中露同盟は朝鮮半島動乱と台湾有事の兆し

ロシアと中国、軍事同盟検討か 対日関係への影響必至 2019/10/29 16:40 (JST) https://this.kiji.is/561816845832127585?c=39550187727945729 【モスクワ共同】ロシアが中国に対し、ミサイル攻撃の早期警戒システムの構築を支援していることが判明、両国が事実上の軍事同盟締結を検討しているとの見方が強まっている。ロシアと中国を敵視する米国が中距離ミサイルのアジア配備を検討する中で、軍事協力強化を急ぐ。両国が同盟関係を結べば北東アジアで日米韓との対立が深まり、日本との関係にも影響が出るのは必至。日ロ平和条約交渉が一層難航するのは避けられない。  中ロはこれまで「同盟関係」を否定している。しかし、中ロ関係に詳しいロシア国立高等経済学院のマスロフ教授によると、両国指導部は「軍事同盟締結」の方針を決定済みという。【終わり】

これは危ないです。これほど急な展開になるとは。 習近平は、相当に焦ってます。バカに政権を渡したシナの軍閥も、対応を図れずにいると思います。 昨日の書き込みが現実にならないよう祈るばかりです。 保存食(玄米。蜂蜜。マヨネーズ。焼肉のタレ)の買い込みと試食を、早急にお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です