先帝陛下御生誕の日

他のブログからのコピーですが、先帝陛下の御遺徳を偲んで。
昭和天皇(先帝陛下

●マッカーサーを感動させた昭和天皇の言葉

「…(終戦時において)陛下に対する占領軍としての料理の仕方は、四つありました。

一つは東京裁判に引き出し、これを絞首刑にする。
一つは共産党をおだてあげ、人民裁判の名においてこれを血祭りにあげる。
三番目は、中国へ亡命させて中国で殺す。そうでなければ、二〇個師団の兵力に相当するかと怯えた彼らです。
また第四番目は、闇から闇へ、一服もることによって陛下を葬り去ることでありました。

いずれにしても、陛下は殺される運命にあったのです。
天皇は馬鹿か、気狂いか、偉大なる聖者か、いつでもつかまえられる。
かつては一万八〇〇〇人の近衛師団に守られたかもしれないが、今や全くの護衛を持たずして、二重橋の向こうにいる。…

陛下の割腹自刃の計画は、三度ありました。
貞明(皇太后)様は、(侍従に、)陛下から目を離さんように命じました。
じつに一番悩まれたのは、陛下でありましたでしょう。

九月二七日、陛下がただ一人の通訳を連れて、マッカーサーの前に立たれたことは、皆様方もよくご承知の通りであります。
ついに天皇をつかまえるべき時が来た。
マッカーサーは、二個師団の兵力の待機を命じました。
マッカーサーは、陛下は命乞いに来られたものと勘違いし、傲慢不遜にもマドロスパイプを口にくわえて、ソファーから立とうともしなかった。

陛下は直立不動のままで、国際儀礼としてのご挨拶を終え、こう言われました。

『日本国天皇はこの私であります。戦争に関する一切の責任はこの私にあります。私の命においてすべてが行なわれました限り、日本にはただ一人の戦犯もおりません。絞首刑はもちろんのこと、いかなる極刑に処されても、いつでも応ずるだけの覚悟はあります』

――弱ったのは通訳でした。その通り訳していいのか

――しかし陛下は続けました。

『しかしながら、罪なき八〇〇〇万の国民が、住むに家なく、着るに衣なく、食べるに食なき姿において、まさに深憂に耐えんものがあります。温かき閣下のご配慮を持ちまして、国民たちの衣食住の点のみにご高配を賜りますように』

天皇は、やれ軍閥が悪い、やれ財界が悪いと言う中で、一切の責任はこの私にあります、絞首刑はもちろんのこと、いかなる極刑に処せられても…と淡々として申された。
このような態度を見せられたのは、われらが天皇ただ一人であったのです。
陛下は我々を裏切らなかった。

マッカーサーは驚いて、スクッと立ち上がり、今度は陛下を抱くようにして座らせました。
そして部下に、「陛下は興奮しておいでのようだから、おコーヒーをさしあげるように」と。

マッカーサーは今度は一臣下のごとく、直立不動で陛下の前に立ち、
「天皇とはこのようなものでありましたか!天皇とはこのようなものでありましたか!私も、日本人に生まれたかったです。陛下、ご不自由でございましょう。私に出来ますることがあれば、何なりとお申しつけ下さい」
と。

陛下は、再びスクッと立たれ、涙をポロポロと流し、
「命をかけて、閣下のお袖にすがっておりまする。この私に何の望みがありましょうか。重ねて国民の衣食住の点のみにご高配を賜りますように」
と。

そののちマッカーサーは、陛下を玄関(ホール)まで伴い、見送ったのです。

 

Flag_of_Japan_svg

雨が降っています。 軒下で結構ですから、国旗を掲揚しましょう。

先帝陛下御生誕の日” への2件のコメント

  1. 突然ですが,この時,天皇陛下のなされたことは,若者の中に眠っている,日本人を覚醒するのに最も力のあるエピソードです・・・,という話をします.

    私はいつも学生君に聞きます.
    「日本の敗戦において,世界が一番驚いた世界の非常識と思える出来事は何か?」

    天皇誕生日の休日を,みどりの日だとか,昭和の日だとか腑抜けた名前に変えて,ゴールデンウィークの詰め物の一つとし過考えていない緩みきった現代日本に生まれ育った若者は,当たり前のように首を横に振ります.そこで,私は言うのです.
    「それは,敗戦を受けても,天皇陛下が国外逃亡しなかったことだよ」

    この時点でも,まだまだ学生は眼が点です.でも,眼が点であることに,私は嬉しさを感じます.何故ならば,
    「その期に及んでも,逃げるという選択肢が思いうかばないのか,君もいかにも日本人だなぁ」
    と言いかえすことが出来るからです.

    比較さえしたくない事例ですが,韓国の船の沈没を見て,特亜の連中は,
    「だから,船の中で動くな,なんて他人の話を聞くから自分が死んじゃうんだ.我先に,自分から逃げた方がよい」
    という教訓を学んだそうです.でも,日本人はそうは考えませんよね.
    「あんな船長はありえない,救出した瞬間に,そのまま船に追い返せばよい」
    としか,考えられないでしょう.我々日本人は,知らないうちに,昭和帝の御行為から,身をもって,
    「人間としての,高貴な生きざま」
    を教えられているのですね.

    これを,
    「難局でも,人に言われた行為にロバのように付き従うだけの日本人は,結局自我がない」
    などと,奇妙に見下した解釈で理解したつもりになるのが昨今の日本の流行のようですが,残念ながら,そういう人は我らが日本人をまったく理解できていないのですね.もし本当に,
    「日本人が,他人に無批判につき従うだけの,自我のないフニャフニャの存在だったとしたら,とっくの昔に,日本は解体しているはず」
    ですから.

    そうならなかったのは,言い換えると,昭和帝から,
    「あのような高貴な行動を,実際になされてしまったから」
    なのかも知れません.日本人であるというだけで,
    「我先に,自分だけが助かればよい」
    という,短絡的,動物的な生き方が否定されてしまっているのかも知れません.

    「昭和帝が国外逃亡をされなかったことで,日本語という,独自の言語・文化を持った日本が,歴史の継続した独立国家であり続けることが出来た」

    過去十年程度を思い起こしても,アフガンで起こったこと,ユーゴスラビアで起こったこと,花咲き誇るかと思いきやつぼみで散ったジャスミン革命,あるいは,タイで繰り返される奇妙なクーデター騒ぎ,それから,最近ではウクライナ・・・,全て,最高指導者が「どこかに逃げて」から,いざこざが始まっている.

    こうした世界の常識に,どこまで行ってもピンと来ない,日本人であることに,喜びと,そして同時に,身の引き締まる思いを,新たにしましたこなでした.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です