これは?” への2件のコメント

  1. 都市伝説的推論

    1 中国原子力潜水艦をアメリカ潜水艦が撃沈、またはその逆。

    2 韓国潜水艦の自損事故。

    ここまでは誰でも思いつくが、しつこい小市民の都市伝説的推測はこれです。

    中国・韓国のどちらかによる、原子炉破棄のための爆発。

    こなさんだったら0.1%くらいはあるかも、と思ってくれるかも

  2. トピズレですけれども,特記事項だと思いますので,書き込みます.

    安倍首相が,拉致被害者の再調査の約束を取り付けましたね.これは快挙です.

    で,,,途中を端折って書きますが,本当に,安倍さんは「策士」ですね.特亜の連中は,安倍さんのことを,本当に怖がっていると思います.

    嫌らしい表現になりますが,安倍さんは本気で戦後レジームを怖そうとしている.それも,私がいつも口にする,戦後日本人の自虐的な心理状態だけじゃなく,戦後の国際秩序のスクラップ・アンド・ビルドを,どうも本気で考えている.

    これを,戦後レジーム的な用語に直すと,「戦争をも辞さない」行動をとられている.

    今回の,北朝鮮の日本への歩み寄りは,八方美人的告げ口外交が伝統の朝鮮半島からすれば,中共に韓国が近付いた当てつけでもあるのでしょう.確かに戦後から今までは,南も北も,国が潰れたりすることはなかった.でもそれは,戦後レジームを継続するという今までの常識論の中で,日本がじっと耐えて,不利な条件を受け入れて来たからという側面が大きい.

    もちろん,米ソ冷戦,それから米中にらみ合いの構図,つまり,米もソも,面倒臭い奴らだと思いながらも,南北朝鮮を保護してきたというのがベースにありますが・・・.

    でも,だから,彼らはとてつもない我が儘をやりたい放題しても,周りの国家が「自動的に」支えてくれてきた.

    でも,その構図を,どうも安倍さんは,「壊れてもいい」と考えているようです.

    今回の安倍さんの行動には,韓国も,米も,中共も,それからロシアでさえ,最大限の警戒心をもって注視していることでしょう.

    日本が,日本から,西側体制,つまり「韓国>北朝鮮」の構図を捨てて,「北朝鮮>韓国」というお付き合いの序列を作り出し始めている.

    日本が発信源となって,戦後秩序の小康状態に風穴を開けようとしている.これは,周辺諸国,それから米,ロシアにとって,おそらく我々日本人が呑気に考えている以上の,強烈なメッセージとなっていると思います.

    表向きには,拉致被害者奪還の日本と,食料援助の北朝鮮,それだけの限定的な関係だと思われるでしょうが,世界からみれば,金融危機に喘ぐ韓国をいつも通りに助けなかった今回の安倍政権が,何故か北を援助しようと動き出した・・・,そのように取られるのは必至です.

    奇妙な構図・・・,

    韓国を,東側の中共が助けて,
    北朝鮮を,西側の日本が助ける・・・,

    もちろん,中共が本気で韓国を助けるはずがありません.それに韓国は,戦時統制権を自分で持とうとしないため,米国はもてあまし気味です.この状態で,日本が北を支えるとなると,北主導での朝鮮半島統一という構図が浮かび上がってくる.

    冗談でしょう・・・,とお思いかも知れませんが,戦後の国家秩序の混乱期をもう一度整理すると,日本が朝鮮半島の平定をそのように考えてもおかしくない状況が浮かび上がってくる.

    日本としては,北主導であろうとも南主導であろうと,半島統一後の国家が,これ以上拉致を繰り返したり,日本に敵視をしてくることさえなければ,それ以上望むことはありません.ある意味において,南北対立のイデオロギ的な構図なんざぁ,知ったこっちゃ無いのです.

    でも,南北(東西)対立の構図の小康状態の中で国家の安定を保てている特亜諸国や,その構図の後ろ支えを演じている米露にとっては,そんな日本の独自路線ほど,ややこしくて・・・怖いものはない.

    しかし,世界がどう見ようとも,私は安倍政権の行動に賛同します.世界の方がおかしいのです.

    自分達のモラルの崩壊,秩序の崩壊の原因を直視せず,東京裁判で,みーんな日本が悪かったと決めつけて臭いものに蓋をしてきた連中の方が悪いに決まっているじゃないですか.

    自分の家族の一員である拉致被害者を,万難を排して助けに行く・・・,当然のことです.
    西側の一員だからといって,無理難題を突き付けてきてはだだっ子のようにごねる韓国を,こちらからの手弁当で永遠に助け続ける・・・,もういい加減バカらしい.

    政治信条が違っても,基本的な友好関係が保てて,露骨な憎悪と犯罪を日本に振り向けて来ない国家であれば,日本は堂々とその国家を承認すればよい.だとすれば,日本の下支えで,北朝鮮中心の朝鮮半島統一というムーブメントが起こっても不思議ではない.

    でも,もちろん,その暁には,朝鮮半島は壮絶な内戦状態に陥るでしょう.

    ただし,その混乱を,自分達自身で平定する力がないのであれば,朝鮮半島には,そもそも独立国家たるだけの素養が無いと言うことになる.そういう匕首を,眠れる獅子の日本から,突然突き付けられた南北朝鮮・・・,一体どの様に感じているのでしょうかね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です