素養の高い民族だ。 われわれは学ばなければならない」「傲慢な中国人はこんなことできやしない」

「負けて気持ちが落ち込んでいる時に 掃除なんて、おれはしたことないよ」「だから日本は世界から尊敬されるんだよ」

「日本人の素養の高さはもはや語り尽くされている」

「こういう報道があるたびに、 私は(中国を思って)絶望する」「日本人を見てから中国国民を見ると、本当に泣きたい気持ちになる」

「日本人は嫌いだが、 これは称賛しないわけにはいかない」「中国人には日本人をけなせる要素がない」「試合に負けても品位では負けない。すごい」(翻訳・編集/北田)

 

★韓国人 「韓国よ、これが日本の市民意識だ! 試合後の日本サポーターをご覧ください」  カイカイ通信 2014年06月16日  http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/28486708.html  本当に市民意識が高いね… 翻訳元 http://www.ilbe.com/3721726614

「やはり日本」「きゃー!これが先進国だよ」

「あの方々は在日です^ ^ 」

「日本を罵ることができないのが、少なくとも未開ではないということ」

「日本人は、他人の顔色を気にするやつらだから、 あのようにして礼儀正しいふりをしてるだけ」

「どんな意図があろうとも、ないよりはマシだろ」

「やはり日本は、 すべての面においてアジアトップだ」

「>>26 今日も、拷問で死んで行った 独立闘士の方々が嘆いています」

「韓国にもあのような行動をする人たちは 一人や二人、必ずいるだろそんな写真を1~2枚撮影して、外国のインターネットにアップすれば 「コリアンの市民意識すごい!」 となるだろ? たかが、数枚の希少画像をもって アホなこと言うな 」

「サスガだ… 韓国だったら、ゴミを拾う以前に、 審判の悪口を言いながら、 FIFAのホームページにテロしていたことだろう」

「「菊と刀」という本ではないが、日本民族のあのような善良な意識の裏には、刃物のような陰険な心がある 朝鮮の恥辱的な50年の歴史を絶対に忘れてはならない」

「このようなことは韓国では不可能 金を払ってるのに、ゴミを捨てて 何が悪いというマインドが根付いている」

「韓国では、誰かがゴミを捨てるのを見て、 それを指摘すれば、何だお前はとなる 管理者に指摘されるのならまだしも、見ず知らずのやつに、しかも他の人も ゴミを捨てている状況なのに、なぜ自分だけに言うのかと 」

「韓国:ゴミを捨てて何が悪い、清掃員がいるというのに(笑) 日本:自分の捨てたゴミは自分たちで処理しましょう」

「他国では善良なふりをしておきながら、世界の海に放射能を垂れ流すやつら 」「てか、あれは競技場を管理している人たちが 片付けるものじゃないの?」「清掃員が解雇されたそうです」

「だから日本は、歴史歪曲などアホな真似していても、世界人々から高い評価を受けているのだ 特にあのような日常的に見られる高い市民意識が、大きく影響している 他国の人たちが感じる韓国人と日本人の 民度の差はとても大きい 歴史認識問題、領土問題などは、韓国と中国にとっては許しがたいものであるが、そのような問題と関わりのない国の人たちから見れば、日本人は秩序意識が高く 礼儀正しいという認識になっている 」(引用ここまで)

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

かなり屈折したご意見の持ち主もいるようですね。

W杯ドイツ大会では、韓国戦の試合終了後、韓国人サポーターが、スタジアムの観客席だけでなくスタジアムの外の道路にまで、応援グッズの国旗を大量に捨て捲って、韓国メディアが憂いました。

試合前には、狂信的なナショナリズムを見せる韓国サポーターが、試合終了後には平然と国旗をポイ捨てする。

スタジアム外の道路には、彼らが捨てた国旗で赤く染まり・・・それを韓国サポーターが踏みつけながら帰っていく・・・国内でも・・・こんな状況です。2002年の日韓W杯の試合終了後の写真だそうです。

★韓国人 「大韓民国の市民意識をご覧下さい」 カイカイ通信 2013年05月27日 http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/28486708.html

2002年W杯と言えば、日本でも淀川に飛び込んだり、ケンタッキーおじさんを盗んで川に投げ込む不届き者がいましたが、当時ソウルに住んでいた日本人の方によると、決勝リーグ進出に沸いたソウルでは試合終了後サポーター達が街中で暴動状態だったそうで、興奮した男女が、停車していた他人の車のボンネットに乗りジャンプしてへこました挙句に「本番」を始めてしまうという日本では信じられない光景があったそうですわ・・・

さてさて、上記に「W杯での」と記載したのはこんなエピソードが有るからです。

★胸を張れインドネシア、 そして誇れ日本サポーター 2007年7月21日 http://www5.nikkansports.com/soccer/japan/asiancup/2007/column/umishima/umishima20070721.html (略)「我々インドネシア人が目指している サポーターのあり方は 日本人のそれなんだよね。」日本サポーターのマナーの良さが、こんな所にまで知られているとは。

(中略)その昔、あるバーレーン人と話した時に「ドーハの悲劇」の話題となった。

そのバーレーン人は「おいケン、知っているか? あの時、日本のサポーターは (イラク戦のロスタイムの同点弾で) W杯出場を逃したにもかかわらず 泣きながら(スタジアムの) ゴミを拾って帰ったんだぞ。」と(どうだ、驚いたか)とでも言うように、自慢そうに話すのだ。

負けて暴動が起きるのが珍しくないW杯予選でのこの行動は、湾岸エリアの新聞に掲載され大きな反響があったらしい。(引用ここまで)

 

さっき、NHKでもやってましたね。” への1件のコメント

  1. >韓国のどうしようもない変質的な嫉妬深さには閉口しますな。 まさに、2ちゃんねるで、いつも書かれているセリフ、 「こっち見んな!」 です。

    韓国はずっと日本を中止しなければいけない状況になってしまっています。
    賠償・スワップなどどうやって世界通貨円をいただくか。
    さあ、河野談話の検証報告が産経に載っていますね。韓国はますます凝視してみますよ、日本を。

    あとおもしろい都市伝説ですが、在日の帰国推進や在日の在外登録などの法整備が韓国で進んでいます。
    反日に役に立たなくなった在日を韓国が引き取って証拠隠滅を図っている・・・。
    またその時には、一部民主党議員を失脚させる・・・。

    もしこの都市伝説が本当ならば、韓国よがんばれ!
    ここだけは応援するぞ!
    (あと自民党左系の河野なども一緒に頼む!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です