生物兵器か?

これ↓、どう思いますか?↓

遠藤健太郎ブログ 新型肺炎が生物兵器の証拠 http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post6857/

次々と積み上がる中国の新型ウイルスが「生物兵器」である証拠。そして、武漢のバイオ研究所で研究されていた可能性のある「あらゆる人が免疫を持たない悪夢のコロナウイルス」 昨日から今日にかけて、アメリカのメディアではさまざまな報道が出されていまして、今まで私たちが知らなかった「生物兵器をめぐる地下活動」があからさまになってきています。それと共に、現在流行している新型コロナウイルスが、とんでもない凶悪なものである可能性も示され始めました。 冒頭に示しました「ハーバード大学の教授が、ウイルスの密輸で起訴された」というのは、1月28日にアメリカ司法省の広報室ウェブサイトで公表されていたものを報じたもの…(In Deep)  

その上で、昨日記事でも申しましたが二十七日記事の独り言通り、目下感染拡大中とされるウイルスは、武漢理工大学と共に研究していた米国ハーヴァード大学のチャールズ・リーパー教授(中共工作員)が中共へ密輸しようとした容疑で逮捕、起訴された事実、またはカナダから中共のエージェントが科学院の武漢国家生物安全実験室などへ持ち込んだ事実から、生物兵器として研究されていたものである可能性がますます高まりました。  漏洩が北京政府による故意か杜撰な管理による過失かはともかく、武漢で恐るべき研究がなされていたことは事実であり、そのような代物が出回っている以上、自国民を守るためのあらゆる対策が過剰反応などということは決してありえないのです。

ウイルスの感染爆発(パンデミック)は、人命救助の観点から緊急時に該当し、その対応に「人権」だの「差別」だのと呑気なことをいっていられません。いえ、人が人として生きる権利(人権)を守るために、私たちが一丸となって感染拡大と闘うのであり、中共人民の入国を全面禁止にし、再入国の日本人は一人残らず検査を受けさせねばならないのです。  それを徹底せずに再入国の二人をそのまま帰宅させたわが国の検疫体制は、既に間抜けであり、如何なる理由があってもそれ(本人の帰宅希望)を認めてはいけません。【終わり】

 遠藤氏は、コロナウイルスの騒ぎが起こってからすぐに「生物兵器」の可能性があると書いておられました。  このウイルスの拡散では、WHOも渋々認めたように、これはすでに世界的な伝染病であり、シナが起こした有事です。  

日本国憲法第三章「国民の権利及び義務」の第十二条には、「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。また、国民はこれを乱用してはならないのであって、常に公共の福祉の為に、これを利用する責任を負う」となっています。  平時なら、個別の人権を訴えても差し支えはないと思いますが、今は有事です。人権屋が「人権を守れ」というなら、こちらは「まず憲法を守れよ」と言いたい。  

「自由及び権利の行使より、公共の福祉が優先され、自由には責任が伴う」ということが、憲法には明確に書かれているのですから。

生物兵器か?” への5件のコメント

  1. 河野さん,おまえもか!
    ものごとを取り違えています。
    国内に入れてはいけないウイルスを,ザルのような対応で既に入れてしまった,というその事実に対して言い訳ばかりしてます。
    ---引用
    河野太郎
    2月1日1時時点
    国内の新型コロナウィルス感染者(17名)のうち,1名は全快,3名が軽快,1名が軽快傾向,4名が症状安定,4名が治療中,4名が症状なしで入院中。
    ---
    今のところ軽いから心配ないですよ?だって??
    いつ強毒化するか分かりません。
    それに,2009年の新型インフルエンザでは今回より遙かに「入れない努力」をしていたと記憶しますが,入ってきた途端に全国に蔓延し1千万人オーダーで罹患しました。
    今回のコロナウィルスの感染力はインフルエンザと同等(中国を信じるなら)だそうですが,2009年の実績から3月をピークに1千万人以上の日本人がかかるでしょう。致死率3%(これも中国を信じるなら)として,確率的に日本人の30万人がなくなる計算になります。

