香港は終わった

当分の間、書かないでおこうと思いましたが、香港の大変な状況を見て、出来るだけ打ち込みだけで頑張ってみようと思います。

1997年の香港返還は、とても大きなニュースでした。そして「50年不変」という国際的な約束のもとで、「一国二制度」という言葉も生まれました。

共産党独裁の国家ではあるが、香港の自由と民主主義は50年間堅持するというものです。しかし、全人代での「国家安全法制導入」により、23年経った時点で約束は一方的に反故にされました。

新聞によると、返還当時に比べて、香港の経済規模の国内比率が約1/10に下がっており、昔ほどの重要性が無いとの事。むしろ、香港に1300ものペーパーカンパニーを構えている米国の影響の方が大きいから、米国が大胆な政策は打てないと高をくくっているとありました。

かたや日本のChinaスクール外務省幹部は、「みんなで中国を非難する事が国益に適うのか。こういう状況だからこそ、よけいに中国と意思疎通を図らねばいけない」などと、能天気なコメントを出しています。尖閣が今どういう状況か分かって言ってるのか?と言いたい処ですが、馬鹿に言っても「馬の耳に念仏」でしょうから。

ただ、これだけは、世界中の人々が認識しただろうと思います。「独裁国家シナは、絶対に信用できない」と。

シナという国土は、何度も様々な民族が滅亡した処です。皆さんご存知の時代で言うと、強大なモンゴルに呑み込まれ、元王朝になった時点で、漢民族の男性は、ほぼ完全に殲滅されました。そして、昔の満州付近にいた女真族に、またしても、ほぼ完全に滅ぼされ、清王朝の男性は辮髪と呼ばれるお下げ髪をするようになりました。

大まかに分けると、紀元前の夏・殷・周・秦から、紀元後の三国志の漢・晋・隋・唐・宋・元・明・清・中華民国・中華人民共和国という事ですが、王朝ごとに「焚書坑儒(前王朝を全て否定し、前王朝の儒学者を全て生きたまま穴に埋める)」と呼ばれる行為で、その都度、自分達に都合の良い歴史を作って、栄耀栄華を極めたのです。

ちょっと脱線ぎみになりましたが、シナという国土は、歴史上ただの一度も、民衆に自由や民衆主義をもたらしたことが無い処で、今の国も、共産党という王朝を70年維持しているに過ぎないのです。そこには、世界の人々の多くが、獲得できている普遍的な自由や平等はありません。

シナは、この共産党独裁を守り続けなければ崩壊します。でも、その独裁が続く限り、どんなに苦労しても世界制覇はかないません。誰もが、シナの正体に気付いたからです。侵略を繰り返された歴史は、大国を割らないという決意になり、二度と外敵に侵されない大きな国を作るという一心だったかもしれませんが、その巨大な人口が、シナを崩壊に導くのだと思います。

今回の香港問題も、崩壊前の蟻の一穴に見えるのは、私だけでしょうか?

香港は終わった” への3件のコメント

  1. ご無沙汰しております.こなです.

    ブログの書き込みがうまくいかない・・・,お疲れ様です.

    今回のコロナ騒動で,さて,世界のどれくらいの人が「中共」のいかがわしさに気づいたことでしょうか.

    >崩壊前の蟻の一穴に見える

    本当にそうであってほしいです,むしろ.戦後の75年は,あまりにも長すぎでした.

    最近,「中共」の行動原理を臨床心理学的な切り口から見てみると,「中共 = アスペ国家」というように見えてきて仕方がありません.「アスペ = アスペルガー症候群」はより正しくは「自閉症スペクトラム」と呼ぶそうです.

    自閉症スペクトラムはあくまでも,人のキャラクターの傾向を指しているだけのことで,それイコール障害だとか,欠陥だとかいうつもりはありません.しかし,当然のことながら,そのキャラクター傾向の度が過ぎて,さらにそのことを本人が理解していないとすると,残念ですが,周りは大変な苦労をしょい込むことになります.

