日本共産党雑感

>好むと好まざるとにかかはらず、シナの拡大は21世紀の最大のアポリアとなるのは確実です。このマンモスをどうやつて抑へ込むか。人類の智慧の絞りどころですね。

最近、色々な本やコラムを読むと、米ソ冷戦の時代よりも、現在の米中対決の方が、余程深刻な事態だと書かれています。  

歴史的検証では、大東亜戦争前の、欧米の日本への処し方が、そもそもの原因なのですが、今さらそんな事を言っても仕方ない事。

 今の安倍さんが、どこまで本気なのか判りませんが、憲法に自衛隊を加憲するだけで青ざめる国家が、周辺に存在することは確かです。

 究極の防衛とは、敵に攻め込む隙を与えない事。  そのためには、諸国との軍事バランスが大事です。  シナの横暴に為す術もないアジア諸国は、日本の目覚めに期待しています。 抑止力の強化は、戦争を防ぐ最良の手段だということを、全ての人々に認識して頂きたいですね。

昨日の産経抄で。 朝鮮戦争が起こった1950年当時、日本の共産主義者は、朝鮮半島を南進する北朝鮮軍と呼応して、反米の革命政府を九州に打ち立て、「九州の赤化独立」を狙っていたと書いています。  

確かに当時は、GHQに武装解除された、完全丸腰の日本ですから、組織だった武装クーデターが起これば、九州北部辺りの日本からの独立くらいなら現実となっていたでしょう。  どっちみち、朝鮮動乱が終わるまでの短期クーデターでしょうが、それが現実に起きていたら、今の在日朝鮮人は相当に少なかったかも。 今の在日朝鮮人の大半は、済州島の4・3事件前後に日本に密入国した逃亡者ですから、その時に、日本が赤化しているという噂があれば、歴史は変わっていたかも・・・その点は少し残念。

熱海市で18日、共産党第28回党大会があったようですが、志位委員長20回目の就任のようです。そして、党最高指導部の中央委員として、専用料理人・専任運転手付き超豪邸暮らしの、ブルジョア不破前議長89歳を再任。

 やれやれ、不破の息子の家庭教師だったアンパンマンを、委員長に据えての不破院政の20年。  安倍政権が長期政権だと、お前ら、どの顔で批判出来るの?  公明党と同じで、党の代表選挙が一度も無い政党ですよね? 少なくとも、お前らに民主政治を語る資格はないよ。  

今年の政党支持率NHK世論調査では、自民40%、立民5.4%、国民0.9%、維新1.6%、公明3.4%、共産2.9%。 共産党地方議員が役所で恐喝販売している赤旗の売上げと、議員や秘書の給与大半没収、被災地の義援金ネコババだけが頼みの綱では、シナの悪口を言ってる余裕はありません。

アンパンマン志位は、「現在までの3年間に13,828人の同志が亡くなりました」党大会で挨拶。まさに馬鹿の鏡ですな。 現在の共産党員数は推定28万人で、平均年齢は70歳超え。 日本人の健康年齢は、女性74歳、男性71歳ですから、共産党もあと5~6年で党名変更ですかね。できれば、「共に民主党」でよろしく。

まだ生きてましたよ。ブルジョア大好きの不破です。

まあ、正真正銘の絶滅危惧種であることは間違いありません。 「次期衆院選挙では、野党連合政権を目指す!」と言いながら、党の綱領の、「日米安保破棄」・「米軍基地撤去」・「米軍撤退」・「自衛隊解体」で、同意できるのは、立民に吸収されたばかりの「お花畑社民党」程度。

何度も言いますが、そもそも先進国で、共産党を公党として容認しているのは日本くらい。共産党は今でも、公安指定の公認テロ組織なんですから、それなりに歴史の重みを感じて頂きたいと思いますよ。共産党はブルジョア体制打倒だったはずだよね?不破君。    

日本共産党雑感” への2件のコメント

  1. この期に及んで不破復活って・・・,思わず目が点になりましたね.

    今の若い子は,不破なんて言われても知りっこないでしょう.しかし,まあ,当然のことっちゃ当然ですが,共産党の疲弊ぶりが半端ないですね.誰であろうが,今さら89歳の超長老を引っ張り出さざるを得ないっつうんですから.

    九州において日本の赤化,そうですか.歴史のifですから何とも言えませんが,そういう動きがあったのだろうということは,なるほど予想が付きます.ただし,やっぱり,無理だったんじゃないでしょうかねぇ.薩摩を抱えていますし.それに,そもそも九州男児はキャラからして,いかにも共産党的じゃないですよ.

    21世紀の中共の膨張は,社会主義だとかイデオロギーだとかそんなもの関係ない,いかにも前時代的な中華帝国の復活劇でしかありません.でも,だからこそ面倒くさい.この期に及んで,民主主義の「み」の字も理解しない,出来ないというのだから,心底驚きます.彼らにとっては,すべては我田引水のための屁理屈でしかありません.

    「とにかく権力を握る」・・・これしか考えていない.そして,いったん権力を握れば,その他大勢の幸せなんて糞喰らえ,命の値段が紙きれのように薄っぺらい社会になる.

    不破の眼には,現代中共はどのように映っているのか,正直興味はないけれども,もしこの人がイデオロギーとして社会主義ないしは共産主義を考えていたのだとしたら,気が狂うほど不愉快なはずです.

    が,そうではないのでしょうね.結局日本共産党にとっても,イデオロギーなんて糞喰らえ,「とにかく権力を握る」ための「政争の具」でしかなかったのでしょう.

    そして,そうであるかぎり,不破の死とともに消え去っていく政党だということになります.

    先日の伊方原発の判決にもあるように,いまだに日本の中枢には心情サヨクが跋扈していますが,実際は「内実」を失っているのです.というか,そもそもとっくの昔に内実は失われていた.

    その象徴的出来事として,ほとんど骸骨状態の不破が今あら引っ張り出されたというわけなのでしょう.

  2. 角田さん こなさん お疲れ様です。

    >「とにかく権力を握る」・・・これしか考えていない.そして,いったん権力を握れば,その他大勢の幸せなんて糞喰らえ,命の値段が紙きれのように薄っぺらい社会になる

    左翼主義者の共通点ですね。権力を握るまでは、弱者を装い、暴力的にしろ、民主的にしろ、権力を握ればそれでよし。昔も今も社会的、学内的な権力欲しさでどれだけ抹殺された方がいたことでしょう。

    共産党も綱領を改定しても、根本は百条憲法の政党だと(不破や宮本ケンジあたりはそうだと思うが)思えばすべて納得いくことです。

    共産党と犬猿の仲である某団体・セクトの内部資料には、ハマコーさんが予算員会で〇人者と言った資料の詳細が、あるみたいですね。
    ※その共産党と仲が悪いセクトの人間が昔、ある、と言っていたので不確かな情報ですが。

    あっ、そうした内部文書、世に出回らないかな?議員の半数以上は、議員生活を抹殺されるかも、ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です