歪められた教育の結果は、国自らが負う事になる

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140113-00000000-rcdc-cn

日本人小学生の放った言葉に中国人家族が絶句、「われわれの愛国教育は間違っていた!」―中国メディア Record China 1月13日(月)0時10分配信

2014年1月8日、中国のゆがんだ愛国主義教育が、純粋な子供の心をねじ曲げてしまったことを如実に示すエピソードを、中国人ユーザーが軍事関連ネット掲示板・米尓社区に投稿した。

以下はその内容。

日本人男性と結婚した従姉が、夫と彼の親戚の男の子を連れて中国に里帰りした。男の子は俊夫という名の小学校1年生。見知らぬ国で言葉の通じない人々に囲まれて、とても緊張している様子だったが、一生懸命カタコトの中国語で私たちに挨拶し、深々とお辞儀をした。その姿がとても愛らしく、私たちはいっぺんで俊夫のことが大好きになった。

だが、その従姉の一番上の姉の子、小学3年生の鵬鵬(ポンポン)だけは違った。最初から敵意むき出しの顔で俊夫をにらみつけ、こぶしを振り上げると「打倒小日本(ちっぽけな日本をやっつけろ)!」と叫んだのだ。これには俊夫も周りの大人もビックリ。

鵬鵬の父親が彼を叱ると、「だって、日本人は中国人の敵じゃないか!学校の先生もそう言ってたもん。パパたちは中国を愛してないんだ!」と言って泣き出した。

そこで、「先生が言っているのは歴史だ。今は日本と仲良くしなきゃ。それに俊夫は私たちの大切なお客さんなんだから」と言い聞かせると、「じゃあ、パパやママはなぜ毎日、日本が中国の土地を奪ったから日本製品をボイコットするなんて言ってるんだよ?学校で見せられた教育アニメでも、日本帝国主義を打倒しろって言ってたよ!」と反論した。

幸いなことに、中国語の分からない俊夫に鵬鵬と父親の会話の中身を知られることはなかった。俊夫は本当にいい子で、自分でできることは自分で全部する。礼儀正しく、大人を敬い、食事の際は全員が箸をとり、従姉が日本語で「いただきます」と言ってから、自分の箸をとる。

それに比べて、鵬鵬はどうだ。部屋は汚い。自分では何もしない。食事は当然のように自分が好きな料理を一人占めし、彼を溺愛する大人たちもわざわざ好物を取り分けてやる。

私たちは「鵬鵬が俊夫みたいだったらいいのに」と心から思ったものだ。そんな鵬鵬もだんだん俊夫に打ち解け、2人で遊ぶことも多くなった。お互いに日本語や中国を教え合っている姿を見て、「やっぱり、子供は子供同士だ」と安心した。

最後の晩、従姉とその夫は買い物に出かけていて、私たちはみんなでテレビを見ていた。そこへ鵬鵬が得意げな顔で俊夫を連れてきて「俊夫がみんなに言いたいことがあるって」と言った。俊夫は顔を赤くしながら恥ずかしそうにほほ笑んで、たどたどしい中国語でこう言った。

 「僕は死んで当然の日本人です。僕は中国人に謝ります」

俊夫のこの言葉にその場の大人たちは全員凍りついた。鵬鵬の父親はすぐさま彼をトイレに引きずって行き、中から「パン!」と引っぱたく大きな音が聞こえた。真相はこうだ。鵬鵬は俊夫に「みんなが喜ぶ言葉がある」とだまして、あの言葉を覚えさせたのだ。

こんな小さな子供がここまで日本を憎むとは、あまりにもおかしい。鵬鵬の愛国観はすでにゆがんでしまっている。善良で純粋で友好的な日本の子供を前にして、中国の子供がどれほど恐ろしい敵意と憎しみを日本に抱いているかを私たちは思い知らされた。中国の愛国教育はもっと客観的で冷静であるべきではないのか。  (翻訳・編集/本郷)

 

この反日教育の真実は、分別が付く大人になれば自然に判ってきます。 我々の時にも、それなりに反日的な教育内容はありましたが、そんなことに興味が無いのと、「それがどうした。わしらに関係あるか」くらいの反応しかなかったので、染まるような奴は皆無でした。