    つまり問題は,中共組織自体が,自分たちの傍若無人な行動原理を客観視できているかという点です・・・,が,残念ながら,今回の香港に対する無理強いを見るだけで,そのような他国の視線を感知するセンスそのものに欠いているとしか言いようがありません.ここまで露骨に他人が見えない,見ないのだ倒したら,これはもう文化的欠陥でしょう.

    過去二十年間,国や人によって温度差はあったものの,世界は中共に対して,モノを与えて,豊かさを与えて「覚醒」を待ち構えていました.彼らが傍若無人で国家間の礼儀を知らないのは,あくまでも「貧すれば鈍する」で,経済的な余裕のなさ故によるものだと仮定していたわけです.

    しかし,すでに露骨なまでに明らかとなっているのは,中共はいくらご飯を与えても,お金を与えてもちっとも「心通じる友邦」には変わってくれませんでした.我々は読み違いをしていたのです.

    中共が傍若無人なのは,貧困のせいではなかった.より本質的な国家のキャラクター自体が,きわめて自閉的,自閉症スペクトラムの中にあったのです.こう考えると私はしっくりくるのです.

    ちなみに日本は,ちょうど自閉症と逆のADHDスペクトラムにあると私は思います.物事の損得を考えられずに,相手の立場に対過ぎて利他的行為ばかりしてしまう,いわゆるお人よしです.

    自閉症スペクトラムの強い人が無自覚に親になると,いわゆる「毒親」となって,子供たちを苦しめることになります.自分の考えのみが正しいと信じ,子供に押し付け,自由を与えず,機械のように強制し,自分のイメージの鋳型に子供を押し込もうとします.

    「私の言うとおりに従って入ればいいのよ! 正しいことは私がみんな知っている.私の言うとおりにしなさい.私の言う通りだけのことをしなさい.かわいいわが子!」

    っていうわけです.

    中共に覇権国家のバトンを手渡してしまったら最後,その他の国家は,毒親に支配された子供たちの用に扱われるのです.「かわいい香港んちゃん,親が間違っているなんて考えちゃだめよ.私は何でも知っているの,一番正しいの.私以外の大人(他国)の意見なんか聞いちゃダメ.みーんなウソ.私だけの話意を聞いて,私だけに従っていれば,あなたは絶対に幸せなの!」

    高い塔に幽閉されたラプンチェルみたいなものですね.

    ・・・はっきり言って,気持ち悪いです.吐き気がします.

  2. ご無沙汰しています。こなです。

    台湾の高雄市の、中共べったりの市長がリコールされたそうですね。台湾はしっかりと民主政治が機能しているようで、学ぶことが多いです。まぁ、違った角度から言うと、危機感のレベルが違うのでしょうが。

    コロナも早いうちから大陸からの入国を拒否した台湾は死者ゼロとの事です。

    一方で、台湾企業の多くも深セン辺りにべったりですからことは単純ではないのですが、武漢発のコロナ禍にシラを切り続ける中共を相手にどう戦うべきか、何とも示唆深いリコールです。

    日本ももっとしっかりと戦わなくちゃいけませんね。

  3. 別の話で失礼します。

    新型コロナウィルスですが,東京都,大阪府,宮城県で抗体保持者数を調査したところ,順に,0.1%,0.17%,0.03%だったそうです。

    そこで,これを統計値として罹患者数を計算すると,
    東京都1,400万人×0.1%=14,000人(陽性者,約5,600人)
    大阪府880万人×0.17%=15,000人(陽性者,約1,800人)
    宮城県230万人×0.03%=690人(陽性者88人)
    広島県280万人×0.03%(宮城県を採用)=843人(陽性者168人)
    陽性の検出数より罹患者が数倍~8倍ほど多いという結果です。

    日本の抗体保持数は0.1~0.2%であろう,ということになったのですが,欧米では数十%という話を聞きます。

    1年後に海外では抗体保持率で流行が収束するかも知れません。その時に,日本では誰も抗体を持ってない可能性が高いです(抗体が有効に働くかどうか分かってませんけれど)。

    懸命に努力して結果として弱い立場になる,かも知れません。間違いでないようにするには,特効薬かワクチンの開発しかありません。でも,日本の基礎研究は遅れてますから,他力本願です・・・ 心配性の妄言になって欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です