小市民さんへ

2段目①②の質問について。 これはわかりません。 ③について。首長や議員は、政治活動をするために、全員、広島県選挙管理委員会に政治団体登録をしています。登録しなければ、例の名前を書いた立て看板も立てられませんし、政治活動全体に制約を生じます。 おっしゃる通り、自分の政治団体に入金した議員も多数いますが、今回は統一地方選挙に関連した議員(広島県議と広島市議)以外は、当選祝いなどの名目が立ちませんので、入金してもだめだと思います。ただし、自民党の公認や推薦の議員は認められる可能性があります。

④河合克之氏が単独で動いたとは思えません。仮面夫婦とはいえ、お互い情報交換はしていたはずです。

3段目①②ある意味、国会議員によるパワハラではありますが、それでも金を受けとれば自分が終わることも分かっていたはずです。③2段目の③に同じです。④わかりません。

⑤今回の参議院選挙での、河合杏里氏当選の一番の功労者は創価学会だと思います。当時、兵庫の公明党議員を当選させるために、バーターとして広島県の公明党支持者6割以上が河合氏に投票しました。広島県の公明党票は、フレンズ票を含めて20万票と言われます。河合氏295,871票、溝手氏270,183票で、票差は25,688票。公明党単独でも河合さんを当選させることができたのではないかと思います。

これはあくまで推測ですが、二階さんか誰かが、あの1億5000万円の何割を創価学会に入れるよう指示しても、それは単なる学会への上納金です。地方の公明党議員は何もしていません。上層部だけが学会員に指令すれば、自動的にウインウインの結果となると思いませんか?杏里さんはめでたく二階派に入りましたから。 

普通の議員が、お金をもらったから河合氏のために動くのか? 自分の後援会に180度方向転換させた議員は一人もいなかったのではと思いますよ。河合さんって、議員としてそれほど魅力のある人とは思えませんから。

小市民さんへ” への3件のコメント

  1. ご無沙汰しておりますm(_ _)mまもなくコロナ自粛も収まると思いつつ過ごしておりました。

    今回の件で、お金をもらったからと言って全面協力した議員はいないというのは同感です。確かに議員としての魅力はあまりない方です。私が聞いた話では、お金を配った議員の協力を取り付けるというよりは、彼らの溝手支援の勢いを鈍らせようとした思惑があるそうです。

  2. 角田さん
    ご回答ありがとうございます。

    なるほど、公明党ですか。

    でも票読み以外の部分でも一つ河井旦那の動きに疑問があります。

    仮に2Fと案里が公明党に支援依頼で情報があったとしたら、旦那の違法行為による買収行動は、無駄な動きにしか見えないのですが。

    本人も、地方議員から人気がないことは承知のはず。2Fや公明党、安倍総理からの直接応援があるならば、違法行為は控えていたほうが得策だったのではないか。

    素人の見解ですが、①自民党本部(2F)から旦那にかなりのプレッシャーがあった。(次期大臣など) ②案里と旦那は最低限の情報しかなく、要は旦那も案里も今回の自分のことしか考えていなかった、(妻も夫も出世のための道具的)③旦那は岸田氏または溝手氏が目の上のタンコブ的な存在であり、やはり旦那の出世の邪魔な存在だったので、切り崩しにかかった。

    こうした理由しか旦那の行動を理解するしかありません。

    あっ そういえば旦那は世界トップクラスの経営者の教えを学んでいたんだ。
    凡人では思いつかない発想での行動だったのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です