河合問題の続き

新聞報道では、廿日市市で2人の議長経験者が、河井事件の金銭授受に関わった公表されています。 氏名などが公表されましたので、このブログでも氏名を書かせて頂きます。

一人目は、宮園在住の藤田俊雄氏で、彼の自宅へ河合克之氏が来て、10万円入りの現金封筒を渡したというもの。藤田氏は拒否し押し問答になったが、強引に置いて去られたので仕方なく、返還するため2日後に事務所を訪れた。しかし、本人不在のため、一旦持ち帰り、弁護士と相談したうえで昨年暮れ、弁護士を通じて10万円の返還手続きを終えた。 

もう1人は、宮内在住の仁井田和之氏で、新聞報道のように、自宅へ河合氏本人が20万円入りの封筒を持参。現金に気づき返そうと車を追ったが間に合わず、後日、第三者とともに返還したと。

その他、廿日市市の議員で、河合氏の行動表(既にマスコミ各社は、現金授受の全リストを入手)から、河井氏が自宅を訪れたという記録があり、家宅捜索を受けた上でも、金銭の授受は無いと検察に供述されている方もいらっしゃいます。先日、亀井静香さんの秘書が300万受け取ったという報道があったように、河合疑獄も終わりは、まだまだ見えませんね。

今回、広島県内を見れば、多くの優秀な地方議員が名前を連ねています。確かに、投票依頼での金銭の授受は明らかな選挙違反であり、公人として許される事ではないと思いますが、各地元としては、耐え難い人材の損失だと思います。

裁判はこれから東京地検に移ります。新聞で名前のあがった議員さんは、ほとんど東京での河合裁判の証人として出廷する可能性が高いと思います。皆さんが大事に育て支援してきた地元議員さんが、その立場に居たとしたら、どう思われますか? 私は耐えられません。 また、皆さんのご意見を頂きたいと思います。

Mad,Dog さん、携帯のショートメールを見てもらえますか? 来週火曜に臨時議会がありますので、この頃から動きたいと思います。でも、この件はあまり期待しないで下さい【笑】

河合問題の続き” への1件のコメント

  1. メッセージ、ありがとうございます。
    ショートメールとは本日のことでしょうか?
    であれば、着信記録が無いのですが・・・。
    アルカディアの件は少しでも今後の改善に資すればと思っていますが、市が自ら総括書すら作成しない様では焼け石に水かもしれませんね。
    田布施町の様に自ら声を上げる職員さんもいないようですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です