シナは、それを許さないほどの徹底した反日教育をしているのでしょうね。

 

さて、こなさん。 彼女は次女さんですか。 じゃあ、フェニックスホールで不動さんと一緒だったのは長女さんだったnですね。 一度、ご兄弟揃って飲みたいですね。  旅のモザイクも読ませて頂きま~す。

小市民さん。 日本は韓国を完全無視状態で年越しをしました。 経済界としても大きな影響は無いですから、むしろ、政府の動きを当然と思っているようです。 デフォルトはあるでしょうね。 いつも当たり前であった日本救済が全く無い訳ですから、輸出入に関係した世界各国の反応も冷たいものです。

ここにきてクネクネは、「北朝鮮と統一すれば経済がうなぎ上りになる」などと、信じられないような基地外ビームを国内で発しているようですが、そこまでアホが暴走すると、シナも米も日本もさすがに困るので、シナは自国の反日デモを徹底して抑え、今年秋の北京でのAPEC開催までには、日中首脳会談を開く手はずになる事でしょう。 基地外に刃物とはよく言ったもので、基地外が生半可な権力を持つと、想定外の迷惑が周辺国に掛かりますからね。

新津さん。 松下政経塾は大いなる実験でしたが、結局失敗でしたね。 口先で理想を語るだけの頭デッカチで実生活を知らない役立たず共を量産したに過ぎません。

教育もそうですが、社会へ出て民間企業などで実際の競争社会を実体験した者達が教壇に立つべき。 共産党の社会科学実験じゃあるまいし、頭で描いた理想通りの社会など、実際にはどこにも存在しない訳ですから、今の若い政治家たちは、現実を見ることから始めるべきです。

政治には近道はありませんし、一つとして無駄な道もありませんから

 

 

歪められた教育の結果は、国自らが負う事になる” への4件のコメント

  1. 反日教育の成果だかなんだかも,まあそうでしょうけれども,それ以前に,現代中国人のオツムの程度が知れる記事ですね.

    この貴社も含めて,所詮は嫉妬心がベースの「日本に勝ったか負けたか」でしかものごとが理解できていない.これじゃあ,何十年もがいたところで,なに一つ革新的な技術も芸術も,概念も生まれてこないでしょうね.

    まあ,日本人よりモラルが低い・・・悔しい,と考えること自体を否定はしませんよ.でも,本当はそこから先というか,それより基本というか,

    「じゃあ,自分はどうしたいの?」

    が,いなんですよね,現代中国には.ようするに,自分がない.

    「相手を見下して,馬鹿にして溜飲を下げるか」,か,
    「密かに相手に嫉妬して,地団駄踏むか」しか,

    彼らにはない.そこに,とてつもない精神の貧困を感じざるを得ません.

    このような病理が,宗教と歴史を否定した社会主義政権の「一次的な」横暴によるもだと,心底信じたいです.

    自らを律することで,揺るぎない自信を確立した中国人が,再びあの大陸から生まれ出てくることを,心底願わずにはいられませんね.

    さてさて,,,私の新作「旅のモザイク」ですが,いつもお通り,桜風君のBBSの方に貼ってあります.

    http://rakui.bbs.fc2.com

    是非ご一読をお願いします.そして,出来れば,感想もお願いします.

  2. >松下政経塾は大いなる実験でしたが、結局失
    >敗でしたね。口先で理想を語るだけの頭デ
    >ッカチで実生活を知らない役立たず共を量産
    >したに過ぎません。

    もう20年くらい前ですか赤池まさあき氏の
    案内で一日体験入塾をしたんですが創設者
    松下翁の設立理念を知り心熱くしたものです。
    戦後経済復興を遂げ世界第二の経済大国になり
    莫大な税収が入ったにも関わらず子供のように
    使ってしまう当時で国家財政が50兆円の赤字
    で国家国益を考えない政治家や官僚を嘆いて
    いるビデオを沢山みせてもらいました。
    勤勉で無駄をせず貯蓄をする日本人だから
    そのお金で運用を図り無税国家にしよう!
    というものでした・・・
    塾生は早朝、必ず塾内を竹ホウキで清掃。
    足下も掃除できない者が国家も奇麗にできない
    という訳です・・・・・。
    戦後体制のなかで公務員も学校の教師もそう
    ですが国家意識なき現実の世界を知らないで
    理論へ理屈で生涯賃金を計算している・・・
    近所の80代を迎えた元役場の職員50代で
    早期退職をうけ、その後教育長をやり二度に
    わたって退職金をもらったとほくそ笑んで
    いるのを聞いて良く成りっこないじゃん(笑^^
    安倍総理の掲げる戦後レジームの脱却へ
    一歩一歩成し遂げて生きたいものです。

