グレてるぞグレタは

http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7726.html    正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現 ブログより

やはり、勘は当たっていましたね。

糞生意気な高校生環境活動家のグレタ・トゥンベリは、世界最大の温室効果ガス(二酸化炭素)排出国である支那を批判しない! グレタに対する批判で一番多いのは「支那にも言えよ」なのだが、グレタは「Chinaは途上国なのでNo count」と答えているそうだ。 「支那は途上国なのでノーカウント」という言い訳は、明らかに事実に反する下手過ぎる言い訳だ!

支那は世界第2位の経済大国であり、日本の全ての大都市に核ミサイルの照準を定めている軍事大国でもあり、国内インフラも近代化されており、更に近代的なハイテク産業も世界で展開している! そんな支那が「発展途上国」とは、ご都合主義も甚だしい!

しかし、最近になってグレタは、支那より明らかに発展途上国で二酸化炭素の排出も非常に少ないブラジルを厳しく非難した! このブラジル非難により、グレタが支那の工作員だったことが証明されて、正体が確定した!

【日本に再び「化石賞」小泉環境相の演説受け 国際NGO】

「COP25」での小泉環境大臣の演説を受けて、国際NGOのグループは温暖化対策に消極的な国に贈る「化石賞」に再び日本を選びました。 「化石賞」は世界各地のおよそ1300の環境NGOでつくるグループが、COPの会期中、温暖化対策に消極的だと判断した国や地域をほぼ毎日選び、皮肉をこめて贈っています。 11日の「化石賞」には日本とブラジルが選ばれました。

日本を選んだ理由について閣僚級会合で小泉大臣が行った演説で、石炭火力発電からの脱却や温室効果ガスの削減目標を引き上げる意思を示さなかったためとしています。 今回のCOPで日本が「化石賞」に選ばれるのは2回目です。 会場にいたアメリカのNGOの男性は「日本に対する期待の高さの表れだと思います。来年は東京オリンピックもあるので、石炭関連産業への支援をやめ国際的なリーダーシップを示してほしいです」と話していました。

小泉大臣は「驚きはない。受賞理由を聞いて私が演説で発信した効果だと思った。的確に国際社会に発信できていると思う」と話していました。 (2019/12/12 NHK)

ほんと馬鹿です。 進次郎君の国際的評価は、もうすぐ韓国大統領と肩を並べるくらいに・・・いやいや、それ程、酷くは無いにしても、ほぼトランプさんの期待値はゼロですね。

この辺りで、グレタ嬢の批判なんぞが出来れば、米中ロの評価は格段に上がるかも。まあ、その才覚は無いでしょうが・

グレてるぞグレタは” への1件のコメント

  1. 初めて、そちらのサイトを拝見。
    世界最大の公害排出国中共。それへの言及は皆無。そのあたりから、グレタは胡散臭い奴、と直感しました。「環境問題が気になりすぎて学校にも行けなくなった。どうしてくれる?」的な発言にも呆れました。学校行く気にならなくなったのは、本人の自由。その責任を他人に求めるとは。キチガイぶりを物語るエピソードとしては十分すぎます。特定国の紐付きで非理性的なアジ演説ブツ暇があったら、もっと地に足付けた環境活動でもすべきです。
    ちなみに私は過去30年以上、野菜くず等の生ごみを土に返すようにしています。日本におけるグレタの最大の被害者は、プラスチック製造業者。レジ袋は実は、廃油製。リサイクルで再利用される極めて環境負荷の少ない製品です。グレタ倒産により、最大1万社の40万人が失業危機にあるそうです。
    樹脂加工業者が団結、グレタに集団訴訟、損害賠償求めるべきでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です