    入れてはいけないのです。
    今更ですが,アメリカと同様の対応をすべきです。何に遠慮しているのでしょう。

  2. 2009年の新型インフルエンザでは10月頃をピークに猛威をふるいました ↓
    http://prescription.orca.med.or.jp/syndromic/kanjyasuikei/index.php

    12月から季節性インフルエンザになる!と警戒していたら全く流行らず,ウィルスの棲み分け状態に専門家は「研究対象」と言っていました。その後,その理由が明らかにされてないと思います。

    今年は季節性インフルエンザが例年より遙かに少ないのです。もしかしたら,新型ウィルスとの棲み分けのためではないかと,かなり前から気になっております。

    これも杞憂,妄言であって欲しいと思うばかりです。しかし,香港から「日本でうつされた」という衝撃のニュースが・・・

  3. アンチさん

    こなです。ご無沙汰しております。
    面識のある身として、あえて直言差し上げます。色々と心配なされていることも分かりますが、我々側からパニックになってはいけません。

    ご自身も、「妄言」とおっしゃっていますが、そう思われるのであれば、文字としては書き込まれない方がいいでしょう。30 万人が亡くなるとか、ご自身でも現在の数字から計算したらその注釈をつけておられますが、いつ何処でそのような前提が外れて「本当の話」に化けてしまうか分からないですよ。

    私の杞憂が残念ながら当たってしまい、既にお役人に死人が出てしまいました。

    気軽に政治批判をするのも自由でしょうが、もしこの方が、我々の安全地帯からの言いたい放題の批判を真摯に受け止めて真面目に頑張って、それで心折れてしまったのだとしたら、心苦しく感じます。

  4. 責任を感じたので、少し真面目に書きます。今ネットでインフルエンザの年間死亡者数を調べました。

    すると、近年は増加傾向で、年間約4000名がなくなっています。丁度、自動車事故死者と同じ位ですね。ただし、インフルエンザの場合は季節性があり、1月2月に死者は集中しています。昨年度実績では、1月に約2000名が亡くなっています。1日当たり、約70名です。もしこれが報道されたらまぁ、簡単にパニックになりますね。

    ただし、これが客観的なデータです。少なさとも、死者がこの数字に肉薄しない限り、コロナもパンデミックとは言えません。

    次に、日本では30 万人などの大量死者が生じない理屈を説明します。

    と言ってもこれは簡単な仮説で、嫌な比較ではありますが、日本では東北大震災でも犠牲者は2万人だったのです。要するに、日本人はいつもは能天気に気楽に生きていますが、いざとなったら世界で一番統率が取れる優秀な人達です。何万の死者を放置して手をこまねいているなんてことはありえません。

    私はだれにどう言われようと、ここは強く信頼しています。

  5. 他方、これもあまり露骨には言いたくないのですが、お隣中共は国民(人民)の統率が最も取れない国です。

    コロナの感染者も、、公式発表の何十倍、何百倍でしょう。この二つを、同列の感覚で判断してはいけません。訳がわからなくなるだけです。

    日本政府の判断も、幾つか後手に回った所がありますが、私は全般的に良く対応していると思います。文句を言っているものも、その上での贅沢な悩みのレベルだと、一人安易に判断していました。

    むしろ、チャーター機で帰国した人をそのまま家に返したとかの、ほとんどデマレベルの書き込みに安易に反応して、政府批判をした事に反省しています。人によっては、ネットの落書きがきっかけとなって、やれホテルが準備されたのだとか、全員が検査を受けたのだとか思っている人がいるかもしれません。ですが、今回のような緊急を要する事態には、そんな気楽な予定変更など有りませんよ。桁違いの準備がなされています。

    安易に日本全体の学校を全て休校にせよなどと言っても、意味がないのです。もちろん、ウイルス拡散に大した効果もありません。(行動範囲の広い大人たちの行動を制限しなければダメです。それこそ東京のラッシュアワーに付き合ったら、一瞬で理解できます。

    アンチさん、手洗いうがいは、ですから、そんなに糾弾すべき指針ではありませんよ。電話対応の人を、そんなに追い詰めないで下さい。

    こなからも、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です