久々の更新です

やれやれ、市長選挙でバタバタ忙しく、気が付けばかなりパソコンを開いていません。いつも来て頂いている皆様には、本当に申し訳なく思います。 さて、小市民さんの質問にお答えしたいと思います。

>例えば 自民党が廿日市市長を自民党から、や9条の会が、廿日市市長は9条を遵守するかたを、などのポスターを掲示すれば選挙違反なんですか?

選挙6か月前までは、通常の常識の範囲内であれば、違反にはなりません。9条の会公認であろうと、破壊防止法の監視団体の公認であろうとポスター掲示は自由です。 しかし、立候補の意思表示をすれば、6ヶ月以内の個人ポスターは、全て選挙違反となります。

>学校の教師のなる割合が減っているとはいえ、2倍前後は低い、と言わざるを得ない。やはりここは、広島県出身者以外の教職員希望者が、広島で教師になりたい、(特に廿日市で)と思えるような教育に特化した町作りなども提案してもらいたいと、教育の質の向上という観点からのみの、個人的意見です。

20年前、議員に立候補した時に、広島県は教育レベル全国ビリから3位。もう最悪の状態でした。 その時、広島県地方議員の啓蒙、警鐘をする団体を作ろうと思い、数人の有志で立ち上げたのが「教育を考える地方議員ネットワーク広島」でした。 そこでの様々な研修や講演活動で、地方議員レベルを上げて、極左と同じ土俵で戦える議員を育て、ようやく教育県広島の名に恥じないレベルまでほぼ到達したので、本部中央の要請で「日本会議広島地方議員連盟」に移行したのです。

でも、同時並行に平成の合併の嵐が吹いて、多くの優秀な地方議員は落選していき、当初150名を越える議員は、その後40名程になりました。 今、その生き残りは、私と福山市の徳山議員のみです。 これも時代の流れでしょうから、抗うつもりはありませんが、そろそろ新しい動きが必要だと考えます。

議員活動は、祭りと似た処があります。 祭りは、商売投げて、女房の小言を跳ね返しても、好きだからやる。 祭りは、こういう「祭り馬鹿」が、何人居るかで成否が決まります。

議員は大きく分けて2種類。毎回当選できる票を集めるためにだけ活動している議員と、「生まれ育ったここが好きで、わしが何とかせにゃあ誰がするんじゃ!」という、地域馬鹿の議員。 地方議員は、この祭り馬鹿と同じ地域馬鹿の議員が、何人いるかで変わってきます。

教師も、色々あるのでしょうが、教育の無限の可能性を信じて、我が道を突っ走る、破天荒な教員が何人生まれるか。そして、彼らを如何にサポートできるかに掛っていると思います。

教師になりたいという若者が増えなくてはなりませんが、その前に、様々な社会経験を積ませて、休日に回転寿司を握っている若者や、炎天下にシャベルを持つ人が居るから、自分達がエアコンの利いた部屋で過ごせる有難さに気付くことも必要です。

自分は、何のために生れてきたのか? 生れたら親の笑顔のために、育ったら人や社会の役に立つために。 社会は全てお互い様。 教育の原点は、相互扶助にあるのではないかと思います。

久々の更新です” への1件のコメント

  1. ご無沙汰しております.こなです.

    >教育の無限の可能性を信じて、我が道を突っ走る、破天荒な教員が何人生まれるか。そして、彼らを如何にサポートできるかに掛っていると思います。

    まったくの御意でございます.

    議員さんに限らず,教員にも2タイプがありますよ.いわゆる公務員的「でもしか教員」と,寝るけーのさんが言う「破天荒な教員」.

    いかに破天荒な教員を育てるかというのは,私にとっていわば死活問題です.でも,これ,難しいです.でも,もちろん,あきらめてはいませんよ.

    寝るけーのさんの活動「教育を考える地方議員ネットワーク広島」について知り,エールをもらいました.

    具体的な話は,また,一杯酌み交わして・・・させてもらいたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です