どうでもよい隣国

>結局ここまで韓国を追い詰めたのは安部首相が日本帝国の朝鮮半島支配の歴史を直視しないから…という、左派メディアの論調はいかがなものでしょう…

佐方が、将棋の坂田三吉になってましたよ。改名ですか?【笑い】 

さて、「GSOMIAを考え直してやるから、韓国をホワイト国として認めろ~」って、相変わらずの上から目線。 被害者の立場になったら全て勝ちで、加害者は永遠に被害者の言いなりになれ!っていうのは、韓国側の屁理屈。世界じゃ通用しません。

李氏朝鮮時代の、世界一不潔な首都ソウル

世界の常識は、被害者になったら一生加害者の言いなりです。 弱肉強食が世の常で、被害者が上から目線で偉そうに言えると勘違いしているのは、バ韓国だけ。日本をいつまでも舐めるんじゃないよ。 しかも、日本は韓国に慈悲を施しただけで、全然加害者じゃないし。

日本領土となって、韓国の半分くらいしか援助できなかったけど、日本の台湾統治と国民党の統治が、あまりにも民度の差があり過ぎたので、未だに熱い支援をして頂ける台湾の方々と、バ韓国の違い。

確かに台湾も、統治の最初には色々な内乱や、小規模な騒乱があったことは事実ですが、日本から派遣された方々が、皆んな高潔で素晴らしい人格者ばかりだったので、命を掛けて台湾を守った日本人の銅像が、台湾の各地に建てられています。

「安部首相が日本帝国の朝鮮半島支配の歴史を直視しないから」っていう言葉は、そっくりそのまま「反日在日の巣マスゴミ」にお返ししたいですね。 朝鮮半島は、今の今でも日本の援助が無ければ、アジア最貧国に直行する国柄。

李氏朝鮮時代の悲惨な現状から、どうやって脱皮出来たのか。自国がどれほど日本の世話になっていたのか。 本当の自国の歴史を、子供達に教えることが出来れば、国際間で少しは認められるかも知れません。

まあ、日本からすれば、どうでも良い、犬猫の茶碗程のプライドを、粉々にぶち壊さないかぎり無理かな。 火病っていうのは、あおり運転で怒りを抑えられない奴らに似ています。この症状は、強い不安と劣等感の表れのようですから。 バ韓国は、自分の弱さを、まず認めろよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です