これは?

http://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_000202541

これを、マトモに受けるかどうかです。 私自身は中国新聞でこれを見た時に、都知事選のタイミングを一瞬図りましたが、しかし、創価と公明は表裏一体と固く思っていましたので、「他の意図でもあるんだろう 」と、迂闊にも思ってしまいました。 

(他の意図とは、池田氏復活のワザとらしいアピールの事ですが)

写真

全国津々浦々の新聞に「檄文」/(C)日刊ゲンダイ

日本中に「核廃絶」広告 池田名誉会長“脱舛添”指令の波紋- 日刊ゲンダイ(2014年1月30日10時26分)

「人間を信じる。平和と核廃絶を信じる」――。28日の朝刊を広げると、飛び込んできた深紅の文字のメッセージ。創価学会が一般紙に掲載した全面広告だ。

池田大作名誉会長(86)は26日、毎年恒例の「平和提言」を発表。広告は提言を受け、〈これまでの取り組みを一歩進め、青年部を中心にグローバルアクションキャンペーンをスタートさせ〉る旨を伝えたが、広告掲載の規模は半端じゃない。

いわゆる朝・毎・読・日経の主要全国紙をはじめ、北は北海道新聞から南は沖縄タイムスまで、全国津々浦々の地方紙にメッセージを載せた。

「核廃絶」は「脱原発」にも結びつく。実は2年前の平和提言でも、池田名誉会長は「原発に依存しないエネルギー政策への転換を早急に検討すべき」と、脱原発に踏み込んでいた。都知事選で細川―小泉コンビが脱原発を掲げる中、莫大な広告費を払った全国への「檄文」は首都決戦と無関係とは思えない。

学会関係者は「細川支援にカジを切った。すぐさま舛添支援を撤回するわけではないが、そう捉えて構わない」と、絶対匿名を条件に明かす。

「実は舛添支援は公明党が決めたこと。学会の関与は薄かった。通常なら大きな選挙の前に公明党と『連絡協議会』を開き、候補の公認・推薦を決め、組織をフル動員させます。ところが、今度の都知事選は猪瀬前知事の辞任で急に日程が決まり、公明党が公認候補を立てないこともあって、協議会を開催してこなかったのです」

そのため、組織選挙が徹底せず、婦人部は「女性問題」の多い舛添の支援に反発していた。

「細川支援に転じたのは何といっても、池田名誉会長の意向が大きい。長く健康不安が伝えられていましたが、最近は体調が回復。『反戦平和』への原点回帰を目指し、安倍政権のタカ派路線にブレーキをかけようと意気込んでいるようです」(前出の学会関係者)

池田名誉会長は平和提言でも「日中韓の首脳会談開催」を呼び掛けた。反中韓の安倍外交へのアンチテーゼだろう。

東京都の公明党の基礎票は80万票。舛添から細川に票が流れれば、大逆転も可能となる。(終わり)

 

これで何が起こるか?

>東京都の公明党の基礎票は80万票。舛添から細川に票が流れれば、大逆転も可能となる

誰の大逆転かと言うと 実は「田母神さんの可能性」が、ほんの少しですが見えてきた。

新津さん、小市民さん、こなさん。 かなり贔屓目な見方ですが、もしかして もしかするかもです。

これは?” への1件のコメント

  1. >「他の意図でもあるんだろう 」と、迂闊にも思ってしまいました。
    (他の意図とは、池田氏復活のワザとらしいアピールの事ですが)

    寝るケーノさん、私がこの記事を来た時の第一印象は、東京でも与党である続けることを念頭にして、影響力だけは誇示しようと、両陣営への圧力と考えました。
    これは、イケダの復活と同時に、ますます表舞台から遠ざかるせこいイケダの表れですね。

    ここで公明党が嫌がるのは、田母神さんが勝利することはもちろんですが、(私は田母神さんは国政で力を発揮してもらいたいと考えるので)2位や得票率で3割とった場合は、この日韓ゲンダイの記事を正とするならば、政治的采配ミスであると思います。

    田母神さんが勝利した場合、本当に安倍さんは公明党切りをしかけてくるかもしれませんね。もちろん、みんなや維新(旧太陽)などの協力を得てですが。

    でも創価や公明党のみなさん、政教分離について、あなたたちで証明できるいいチャンスですよ。創価は細川支持、公明党はマスゾエ支持。表向きは立派に分離してますね。公明と創価達の運命やいかに!ですね。 

    ※こなさん、TELありがとうございました。
    さっそく、あの件について分析して会社に報告してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です