議会は過半数取れなくては無力です

>財政悪化という割には無駄遣いが多く将来負担を進んで増やしているとしか思えませんが

これは、私の力不足だとしか言えません。議員をさせて頂いて21年間、行政には毎年様々な提案をしてきましたが、聞き入れられたのは2%くらいですかね。

水族館建設の説明時に、「県事業で行うべき規模だ。10万の市がやるべきではない」と言いましたが、賛成多数で。増床の件は、「アジアなどで爆発的な人気がある錦鯉の市が開かれるようなら・・」と意見しましたら、行政は、そのような事は何も考えていないと。 

宮島支所の建替えは、あまりに高額なので「規模縮小」を問いましたが、賛成多数。

おもてなしトイレは私の発案でしたが、一番の目的である「100円有料トイレ」の部分を、「有料では利用されない」などという愚かな理由で無料に。(今でも島内の女性トイレは長い列が続いていますよ) これで、年間1億円の収益が消し飛びました。

宮島口の渋滞問題は10年以上前、宮島口ロータリー側から、国道2号とJR線の上に高架道路をつくり、大野浦駅前の大型工場を移転させて、大型駐車場を確保して、宮島へはJRを使用する案を出しましたが、ほぼ無視。

アルカディアや吉和の公共施設は、民間に使途を任せて売却するように言いましたが、駄目でした。

廿日市の中央公民館建替えでは、「坪55万ほどの高価な土地(敷地790坪)だから、民間に15階以上のマンションを建設させて、等価交換で地上3階部分までは公民館施設にすれば、内装と設備費【約1億】で済む。市の施設面積もゼロとなる」と提案。市の担当者は乗り気でしたが、前市長の鶴の一声「角田に手柄を取らすな」と、7億5千万かけてRC造2階建てを建設。私がゴジラなら、真っ先に踏みつぶしたい恥ずべき建物となりました。まだまだ失敗談は沢山ありますが、今日はこのへんで【笑】

議会は過半数取れなくては無力です” への2件のコメント

  1. 議員さんが良い提案をされていても検討すらせず事業が進められるのは、アルカディアに限ったことではないようですね。
    市も事業が失敗したならしたで、同じ轍を踏まないように総括はすべきところですが、指定管理者制度を言い訳にそれすらしないでは予算の浪費は止まらないように思います。

  2. こんばんは。とおるです、どの箇所も。一言一言、発せられる重み(汗)これから例えば、三年五年先の『廿日市市』見据えた時に、ご高齢の前市長より若返りはしたけど現市長・体制になっても更に内情、深刻な状況。に進んでいらっしゃるのですね?
     来年3月は、現議会の改選時期。只今『行政』側の代弁者に成り下がっている現職議員の数を、一人でも少なく削減させないと、これからの廿日市市。
    ますます暗黒の時代に向け『猛ダッシュ』の流れを、止めないといけない!と今回のコメントを読ませていただきながら、痛感いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です