勘違いの狐

>でも私が一番知りたいのは、河井議員が直接訪れた議員や市町村長への意図です。おそらくは全員、自民党会派か自民系無所属とは思いますが、もう一人の方への支援者への働きかけなのか、あるいは統一地方選挙の結果からの動きなのか、廿日市は参院選挙の後に市長選があったので種まきなのか。

私のHPは、廿日市市でも、かなりの割合で読まれているようです。 改めて、それを意識した上で書きます。

河井克之氏本人が直接訪れた意図は、当然、杏里氏への投票依頼だと思いますが、昨年の統一選挙で当選した県議や広島市議には、「当選祝い」として現金を置いています。 「当選祝い」で貰った彼らも、毎年3月末までに県に提出する政治活動の欄に、「後援会への寄付金」として明記しておけば、選挙違反としての追及は難しいのです。

しかし、廿日市市の場合は、来年3月が選挙なので、昨年7月以前の金銭のやり取りは、明白な選挙違反の買収行為としか見なされません。 他の市町の方々も同様だと思います。 メモ魔として知られている河井氏の手帳が、地検に押収されているのです。そこに、「時・何処で・誰に会って・何をしたか」が書かれ、秘書との行動記録を照らし合わせれば、現金などを貰った方々は、地検の追及から逃げ切る事は出来ないでしょう。

地検の取り調べは、単なる確認作業に過ぎないのに、それでもしらを切るから、徹底した捜査等をされるのだと思います。 

>でも河井さん(夫のほう)、松下で名に学んだのかな?申し訳ないが、松下出身の国会議員、実力不足多し?それもと松下の教える内容が時代や政治には適していない? 松下政経塾に入ること(入ったこと)で一流認識が抜けないのかな? これでは松下では、そこらへんの無責任評論家と同じような議員しか生まなくなるな? それともそこらへんの無責任な評論家の意見ばかり聞くと、このような議員が生まれるのかな?

松下政経塾の教育内容は知りませんが、その出身者の多くは、そのままどこかの国会議員の秘書を務め、頃合いを見て自分も政界へ進出するパターンが多いですね。 秘書の仕事は概ね議員の雑務ですが、議員先生の地元などでは、先生に代わってイベントの挨拶をしたり、宴会では、来賓として市長等の次席へ座り、地元業者の陳情や要望を受け、さらに夜の接待を甘受する事が度々だと聞いています。

 政経塾出身者では多くの優秀な人もいますが、実力が伴わない若い頃から「虎の威を借りるキツネ」になってしまい、社会経験が未熟なまま国会議員になれば、今の夜盗議員のような「勘違いの狐」が多く生まれると感じているのは、私だけでしょうか? それもこれも、選んだ有権者の責任ではありますがね【笑】

勘違いの狐” への2件のコメント

  1. 角田さん お疲れさまです。
    推論が入るのでぼかして記述しますね。

    自民党株式会社 広島支社の一支店の支店長が、他の支店長を差し置いて、他支店の売り上げの一部をうちから買ってほしい、とお願いしている構図ですよね。他支店長と出世争いをして、他支店長が今や重役クラス、もしかしたら次期社長。将来の役員になりたいための売り上げ偽造工作が明るみになった。

    廿日市市を基盤とする広島第2支店の取引先や関連会社に色々と手を出した、もしかしたらその関連会社のいろいろな問題があるかかも、ですかね。

  2. 続きます。

    問題のK職員がいたM就職予備校では、ある特殊業界への就職が多く、その業界への登竜門的スパルタ学校として知られています。

    そこに入るにはかなりのエリートなんでしょうが、おそらくは各大学で政治や経済を学んだものが入校するのでしょうが、私はいい意味でも悪い意味でも熱意をもったものの集団と思っています。

    最大の理由は、多くの大学の経済学や政治学を教える教授は、結局は政治家は、使ってなんぼ、政治家を思い切り馬鹿にする方が大半(多くの先生方の書籍をみましたが、政治家をほめる先生っていたかなあ)であります。

    まあ、各大学の教授が政治家になっても何もできない(優秀な秘書にもなれない)ので、国民への責任などはなく、自分の視点からの考えをもとに批判すればいいだけ。
    (こなさん、すべての大学教授とは言いませんので)

    M予備校から治家になるのは半分くらいと、私の先輩も語っており、起業したりマスコミなどに就職しているかたもいるようで、立派なかたも多いとは思いますが、もしかしたらM予備校では、成績が悪かった人間が政治家になっている?

    でも今回のKさんみていると、M予備校では今後、人間教育を徹底してほしい、と思いますね。(現在の国会議員をみればなおさら・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です