河井!早く有罪になれ!

Mad Dog さん、廿日市市のセクハラ・パワハラ件数についてですが、私の情報の範中で公になったものは無いと思います。 この件については、個人の捉え方次第で、どうにでもなりますから、「弱者という名の強者」を生む可能性が高いと思っています。 セクハラ・パワハラって、好きになれない言葉ですな。 どのような立場であれ、お互いに思いやりと謙虚さがあれば、そのようなトラブルは防げると思うのですが。 「自由と平等」は、相いれない言葉なのに、何の疑問もなく使っている人々に何となく感じが似ていませんか? まあ嫌な世の中になったものですね。 アルカディア・ビレッジについては、かなり言いたい事があるのですが、長くなりますので後日ということで宜しく。

小市民さん、「市長が陳哲郎君に似ている」。 確かに【笑】 

こなさん、「日本の文系官僚組織の改革が必要」。 宮沢喜一のおっちゃんが、「東大法学部卆でなければ人ではない」と言ったのはかなり有名な話です。 偏差値重視は判りますが、こなさんのように、若い時に色々な経験を積んでから教える立場になれば、次の世代を担う人達に、教科書以上の教育が施せるとおもうのですが、東大出てすぐ官僚になり、いきなり激しい出世争いと、アホ国会議員の質問に対する答弁書作りで、毎日、頭が腐るほど残業。 これが、10年続いた辺りで、自分の上司の出世具合から自分の将来を分析。 55才くらいまでに天下り先を考えておかなかったら、「肩たたき」に合った途端に路頭に迷う人生。 こんな状況下で、日本の未来を考えて前向きに仕事をしようなんて思う官僚が、何人いるでしょうか? だから、若いうちに官僚仕事を見限って、東大卒の看板を背負い、地元の国会議員や知事なんかに立候補するんですよね。 どんな人でも入省の瞬間までは、希望と野心に燃えているはずですが、上は指導してくれない駄目上司、次から次に上がって来る優秀な部下に挟まれていては、おれは大丈夫か?って、事になりますよ。 官僚組織ってのは、もっと意識して異業種を組合さなくては、余裕をもって良い仕事は出来ないと思いますよ。 (私の同級生の事務次官の本音:ちょっと脚色【笑】)

河井!早く有罪になれ!” への1件のコメント

  1. お返事ありがとうございます。
    なんでもかんでもセクハラ・パワハラという風潮は自分も好きではありませんが、市のHPからの訴えは典型的なパワハラ事案でしたので、実名告発にもかかわらず、「当事者特定出来ず調査できませんでした」という市の回答には疑問を感じざる得ません。(文書記録なしで当時の担当者への聞き取りだそうですが)
    泣き寝入りや市役所に失望しての退職が無いことを願うばかりです。
    アルカディアの件に関しても部内の会議録、興味を持った民間事業者との折衝記録も作らず、経営会議録はのり弁状態と「この国にしてこの市あり」みたいな状態ですから、韓国や中国のこと笑えない有様です。
    広島県ですらクリスタルプラザの件では知事と職員のやりとりすら情報公開で明らかにしてますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です