    こなさん、こちらこそ宜敷くお願いしマッス。
    新作「旅のモザイク」ですがページの開き方が
    わからんのですが・・・・・。
    アドレスをクリックしても真っ白なんですが
    開け方を教えてください。 ではまた

  3. 常識ですけど,分かり易かったので記事を紹介します。

    ---以下引用
    先人が決着つけた「戦犯」問題 中静敬一郎 
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140118/plc14011808110006-n1.htm
    2014.1.18 08:07 (1/2ページ)
     日本人が知っておくべき歴史的事実の一つは、先人たちが戦犯問題に決着をつけたことだろう。
     昭和27(1952)年4月28日のサンフランシスコ講和条約発効後、間もなく、「戦犯受刑者の助命、減刑、内地送還」を求める国民運動が巻き起こり、約4千万人の署名が集まった。独立を回復したにもかかわらず、なぜ、敵国に裁かれた同胞たちは釈放されないのか、といった疑問が共有されたからである。
     当時、巣鴨、モンテンルパ(比)、マヌス島(豪州)では1千人以上の日本人らが、A級およびB・C級戦犯として服役していた。講和条約第11条は関係国の同意なくして、日本政府は独自に戦争受刑者を釈放してはならないと規定されていたためだ。
     これに対し衆参両院はほぼ全会一致の5回にわたる赦免決議を採択した。趣旨説明に立った改進党の山下春江議員は極東国際軍事裁判(東京裁判)をこう批判した。
     「戦犯裁判の従来の国際法の諸原則に反して、しかもフランス革命以来人権保障の根本的要件であり、現在文明諸国の基本的刑法原理である罪刑法定主義を無視いたしまして犯罪を事後において規定し、その上、勝者が敗者に対して一方的にこれを裁判したということは、たといそれが公正なる裁判であったとしても、それは文明の逆転であり、法律の権威を失墜せしめた、ぬぐうべからざる文明の汚辱であると申さなければならない」(27年12月9日衆院本会議)
     日本社会党の古屋貞雄議員も「敗戦国にのみ戦争犯罪の責任を追究するということは、正義の立場から考えましても、基本人権尊重の立場から考えましても、公平な観点から考えましても、私は断じて承服できない」(同)と訴えた。東京裁判がいかに不当で一方的なものかを論難するのに保革の違いはなかった。
     翌28年8月6日、A級、B級、C級を問わず、戦犯を犯罪者と見なすのではなく、公務で亡くなった「公務死」と認定し、困窮を極める戦犯遺族たちに遺族年金、弔慰金を支給する戦傷病者戦没者遺族等援護法の一部改正法が成立した。靖国神社への合祀(ごうし)も手続きに従って進められた。
     確認したいのは、一連の戦犯問題の処理に外国から異論は唱えられなかったことだ。これらが独立した戦後日本の原点だった。
     昨年12月26日、靖国神社に参拝した安倍晋三首相に対する非難、とりわけ国内からの強い批判にはこうした事実認識がすっぽり抜け落ちていないか。
     残念なのは、先人たちの労苦と思いが忘れ去られてしまったことだ。それどころか「勝者の裁き」を受け入れる「東京裁判史観」による発言が平然と出ている。
     後藤田正晴官房長官は61年8月、東京裁判の正当性を認める見解を示し、小泉純一郎首相は平成17年6月、「(A級戦犯は)戦争犯罪人という認識をしている」と国会で答弁した。
     安倍政権は少しずつ是正している。だが、日本が心を一つにして作り上げた成果を自らの手で無効にしてしまった所業は消えない。これを喜んでいるのは、さて、誰であろうか。(特別記者)

    • あんちジャイアンさん^^
      ありがとうございます、胸を張れます^^
      小野田さんのご逝去の報に思わず目頭が熱く成りました。御冥福を心から祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です