これはヘイトではない!

朝日新聞デジタル 2019年11月1日 町議、また韓国への差別的投稿「注意喚起のつもり」 https://www.asahi.com/articles/ASMC162Q3MC1POMB00W.html 奈良県安堵(あんど)町の増井敬史町議(61)が自身のフェイスブックに「韓国の強姦と売春の文化は世界中で既に有名ですね!」(8月)などと投稿していたことがわかった。町に苦情が寄せられたと連絡を受け、10月30日にアカウントごと削除したという。増井氏は「表現に行きすぎがあった」と話している。 増井氏が取材に明らかにした。増井氏によると、8月の投稿のほか、10月には在日コリアンの生活保護受給について「日本にタカることが目的」などと書き込んだという。増井氏は「注意喚起のつもりだった。不快な思いをした人がいるなら申し訳ない」と話した。議員辞職は否定した。 増井氏は町議1期目の昨年1月、特定の国会議員を在日コリアンとフェイスブックに書き込み、「股裂きの刑にしてやりたい」などと投稿。これが問題視されて議員辞職したが、今年4月の町議選で当選した。【終わり】

増井町議は、昨年、福島瑞穂、辻元清美、山尾志桜里を名指しで「売国議員」と書き、「極悪非道の在日Korean」「両足を牛にくくりつけて、股裂きの刑にしてやりたい」と書いたことで叩かれて、涙ながらの謝罪で町議を辞職した方だ。 売国議員に間違いないのに辞職したのですか。

今回の発言は、「韓国の強姦と売春の文化は世界中で既に有名ですね!」(8月)ということですが、 外務省の海外安全HPでは、殺人が日本の2.5倍、強盗は1.2倍。 警察庁統計では、人口10万人当たりの比較も出ています。 平成28年版では、強姦は日本の130倍、強制わいせつは6.4倍ですから、強姦が文化とは言えませんが、韓国の異常とも言える性犯罪の多さについては、韓国人も否定できないと思います。

売春については、 https://www.sankei.com/west/news/140626/wst1406260076-n1.html https://ameblo.jp/hototogisunosato/theme-10095249049.html https://www.youtube.com/watch?v=8KuWsy5f33c

これらを検索すれば、「中央日報(電子版)はこうした状況を踏まえ、「『売春婦輸出国』という汚名をきせられるほど韓国人が多い」と問題の深刻さを憂いた。」という記事も。 日本国内では、今でも10万人を超える韓国人女性の売春が公然と行われていると聞きますから、やはり韓国の売春は伝統的なものと言われても仕方ないと思います。

そして、辞職するのは福島瑞穂以下の夜盗(野党)の連中だと思いますよ。まさに税金の無駄使いです。 国益に一ミリも貢献できない阿保莫迦野党は、総辞職した方が日本国の為だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です