孫にギガを取られた~

いつの間にか孫が、ゲームで私の携帯のテザリングギガの大半を使ってしまった~ 今月は書き込みが出来ません。ピンチです。

>まずは、意識改革だ!「自分は今、感染している!(無症状で!)」 「誰にも移しちゃいけない!」そう考えるとこから始まる。

まあ、これがベターでしょうね。ただ、ピークが見えない処がキツイ。 後援者からの問い合わせで一番困るのが、「何時まで?」と聞かれる事。「私が聞きたいよ。」と答えています。

*3月31日の22時に現在、日本国内の感染者数は1,953例。そのうち、「日本国籍の者」は1,099例であり、全体に占める割合は56%に過ぎない。要するに、「国内感染者数」というのが言葉のマジックで、その感染者のうち「日本国籍の者」は約半数を超えた程度で、多くは外国籍の感染者だというのである。 『外国籍』が示すものをNHKニュースで調べてみた所、驚くことに3/10から3/25までの間に「中国の旅行者など」や「中国の旅行者ら」「中国や欧州、欧米からの旅行者」などの記載あり。

やれやれ、日本の無償の高度医療をあてにして来る奴らですか。今日の産経湯浅博さんの「世界読解」では、「詫びるどころか恩にきせる」という記事がありました。

「中国はウイルスの制御に成功したが、米国は猛烈な嵐の中に居る。トランプが世界の企業に中国のサプライチェーンを断ち切るなら、報復として医療品の対米輸出を禁止し、米国をコロナウイルスの荒海に投げ込む」と恫喝。確かに中国は、抗生物質、鎮痛剤など、世界の医薬品有効成分の40%を生産、米国は抗生物質の80%を中国から輸入している。論説の結論は、「中国が世界に、ウイルスと戦うための貴重な時間を与えたのだから、米国は中国に謝罪し、世界は中国に感謝すべきだ」と、詫びるどころか恩に着せている。【中略】 中国は、欧州、米国へとタイムラグをもって拡散している危機を、逆にチャンスととらえ始めたようだ。諸外国が、数か月遅れて経済活動を再開するまでに、世界需要を総取りする狙いだ。しかし、早すぎるウイルス制圧宣言は、大きな落とし穴が待ち構えている。 過去の疫病との戦いは、為政者がウイルス対策を緩めた隙に、第二波のパンデミックに呑み込まれている。

もし、第二波が訪れたら、シナを助ける者はいないでしょう。これこそ、世界がシナ依存から脱却する大きなチャンスです。

孫にギガを取られた~” への2件のコメント

  1. 前の書き込みのアンチさんへの返信を含めて、ここに書き込みます。

    中国にパンデミックの第二波が来るかどうかは、残念ながら神のみぞ知るです。我々は、常に最悪の事態を想定しなければなりません。

    コロナが「広がるvs.収まる」の根本原因は、私には皆目分かりません。それでも一つ仮説を述べるなら、世界各国の医療体制の違いが挙げられます。私は、医療の質より量に注目しています。

    都市の封鎖の有無や、ウイルス検査件数の多寡からは、少なくとも日本の死者数の推移は理解できません。言わんや、特定の特効薬の使用の有無も無関係でしょう。個人的に一番しっくり来るのが、医療のキャパ、特に金持ちでもなんでもない人に対する医療キャパの充実です。

    アメリカのみならず欧米各国の医療は、まだまだ金持ちのものという側面が強いと言うのが私の正直なイメージです。要するに、質は高くてもキャパが少ない。これに対して、意外に思われるかも知れませんが、中国の医療体制は案外裾野まで広がっています。これは社会主義政権のいいところでしょう。また、個人的な印象では、さすが漢方の国です、様々なレベルでの医療があります。要するにキャパが大きい。

    都市を閉鎖しても、閉じ込めた患者たちを管理する医療キャパが無ければ、結局は元の木阿弥です。緊急に医者をかき集めて医療体制を構築した武漢では、中央集権的な社会主義の強さが出ました。

    と、社会主義ばかりを褒めましたが、ここで日本の印象に移ると、日本も医療の裾野はかなり充実していますよ。東京はそろそろ危ないとのことですが、そのような話が先行して出てくる限り、無策のままで野放しのパンデミックに突入する可能性は低いでしょう。

    勿論、この手の素人の予想は当たるも八卦当たらぬも八卦です。すみません。

    言いたいのは、まぁ日本はまともなのです。が、アメリカの頓珍漢は一体全体どうなっちゃったのか。あれだけ医薬品の利権も抑えていると言うのに、生産は中国任せだって! ああ、ファーウェイの5Gだけじゃなかったんだ。ドローンの開発生産も中国任せだけど、アメリカさんよ、戦略物資を次々と中国任せにしちゃっているの? だったら悪いけど、もう勝てませんよ。

    自分で必要なものは自分で作る。ものづくりの精神を失ったアメリカは、残念ながら、今回のコロナ騒ぎではもはや勝ち目がない。中国でのパンデミック第二波を、天海の如く祈るしかない。EUもまた然りです。

  2. そんななか、日本はどうするのか? 被害妄想かも知れませんが、戦後日本は東側陣営のみならず、西側、特にアメリカから頭を押さえつけられて来ました。要するに、米国を世界代表派遣国としてたてて、サポートして来ました。が、挙げ句の果てがこの体たらくです。戦争型の有事には手間を掛けるが、日常の足場はガタガタです。

    結局、日本は日本として、独立にこの有事を対処するしかない。

    神風みたいなパンデミック第二波が中国を襲わない限り、今回の騒動を機に、米中の力関係はかなり激しく中国側に傾くでしょう。というか、すでに傾いているのです。WHOだってそうでしょう。トランプも、どう見ても自国のパンデミックに対応できていません。

    まぁ、それを言うなら安倍首相ものづくり同じです。というか、今後どれくらい日本で死者が出るのか、その数字が全てです。そして、世の中の意見とは違うかも知れませんが、それに関しては安倍さんが今後どんな宣言を出そうが、出さないままでいようが、関係ない。日本が戦後築き上げて来た医療体制の総合力のみが、結果を左右することになる。

    勿論、日本国民の冷静さ、特に、経済活動などが制限されるとこに対して、互いに文句を言わずに、絶妙な痛み分けができるかどうかもまた、大事なポイントです。細かい愚痴はあれこれ出るでしょうが、それでもなんでも私は日本人は総体として、この手の騒乱に非常に強い国民だと信じています。

    日本は日本としてどうするの? 

    私も今日、買い物に行って、あまりの人手の多さにたまげました。が、冷静に考えれば自分だってその人出の一人なのです。批判は出来ません。感心したのは、マスク率の高さです。この品薄の中、よくもこのレベルで皆マスクを確保しているなって。いや、ほかの土地でどうなっているのかは知りませんが。

    日本はどうするの? 戦争の如く、他人や他国と戦っても仕方がありません。ですが、やはり、コロナの犠牲者数をいかに抑えるか、ここがポイントです。静かな戦い、自分たちとの戦いです。

    外出禁止令を出さないことが、コロナの今後の犠牲者数にどのように関係するのか私にはわかりません。同様に、夜の街の活動を禁止せずに、一方で学校を封鎖することにどのような効果があるのかも私にはわかりません。ただ、出された指針に粛々と従います。文句は、出来るだけ言わないように、努力します。

    自分を守ることより、他人に迷惑を掛けないようにと伝えるとマスクをする事の重要性に気づく、この心意気が、実のところ今一番日本を守っていると思います。

    全くまとまりのない書き込みで、すみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です